マツダ、フレア/フレアカスタムスタイルを発売

2012.10.25 自動車ニュース

マツダ、新型軽乗用車「フレア」「フレアカスタムスタイル」を発売

マツダは2012年10月25日、トールワゴンタイプの軽乗用車「マツダ・フレア(Flair)」と「マツダ・フレアカスタムスタイル(Flair Custom Style)」を発売した。

マツダの新型車「フレア」「フレアカスタムスタイル」は、スズキの「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」をOEM調達したモデル。減速エネルギー回生技術「エネチャージ」やブレーキを踏んで13km/h以下に減速するとエンジンを自動停止する「アイドリングストップシステム」、アイドリングストップ時の室温上昇を抑える「エコクール」などの採用によって実現した、優れた燃費性能が自慢の軽乗用車で、全車がエコカー減税の免税対象となっている。
用意されるグレードは、「フレア」がベーシックな「XG」と装備が充実した「XS」の2種類、「フレアカスタムスタイル」では自然級気エンジン搭載の「XS」とターボエンジンを積んだ「XT」の2種類で、それぞれにFF車と4WD車が用意される。トランスミッションは全車CVTとなる。

価格は、「フレア」が115万1850円(XGのFF車)から138万8100円(XSの4WD車)。「フレアカスタムスタイル」は135万4500円(XSのFF車)から163万4850円(XTの4WD車)。

(webCG)

「マツダ・フレアXS」
「マツダ・フレアXS」
「マツダ・フレアXS」のインストゥルメントパネル。
「マツダ・フレアXS」のインストゥルメントパネル。
 
マツダ、フレア/フレアカスタムスタイルを発売の画像
「マツダ・フレアカスタムスタイルXS」
「マツダ・フレアカスタムスタイルXS」
「マツダ・フレアカスタムスタイルXS」のインストゥルメントパネル。
「マツダ・フレアカスタムスタイルXS」のインストゥルメントパネル。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フレアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る