「トヨタ・ランドクルーザープラド」がフルモデルチェンジ!

2009.09.14 自動車ニュース

「トヨタ・ランドクルーザープラド」がフルモデルチェンジ!

「トヨタ・ランドクルーザープラド」がフルモデルチェンジ!

トヨタ自動車は2009年9月14日、「ランドクルーザープラド」のフルモデルチェンジを実施し、同日発表・発売した。

ボディは、5ドア・ロングボディのみ。3列7人乗りと2列5人乗りが用意される。
ボディは、5ドア・ロングボディのみ。3列7人乗りと2列5人乗りが用意される。
オフロードだけでなく、都会も似合う外観を追求した。
オフロードだけでなく、都会も似合う外観を追求した。

■正統派オフローダー路線を堅持

「ランドクルーザープラド」は、「ランドクルーザー」の弟分に位置づけられる正統派オフローダー。それが約7年ぶりにフルモデルチェンジを果たし、4代目「150系」へと進化した。

新型ランドクルーザープラドは、歴代モデルが重視してきたオフロード走破性や堅牢性を向上させながら、オンロードでの快適性をさらに高めたのが特徴。これを実現するために、開発陣はオンロード、オフロードの走行性能に磨きをかけるとともに、ボディの強化、オフロード走行をサポートする機能の充実、便利で快適な居住空間づくりなどに力を注いだという。

ラインナップは、4リッターV6エンジンを積む「TZ-G」「TZ」「TX」と2.7リッター直4の「TX」「TX Lパッケージ」「TX(5人乗り)」の6タイプで、TX(5人乗り)以外は3列シートの7人乗り。3ドアのショートモデルは用意されず、すべて5ドアボディを採用する。

価格は2.7リッターTX(5人乗り)の315.0万円から4リッターTZ-Gの475.0万円まで。月間1000台の販売を見込んでいる。

内装デザインも一新。より上質感が増した。
内装デザインも一新。より上質感が増した。
2.7リッターには4段ATが、4リッターには5段ATが組み合わされる。
2.7リッターには4段ATが、4リッターには5段ATが組み合わされる。
4WDシステムの切り替えダイヤル(写真は4リッターモデル)。
4WDシステムの切り替えダイヤル(写真は4リッターモデル)。

■手堅く変身

フルモデルチェンジにともない、デザインは一新された。直線的なシルエットこそ、先代のエクステリアに通じるところがあるが、新型では水平基調をさらに強める一方で、サイドビューをやさしいラインと張りのある面で構成することにより、都会的な雰囲気を打ち出している。

全長4760×全幅1885×全高1850mmのボディサイズは、全長が45mm、全幅が10mmそれぞれ大きくなる一方、全高が20mm低くなったことでワイドさをアピール。インストゥルメントパネルは、水平と垂直のラインを強調するデザインによって、力強さを表現。先代に比べると、グンと若返った印象である。

デザインが大きく変わったのとは対照的に、中身は3代目から受け継ぐ部分が多い。たとえば、ラダーフレーム構造や、前ダブルウィッシュボーンサスペンション、後トレーリングリンク式リジットサスペンションなどは、旧型をベースに改良を加えたものだ。2790mmのホイールベースも旧型と同一。最上級グレードのTZ-Gに搭載されるリアのエアサスペンションも先代から採用していた。

搭載されるエンジンは、4リッターV6が「1GR-FE」、2.7リッター直4が「2TR-FE」と旧型と同じ型式である。ただし、1GR-FEはレギュラーガソリン仕様としながら、旧型に比べて27psの出力アップが図られている。2TR-FEは従来と同じレギュラーガソリン仕様である。スペックは、4リッターが最高出力276ps/5600rpm、最大トルク38.8kgm/4400rpm。2.7リッターは、最高出力163ps/5200rpm、最大トル25.1kgm/3800rpm。組み合わされるトランスミッションは、それぞれ5段AT、4段ATで、10・15モード燃費は8.2km/リッター、8.8km/リッターとなる。

4WDは、トルセンLSDをセンターデフとして使用するフルタイム方式を採用し、通常走行時には前40:後60にトルクを配分する。オフロード用のローレンジ(ギア比2.566)やセンターデフロック機構が標準で用意されるのも旧型と同様だが、ローレンジの切り替えがレバーからダイヤルスイッチに変わるなど、操作性は確実に向上している。

新型の目玉「マルチテレインセレクト」。モードによってブレーキの介入レベルなどが変化し、オフロード走行がしやすくなる。
新型の目玉「マルチテレインセレクト」。モードによってブレーキの介入レベルなどが変化し、オフロード走行がしやすくなる。
車両周囲の状況をモニターに映し出す「マルチテレインモニター」。
車両周囲の状況をモニターに映し出す「マルチテレインモニター」。

