「ボルボV70」にスポーティな「R-DESIGN」

2009.09.10 自動車ニュース
「V70 2.5T R-DESIGN」
「ボルボV70」の2グレードに「R−DESIGN」の限定車

「ボルボV70」にスポーティな「R-DESIGN」

ボルボ・カーズ・ジャパンは、ステーションワゴン「V70」にスポーティな限定車「ボルボV70 2.5T R-DESIGN」「ボルボV70 T6 R-DESIGN」を設定し、2009年9月9日に発売した。

「V70」2010年モデルのカタログラインナップは、新たなエントリーモデル「Nordic(ノルディック)」(2.5リッター)と「2.5T LE」「T6 TE AWD」の3グレード展開。2.5リッターエンジンは改良され、2009年モデルと比べ最高出力が200psから231psと16%向上、燃費も10・15モードで8.6km/リッターから9.5km/リッターと約10%アップしている。
「ボルボV70」の2グレードにスポーティな「R−DESIGN」

「R-DESIGN」は、「洗練(Refinement)」をキーワードに、内外装にスポーティな装備を与えた特別モデル。今回2010年モデルのV70に特別限定車として設定された。
「R-DESIGN」が設定されるのは、2.5リッター直5ターボエンジン搭載の「2.5T」と、3リッター直6ターボエンジンと電子制御AWDシステムを搭載した最上級モデル「T6」。販売は、「2.5T R-DESIGN」が50台、「T6 R-DESIGN」が30台の限定となる。

エクステリアには、「R-DESIGN」エンブレムを配した専用フロントグリル、専用デュアルスポーツテールパイプやリアルーフスポイラー、18インチアルミホイールなどを特別に付与。インテリアは、専用本革巻きシルクメタルスポーツステアリングや、本革スポーツシート&シフトノブ、アルミパネルなどを採用し、スポーティに仕上げられた。

さらに足まわりでは、スポーツチューンが施された専用サスペンションを採用。強化アンチロールバーと通常より硬めにセッティングしたショックアブソーバー、専用スプリングなどの採用で、高いトラクションと安定した走行を実現するという。またセルフレベリング機構(リア)も備わり、荷物を積んだ場合でもスポーティな走行が可能と謳われる。

ボディカラーは、ブラックサファイヤメタリック、パッションレッド(2.5T R-DESIGNのみ)、アイスホワイトの3色を用意。
価格は、「2.5T R-DESIGN」が539.0万円、「T6 R-DESIGN」は714.0万円。

(webCG ワタナベ)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.5 試乗記 全長5mに迫る、ボルボの最上級クロスオーバーモデル「V90クロスカントリー」。その“GT性能”を確かめるべく、1000km超のロングドライブを敢行した。北海道から東京まで、1泊2日のグランドツーリングを通して感じた、その魅力とは?
  • メルセデス・ベンツE300クーペ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2017.7.15 試乗記 今や4ドア車やSUVにもクーペを展開するメルセデス・ベンツだが、“メルセデスのクーペ”といえば昔からこれ、やはり「Eクラス クーペ」にとどめを刺す。中間的なグレード「E300クーペ スポーツ」に試乗し、本家本元の実力を探った。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • 日産エクストレイル20Xハイブリッド/エクストレイル20X【試乗記】 2017.7.3 試乗記 日産のミドルクラスSUV「エクストレイル」がマイナーチェンジ。運転支援システム「プロパイロット」の設定が話題となっているが、実際に試乗してみると、そのほかにも注目すべきトピックにあふれるクルマに仕上がっていた。
  • シトロエン、「C3」をフルモデルチェンジ 2017.7.7 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2017年7月7日、新型「シトロエンC3」を発表し、同日発売した。1.2リッター直3ガソリンターボ(110ps、205Nm)+6段ATのみの設定で、ハンドル位置は右。車両価格は216万円から。
ホームへ戻る