「メルセデス・ベンツSLクラス」、価格そのまま装備充実

2009.09.15 自動車ニュース

「メルセデス・ベンツSLクラス」、価格そのまま装備充実

メルセデス・ベンツ日本は、オープンスポーツモデル「メルセデス・ベンツSLクラス」の装備を見直し、2009年9月15日に発売した。

今回の主な変更内容は、ハイテク装備の充実だ。
操舵角に応じてパワーステアリングの特性を変化させる「ダイレクトステアリング」を「SL350/550/600」の各モデルに付与。車体の動きに応じてサスペンションを制御し、ロールを抑える「アクティブボディコントロール」もSL350にオプション設定した。

さらに、全車の盗難防止警報装置に、侵入者の動きをチェックする「室内センサー」機能を追加。事故の際、車両に搭載されるクラッシュセンサーに連動し、ステアリングホイールとシートを移動させて乗員の脱出をサポートする「クラッシュセンサー連動機能」も加えた。iPodやUSBオーディオが使える「メディアインターフェース」も全車標準となる。

意匠の面では、ステアリングホイールの素材を改め、SL600、SL63AMG、SL65AMGにオプション設定されるカスタマイズプラン「designoプログラム」のインテリアカラーを8色から11色に増やした。

価格は以下のとおりで、仕様変更に伴う値上げはない。

・SL350:1200.0万円
・SL550:1533.0万円
・SL600:1959.0万円
・SL63AMG:1939.0万円
・SL65AMG:2964.0万円

(webCG 関)

関連キーワード:
SLメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 新型「メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ」が日本上陸
    2018.1.19 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2018年1月19日、新型「メルセデス・ベンツEクラス カブリオレ」を発表し、同日、注文受け付けを開始した。納車は同年3月ごろを予定している。
  • シボレー・カマロ コンバーチブル(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.12 試乗記 いよいよ日本に導入された大人の4シーターオープン「シボレー・カマロ コンバーチブル」。大幅に軽量化されたボディーと秀逸なシャシー、そしてモデル史上初となる4気筒ターボエンジンの組み合わせは、スミズミまで考え抜かれた知的な走りを実現していた。
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • 最高出力510psの「メルセデス・ベンツGLC/GLCクーペ」が登場 2018.1.11 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2018年1月10日、「メルセデス・ベンツGLC/GLCクーペ」に、「メルセデスAMG GLC63 4MATIC+」「メルセデスAMG GLC63 S 4MATIC+」「メルセデスAMG GLC63 4MATIC+クーペ」「メルセデスAMG GLC63 S 4MATIC+クーペ」を追加し、同日、注文受け付けを開始した。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る