【スペック】全長×全幅×全高=4625×1890×1715mm/ホイールベース=2775mm/車重=1930kg/駆動方式=4WD/3リッター直6DOHC24バルブターボ(285ps/5600rpm、40.8kgm/1500-4800rpm)/価格=599.0万円(テスト車=678.0万円)

ボルボXC60 T6 SE AWD(4WD/6AT)【ブリーフテスト】

ボルボXC60 T6 SE AWD(4WD/6AT) 2009.09.14 試乗記 ……678.0万円
総合評価……★★★★

従来のボルボ車とは違う、スタイリッシュさが特徴の「XC60」。果たして実際の使い勝手はどうなのか? その走りとあわせ、細かく検証する。

ボルボXC60 T6 SE AWD(4WD/6AT)【ブリーフテスト】

最も情感豊かなボルボ

単なる台数の減少のみならず、市場占有率の低下をも伝えられる、日本での輸入車販売。残念ながら、そんな中でも、昨今の落ち込み幅が大きく伝えられるブランドのひとつがボルボだ。

そうした動きに至った要因のひとつとしてすぐに思い浮かぶのが、これまで日本でのボルボ車の代表格として親しまれてきた「V70」シリーズに、かつての勢いが見られないこと。そもそも、一世を風靡してきた日本でのステーションワゴン人気が下火になったこと。そして、モデルチェンジを行った最新「V70」のボディサイズが、これまで日本で興味を示して来た人の“守備範囲”を超えてしまったこと、などがその理由に挙げられる。

そんなこんなでちょっとばかり元気が感じられなかったボルボ車のラインナップに、強力なカンフル剤として加えられたのが「XC60」。3列シートSUVの「XC90」比で、全長が185mm、ホイールベースが80mmのマイナスというサイズは、その弟分的イメージ。ただし、わずかに20mm小さいだけの1890mmという全幅は、実は直列6気筒エンジンを横置きするという独自のレイアウトからくる、物理的な制約のせいでもあるはずだ。

一方で、そんな事情を生かして成立したのが、ボルボ車史上で最も情感豊かなスタイリング。後方を強く絞り込んだキャビン部分の造形や、強く張りだしたステップ状ショルダーの採用は、先のワイドな全幅が許されてこそ表現が可能になったポイントであるはず。30km/hまでの範囲内で働く、追突回避・低減自動ブレーキの“シティ・セーフティ”の標準採用も、もちろん大きなセールスポイントになる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

XC60の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボXC90 T6 AWD インスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2016.6.24 試乗記 2016年1月の国内導入以来、販売好調が伝えられる新型「ボルボXC90」。なかでも一番人気という「T6 AWD インスクリプション」に試乗し、ボルボの新たなフラッグシップSUVの魅力を探った。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • ボルボXC60 T5 AWDクラシック(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.31 試乗記 デビューから8年。モデルサイクル終盤を迎えた「ボルボXC60」に、装備充実のグレード「クラシック」が設定された。ボルボの新世代エンジンと4WDシステムの組み合わせは、どのような走りを実現したのか。特別装備の使い勝手を含めてリポートする。
  • 第4回:BMWと比較試乗! ボルボV60 D4 SE 2015.8.3 特集 ボルボの基幹モデル「V60」は、クリーンディーゼルエンジンを得たことで、どんなクルマになったのだろうか。日本市場におけるディーゼル・ワゴンの先達(せんだつ)、「BMW 320dツーリング」との比較を通して、その実像に迫った。
  • 第3回:XC60 D4をハイブリッド車と乗り比べる 2015.7.30 特集 新世代クリーンディーゼルエンジンを搭載する「ボルボXC60 D4」に試乗。優れた環境性能を強みとするハイブリッドSUV「レクサスNX300h」と乗り比べ、このクルマならではの持ち味を確かめた。
ホームへ戻る