マツダ、フレア/フレアカスタムスタイルを発売

2012.10.25 自動車ニュース

マツダ、新型軽乗用車「フレア」「フレアカスタムスタイル」を発売

マツダは2012年10月25日、トールワゴンタイプの軽乗用車「マツダ・フレア(Flair)」と「マツダ・フレアカスタムスタイル(Flair Custom Style)」を発売した。

マツダの新型車「フレア」「フレアカスタムスタイル」は、スズキの「ワゴンR」「ワゴンRスティングレー」をOEM調達したモデル。減速エネルギー回生技術「エネチャージ」やブレーキを踏んで13km/h以下に減速するとエンジンを自動停止する「アイドリングストップシステム」、アイドリングストップ時の室温上昇を抑える「エコクール」などの採用によって実現した、優れた燃費性能が自慢の軽乗用車で、全車がエコカー減税の免税対象となっている。
用意されるグレードは、「フレア」がベーシックな「XG」と装備が充実した「XS」の2種類、「フレアカスタムスタイル」では自然級気エンジン搭載の「XS」とターボエンジンを積んだ「XT」の2種類で、それぞれにFF車と4WD車が用意される。トランスミッションは全車CVTとなる。

価格は、「フレア」が115万1850円(XGのFF車)から138万8100円(XSの4WD車)。「フレアカスタムスタイル」は135万4500円(XSのFF車)から163万4850円(XTの4WD車)。

(webCG)

「マツダ・フレアXS」
「マツダ・フレアXS」
「マツダ・フレアXS」のインストゥルメントパネル。
「マツダ・フレアXS」のインストゥルメントパネル。
 
マツダ、フレア/フレアカスタムスタイルを発売の画像
「マツダ・フレアカスタムスタイルXS」
「マツダ・フレアカスタムスタイルXS」
「マツダ・フレアカスタムスタイルXS」のインストゥルメントパネル。
「マツダ・フレアカスタムスタイルXS」のインストゥルメントパネル。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • 【ジュネーブショー2017】レクサス、新型「LS」のハイブリッドモデルを出展 2017.2.14 自動車ニュース トヨタが、新型「レクサスLS」のハイブリッドモデル「LS500h」をジュネーブショーで世界初公開すると発表した。同車の詳細については日本時間の3月7日に公開される予定で、また同ショーには「レクサスRC F GT3」なども出展される。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
  • 三菱自動車、「RVR」のフロントマスクを一新 2017.2.9 自動車ニュース 三菱自動車は2017年2月9日、コンパクトSUV「RVR」に一部改良を実施し、同年2月16日に発売すると発表した。今回の改良ではフロントマスクを一新し、乗員とクルマを守る機能を力強く表現したフロントデザインコンセプトの「ダイナミックシールド」を採用した。
  • スズキ・ワゴンR/ワゴンRスティングレー 2017.2.1 画像・写真 軽ハイトワゴンの元祖である「スズキ・ワゴンR」が、新世代プラットフォームやマイルドハイブリッドが採用された6代目にフルモデルチェンジ。イメージの異なる3種類のデザインをそろえた新型の姿を、画像で紹介する。
ホームへ戻る