「メルセデス・ベンツSLクラス」、価格そのまま装備充実

2009.09.15 自動車ニュース

「メルセデス・ベンツSLクラス」、価格そのまま装備充実

メルセデス・ベンツ日本は、オープンスポーツモデル「メルセデス・ベンツSLクラス」の装備を見直し、2009年9月15日に発売した。

今回の主な変更内容は、ハイテク装備の充実だ。
操舵角に応じてパワーステアリングの特性を変化させる「ダイレクトステアリング」を「SL350/550/600」の各モデルに付与。車体の動きに応じてサスペンションを制御し、ロールを抑える「アクティブボディコントロール」もSL350にオプション設定した。

さらに、全車の盗難防止警報装置に、侵入者の動きをチェックする「室内センサー」機能を追加。事故の際、車両に搭載されるクラッシュセンサーに連動し、ステアリングホイールとシートを移動させて乗員の脱出をサポートする「クラッシュセンサー連動機能」も加えた。iPodやUSBオーディオが使える「メディアインターフェース」も全車標準となる。

意匠の面では、ステアリングホイールの素材を改め、SL600、SL63AMG、SL65AMGにオプション設定されるカスタマイズプラン「designoプログラム」のインテリアカラーを8色から11色に増やした。

価格は以下のとおりで、仕様変更に伴う値上げはない。

・SL350:1200.0万円
・SL550:1533.0万円
・SL600:1959.0万円
・SL63AMG:1939.0万円
・SL65AMG:2964.0万円

(webCG 関)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

SLの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツSL400(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.31 試乗記 メルセデス・ベンツのフラッグシップロードスター「SL」に試乗。マイナーチェンジを受けて数々の新技術が投入された最新型の走りやいかに? 従来の「SL350」に代わる新しいエントリーグレード「SL400」のステアリングを握った。
  • 「三菱エクリプス クロス」デザイン本部長インタビュー 2017.3.7 特集 三菱自動車の新しいコンパクトSUV「エクリプス クロス」がジュネーブショー2017でデビュー。スタイリッシュなクーペフォルムをまとうこのニューフェイスに、デザイナーたちはどんな思いを込めたのか。デザイン本部長に話を伺った。
  • GLMがEVスーパーカーの「G4」を日本初公開 2017.4.18 自動車ニュース EVメーカーのGLMが、2016年のパリショーで発表したEVスーパーカー「G4」を日本で初公開した。GLM G4は4シーター・4ドアの高性能スポーツモデルで、最高出力540ps、最大トルク1000Nmを発生。想定価格は4000万円で、2019年の量産化を予定している。
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
  • 新型「ランドローバー・ディスカバリー」の限定車、受注開始 2017.4.5 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年4月5日、「ランドローバー・ディスカバリー」の特別仕様車「ディスカバリー ファーストエディション」の受注を開始した。同年4月17日まで注文を受け付けた後、抽選を経て30台限定で販売する。
ホームへ戻る