ミツオカ、2010年モデルの「オロチ」「ヒミコ」を発売

2009.09.15 自動車ニュース
「ミツオカ・オロチ」
ミツオカ、2010年モデルの「オロチ」「ヒミコ」を発売

ミツオカ、2010年モデルの「オロチ」「ヒミコ」を発売

光岡自動車は2010年モデルの「オロチ」と「ヒミコ」を発表。2009年9月16日から販売を開始する。

「ミツオカ・ヒミコ」
ミツオカ、2010年モデルの「オロチ」「ヒミコ」を発売

■オロチは最大で244万円値下げ

ファッションスーパーカー「オロチ」2010年モデルの変更点は、左ハンドル車の追加とボディカラーの変更、さらに大幅な値下げが図られたこと。

ボディカラーは、ブラックメタリックに新色2種(パープルパールとシルバーメタリック)を加えた3色展開となる。カラーオプションとして、ほかに9色から選ぶことも可能だ。価格は従来モデルの1092.0万円から大きく値下げされ、標準モデルが878.0万円。カーナビを省略した「ナビレス仕様」も登場し、こちらは848.0万円に設定される。値下げの理由は、製造原価軽減によるものだという。
さらに、新たに左ハンドル車を設定し、海外での販売も強化していく考えだ。

■ヒミコにはグレード追加

クラシックタイプのオープン2シーター「ヒミコ」の2010年モデルには、ハードトップ仕様に加えて、幌仕様がラインナップに加わった。追加された幌仕様は5MTと6MTのみとなる。
ボディカラーは、スタンダードカラーに新色「雲切草」(ブリティッシュグリーンメタリック)が加わり、全3色へ。こちらもカラーオプションで、ほかに30色から選ぶこともできる。

価格は幌仕様が458.0万円と485.0万円、ハードトップ仕様が495.0万円から562.0万円まで。
なお、この2010年モデルを年内に成約すると、内装木目調セット(約10万円分)がプレゼントされる。

(webCG 本諏訪)

関連キーワード:
ヒミコオロチミツオカ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ミツオカ・ヒミコSレザーパッケージ(FR/6AT)【試乗記】 2018.4.18 試乗記 尋常ではない長さのフロントフードと、それに沿って配置される伸びやかなフロントフェンダー。独立独歩のデザインを貫く「ミツオカ・ヒミコ」が2代目へと進化した。富山の小さな自動車メーカーが送り出す、“最新モデル”の出来栄えは!?
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【試乗記】 2018.6.19 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」に伝統の高性能バージョン「GTI」が登場。初代「ゴルフGTI」に近い小柄なボディーを1リッター直3ターボで引っ張る600台の限定モデルは、ホットハッチとしてあらゆる意味で“ちょうどいい”一台に仕上がっていた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • メルセデス・ベンツG350d/GLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)【試乗記】 2018.6.9 試乗記 メルセデスのSUVにイッキ乗りできる、ぜいたくな試乗会が開催された。リポーターがチョイスしたのは、デビューから40年の集大成となる従来型「Gクラス」と、売れ筋ミドルサイズの「GLC」。とりわけ印象に残ったのは、Gクラスの独自の世界観と完成度の高さだった。
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
ホームへ戻る