「ボルボV70」にスポーティな「R-DESIGN」

2009.09.10 自動車ニュース
「V70 2.5T R-DESIGN」
「ボルボV70」の2グレードに「R−DESIGN」の限定車

「ボルボV70」にスポーティな「R-DESIGN」

ボルボ・カーズ・ジャパンは、ステーションワゴン「V70」にスポーティな限定車「ボルボV70 2.5T R-DESIGN」「ボルボV70 T6 R-DESIGN」を設定し、2009年9月9日に発売した。

「V70」2010年モデルのカタログラインナップは、新たなエントリーモデル「Nordic(ノルディック)」(2.5リッター)と「2.5T LE」「T6 TE AWD」の3グレード展開。2.5リッターエンジンは改良され、2009年モデルと比べ最高出力が200psから231psと16%向上、燃費も10・15モードで8.6km/リッターから9.5km/リッターと約10%アップしている。
「ボルボV70」の2グレードにスポーティな「R−DESIGN」

「R-DESIGN」は、「洗練(Refinement)」をキーワードに、内外装にスポーティな装備を与えた特別モデル。今回2010年モデルのV70に特別限定車として設定された。
「R-DESIGN」が設定されるのは、2.5リッター直5ターボエンジン搭載の「2.5T」と、3リッター直6ターボエンジンと電子制御AWDシステムを搭載した最上級モデル「T6」。販売は、「2.5T R-DESIGN」が50台、「T6 R-DESIGN」が30台の限定となる。

エクステリアには、「R-DESIGN」エンブレムを配した専用フロントグリル、専用デュアルスポーツテールパイプやリアルーフスポイラー、18インチアルミホイールなどを特別に付与。インテリアは、専用本革巻きシルクメタルスポーツステアリングや、本革スポーツシート&シフトノブ、アルミパネルなどを採用し、スポーティに仕上げられた。

さらに足まわりでは、スポーツチューンが施された専用サスペンションを採用。強化アンチロールバーと通常より硬めにセッティングしたショックアブソーバー、専用スプリングなどの採用で、高いトラクションと安定した走行を実現するという。またセルフレベリング機構(リア)も備わり、荷物を積んだ場合でもスポーティな走行が可能と謳われる。

ボディカラーは、ブラックサファイヤメタリック、パッションレッド(2.5T R-DESIGNのみ)、アイスホワイトの3色を用意。
価格は、「2.5T R-DESIGN」が539.0万円、「T6 R-DESIGN」は714.0万円。

(webCG ワタナベ)

関連キーワード:
V70ボルボ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV60NEW 2018.2.23 画像・写真 ボルボは第88回ジュネーブモーターショー(開催期間:2018年3月6日~18日)で、ミドルクラスワゴン「V60」の新型を世界初公開する。その姿を画像で紹介する。
  • 第11回:長距離ドライブで実力を試す 2018.2.6 徹底検証! ボルボXC60 第2世代となった「ボルボXC60」で、往復1000kmを超えるロングドライブへ。市街地から高速道路、ワインディングロードまで、さまざまな道を走らせてみると、ボルボが総力をあげて開発した新型の価値が見えてきた。
  • ボルボV90クロスカントリーT6 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2018.2.5 試乗記 ボルボが主催した雪上試乗会に参加。「V90クロスカントリー」を駆り、信州は志賀高原でその雪上性能をチェックするとともに、先進装備をフル活用した“極楽浄土”もかくやの快適クルージングを堪能した。
  • ボルボがコンパクトSUV「XC40」の受注をスタート 2018.1.26 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2018年1月26日、新型コンパクトSUV「XC40」の限定車「XC40 T5 AWD R-Designファーストエディション」の予約注文受け付けを開始した。限定台数は300台で、発表と発売は同年3月を予定している。
  • 第480回:より新しく、より若々しく
    新型「メルセデス・ベンツAクラス」がいよいよ発進
    2018.2.9 エディターから一言 メルセデス・ベンツがオランダ・アムステルダムで新型「Aクラス」を世界初公開した。この地が発表の舞台に選ばれた理由や、新しいマルチメディアシステムの出来栄えなどを通し、スリーポインテッドスターがリリースする新しい“ファーストムーバー”の姿に迫る。
ホームへ戻る