【スペック】全長×全幅×全高=4885×1915×1355mm/ホイールベース=2940mm/車重=1950kg/駆動方式=FR/4.7リッターV8DOHC32バルブ(440ps/7000rpm、50.0kgm/4750rpm)/価格=1665万円(テスト車=1784万3000円/アルカンタラ・ルーフライニング=18万3000円/パンチングレザーシート=10万円/ウッドステアリング&レザーカラー=11万6000円/ベンゲ・インテリア・トリム=31万5000円/メタリックカラー=15万2000円/ブルー・キャリパー=5万4000円/BOSEサウンドシステム=21万円/自動防眩サイドミラー=6万3000円)

マセラティ・グラントゥーリズモSオートマチック(FR/6AT)【試乗記】

セクシーの奥に秘めたもの 2009.09.11 試乗記 マセラティ・グラントゥーリズモSオートマチック(FR/6AT)
……1784万3000円


イタリアンスポーツクーペ「マセラティ・グラントゥーリズモ」に、4.7リッターエンジンとトルコンATを組み合わせた「Sオートマチック」が加わった。ムード重視のクルマと思って走り出してみたが……。

日常で真価を発揮

試乗した印象について伝える前に、簡単にラインナップを整理しておこう。基本形であるマセラティ・グラントゥーリズモは最高出力400psを発生するV型8気筒4.3リッターに6段ATを組み合わせたスポーツクーペ。続いて導入されたグラントゥーリズモSは、パワートレインを440psを発生するV型8気筒4.7リッターとトランスアクスルレイアウトの6段シーケンシャルMTの組み合わせに置き換え、よりファームなサスペンションや1インチアップの20インチタイヤでシャシーを強化したという、徹底的に走りに振った仕様である。

では新たに登場したグラントゥーリズモSオートマチックはといえば、エンジンは「S」用の4.7リッター440psユニットを使いながら、これに6段ATを組み合わせて、より日常性を高めたモデルと言える。この手のクルマが欲しい人は、大抵は一番良いグレードを求めるはず。しかし、それが必ずしも硬派な方向でなくてもいい。そのあたりをうまく突いたモデルと言えそうだ。

実際、その走りのキャラクターは「S」よりは素のグラントゥーリズモの延長線上にあると言えそうだ。つまり、それほど硬派には振られておらず、日常的なシーンでこそ真価を発揮する躾けである。
排気量4.7リッターのパワーユニットは7000rpmで最高出力を発生するというスペックどおりの圧倒的な高回転型。低速域ではやや線の細さを感じるが、実際には排気量があるだけに、トルク自体は決して不足していない。要は中〜高回転域の活発さが、そんな風に感じさせるのだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

グラントゥーリズモの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る