■オフロードがさらに身近に

オフロード性能をフルに発揮するために、各種運転サポート機能を盛り込んだのが新型の大きな見どころ。「マルチテレインセレクト」「タイヤ切れ角表示機能」「マルチテレインモニター」「クロールコントロール」などが、その主なものだ。

TZ-G、TZにオプション設定されるマルチテレインセレクトは、「MUD&SAND」「LOOSE ROCK」「MOGUL」「ROCK」の中から走行環境に適したモードを選ぶと、操作の手順がメーター内のディスプレイに表示されるとともに、車両が駆動/制動を最適に制御して、ドライバーの運転をサポートする。全車標準となるタイヤ切れ角表示機能は、前輪の切れ角を中立と左右3段階の7段階で表示。ステアリングの中立を見失ったときに重宝する。

マルチテレインモニターは、ボディの前後と左右に装着された計4個のカメラが、車両の前、後、サイド(右前、右後、左前、左後)の6エリアの路面状況を映し出すというもの。クロールコントロールは、車両が極低速を維持して、ホイールスピンやタイヤロックを抑える機能で、ドライバーがステアリング操作に集中するのに好都合。スタックからの脱出時にも威力を発揮する。この2つはマルチテレインセレクトとセットでオプション設定されるもので、オフロード走行の機会が多い人には見逃せないオプションだ。

1列目と2列目は身長191cmまで、サードシートは180cmまで対応するという。
1列目と2列目は身長191cmまで、サードシートは180cmまで対応するという。
サードシートは、フラットに収納可能。上級グレードでは電動格納式となる。
サードシートは、フラットに収納可能。上級グレードでは電動格納式となる。

■より使いやすくなった室内

快適性の向上も重要な課題であった。居心地のいいキャビンをつくるため、新型ランドクルーザープラドは全幅を拡大して室内幅を30mm拡げるとともに、シートの使い勝手を高めている。たとえば、7人乗りの場合、セカンドシートはリクライニング機能に加えて、スライド機能(スライド長135mm)を搭載。シートバックは4:2:4の3分割式を採用している。シートバックを前に倒すだけで、簡単に収納スペースが拡大できるのもうれしい点。

5:5分割式のサードシートは電動(TZ-G、2.7リッターTX Lパッケージ)または手動で床下に収納できるようになった。5人乗りの場合は、セカンドシートにスライド機能はないが、分割式のシートバックはリクライニングに対応。ダブルフォールディング機構により、セカンドシートを畳んだときに荷室のフロアがフラットになるのも便利だ。

また、オンロードでの快適な走行を実現するため、上級モデルのTZ-GとTZに搭載したのが「KDSS(キネティック・ダイナミック・サスペンション・システム)」だ。走行状況にあわせてアクティブにスタビライザーをコントロールする機能で、オンロードではスタビライザーを制御してコーナリング時のロールを抑える一方、オフロードではスタビライザーを無効にすることで、十分なホイールストロークを確保している。

このように、自慢のオフロード性能をさらに進化させながら、オフロード以外の部分でも魅力を増した新型ランドクルーザープラド。これまでにも増して活躍の場が広がることが期待される。

(文=生方聡)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ランドクルーザープラドの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ランドクルーザーZX(4WD/6AT)【試乗記】 2015.10.16 試乗記 トヨタが誇るSUVのフラッグシップモデル「ランドクルーザー」がマイナーチェンジ。内外装のデザイン変更や、安全装備の強化を中心とした改良を受けた。この機会に、世界中で活躍を続ける“陸の王者”に改めて試乗。その実力の片鱗(へんりん)に触れた。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • フィアット500Xクロスプラス(4WD/9AT)【試乗記】 2016.3.4 試乗記 ジープと共同開発されたフィアット初のコンパクトSUV「500X」。見た目以外の「フィアットらしさ」はどこにあるのか? 1.4リッター直4マルチエアターボエンジンと9段ATを組み合わせた4WDの「クロスプラス」で新潟を目指した。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道は剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
  • 第388回:全方位的に進化した「マツダCX-5」
    主査に聞く新型の見どころ
    2016.12.21 エッセイ 2016年11月のロサンゼルスオートショーでデビューした新型「マツダCX-5」が、いよいよわれわれの前に現れた。「すべてのお客さまを笑顔にするSUV」をキーワードに開発された新型に込められた思いを、児玉眞也主査に聞いた。
ホームへ戻る