マツダ、フレア/フレアカスタムスタイルを発売

2012.10.25 自動車ニュース

マツダ、新型軽乗用車「フレア」「フレアカスタムスタイル」を発売

マツダは2012年10月25日、トールワゴンタイプの軽乗用車「マツダ・フレア(Flair)」と「マツダ・フレアカスタムスタイル(Flair Custom Style)」を発売した。

マツダの新型車「フレア」「フレアカスタムスタイル」は、スズキの「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」をOEM調達したモデル。減速エネルギー回生技術「エネチャージ」やブレーキを踏んで13km/h以下に減速するとエンジンを自動停止する「アイドリングストップシステム」、アイドリングストップ時の室温上昇を抑える「エコクール」などの採用によって実現した、優れた燃費性能が自慢の軽乗用車で、全車がエコカー減税の免税対象となっている。
用意されるグレードは、「フレア」がベーシックな「XG」と装備が充実した「XS」の2種類、「フレアカスタムスタイル」では自然級気エンジン搭載の「XS」とターボエンジンを積んだ「XT」の2種類で、それぞれにFF車と4WD車が用意される。トランスミッションは全車CVTとなる。

価格は、「フレア」が115万1850円(XGのFF車)から138万8100円(XSの4WD車)。「フレアカスタムスタイル」は135万4500円(XSのFF車)から163万4850円(XTの4WD車)。

(webCG)

「マツダ・フレアXS」
「マツダ・フレアXS」
「マツダ・フレアXS」のインストゥルメントパネル。
「マツダ・フレアXS」のインストゥルメントパネル。
 
マツダ、フレア/フレアカスタムスタイルを発売の画像
「マツダ・フレアカスタムスタイルXS」
「マツダ・フレアカスタムスタイルXS」
「マツダ・フレアカスタムスタイルXS」のインストゥルメントパネル。
「マツダ・フレアカスタムスタイルXS」のインストゥルメントパネル。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • 第33回 ディーゼルLOVE(前編)
    2017.3.14 エッセイ 清水草一の話題の連載。第33回は「ディーゼルLOVE(後編)」。これまで筆者の「ディーゼル愛」についてお届けしてきた当連載、今回は、同じくディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏との対談の様子をお届けする。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
ホームへ戻る