マツダ、フレア/フレアカスタムスタイルを発売

2012.10.25 自動車ニュース

マツダ、新型軽乗用車「フレア」「フレアカスタムスタイル」を発売

マツダは2012年10月25日、トールワゴンタイプの軽乗用車「マツダ・フレア(Flair)」と「マツダ・フレアカスタムスタイル(Flair Custom Style)」を発売した。

マツダの新型車「フレア」「フレアカスタムスタイル」は、スズキの「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」をOEM調達したモデル。減速エネルギー回生技術「エネチャージ」やブレーキを踏んで13km/h以下に減速するとエンジンを自動停止する「アイドリングストップシステム」、アイドリングストップ時の室温上昇を抑える「エコクール」などの採用によって実現した、優れた燃費性能が自慢の軽乗用車で、全車がエコカー減税の免税対象となっている。
用意されるグレードは、「フレア」がベーシックな「XG」と装備が充実した「XS」の2種類、「フレアカスタムスタイル」では自然級気エンジン搭載の「XS」とターボエンジンを積んだ「XT」の2種類で、それぞれにFF車と4WD車が用意される。トランスミッションは全車CVTとなる。

価格は、「フレア」が115万1850円(XGのFF車)から138万8100円(XSの4WD車)。「フレアカスタムスタイル」は135万4500円(XSのFF車)から163万4850円(XTの4WD車)。

(webCG)

「マツダ・フレアXS」
「マツダ・フレアXS」
「マツダ・フレアXS」のインストゥルメントパネル。
「マツダ・フレアXS」のインストゥルメントパネル。
 
マツダ、フレア/フレアカスタムスタイルを発売の画像
「マツダ・フレアカスタムスタイルXS」
「マツダ・フレアカスタムスタイルXS」
「マツダ・フレアカスタムスタイルXS」のインストゥルメントパネル。
「マツダ・フレアカスタムスタイルXS」のインストゥルメントパネル。
関連記事
  • マツダ、軽自動車の「フレア」をモデルチェンジ 2017.2.23 自動車ニュース マツダは2017年2月23日、軽自動車の「フレア」を全面改良して発表した。発売は3月2日。“兄弟車”の「スズキ・ワゴンR」と足並みをそろえ、定番スタイルの「HYBRID XG」と、スタイリッシュな「HYBRID XS」の2機種を設定した。
  • マツダ・フレアワゴンにターボの新グレード 2015.8.27 自動車ニュース マツダが「フレアワゴン」に一部改良を実施。モーターアシスト機能付きターボエンジンを搭載した新グレード「カスタムスタイル XGターボ」「カスタムスタイル XSターボ」を追加した。FF車で26.8km/リッターという燃費性能と、力強い走りを両立しているという。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――スマートBRABUSフォーツー エクスクルーシブ リミテッド(前編) 2017.5.4 mobileCG SUPER GTや86/BRZ Raceで活躍中の谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす! 今回は「スマートBRABUSフォーツー」に試乗する。全長わずか2.8mという小さなボディーがもたらすコンパクトな走りは、谷口の目にどう映ったか?
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • ホンダ・フィット 13G・Fパッケージ(FF/CVT)【試乗記】 2014.1.14 試乗記 発売以来のセールス好調が伝えられる、3代目「ホンダ・フィット」。クルマとしての実力はどれほどのものなのか? ベーシックなガソリン車で確かめた。
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
  • 第407回:DSの「第2章」が始まる
    ブランド統括責任者が語るこれからのDS
    2017.4.28 エディターから一言 日本でも専売店「DSストア」をオープンするなど、“攻め”の姿勢を見せているフランスのDSオートモビル。同社のブランド統括責任者、エリック・アポド氏にインタビューし、大きな変化を遂げようとしているDSの今、そして将来について聞いた。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • マツダ、「デミオ」に先進安全技術を標準装備し発売 2017.4.20 自動車ニュース マツダが、コンパクトカー「デミオ」の全グレードにおいて運転支援システム「i-ACTIVSENSE」を標準装備化。生産時期は、「13C」およびオーディオレス車は6月以降、「15MB」は7月以降となる予定。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
ホームへ戻る