「ボルボV70」にスポーティな「R-DESIGN」

2009.09.10 自動車ニュース
「V70 2.5T R-DESIGN」
「ボルボV70」の2グレードに「R−DESIGN」の限定車

「ボルボV70」にスポーティな「R-DESIGN」

ボルボ・カーズ・ジャパンは、ステーションワゴン「V70」にスポーティな限定車「ボルボV70 2.5T R-DESIGN」「ボルボV70 T6 R-DESIGN」を設定し、2009年9月9日に発売した。

「V70」2010年モデルのカタログラインナップは、新たなエントリーモデル「Nordic(ノルディック)」(2.5リッター)と「2.5T LE」「T6 TE AWD」の3グレード展開。2.5リッターエンジンは改良され、2009年モデルと比べ最高出力が200psから231psと16%向上、燃費も10・15モードで8.6km/リッターから9.5km/リッターと約10%アップしている。
「ボルボV70」の2グレードにスポーティな「R−DESIGN」

「R-DESIGN」は、「洗練(Refinement)」をキーワードに、内外装にスポーティな装備を与えた特別モデル。今回2010年モデルのV70に特別限定車として設定された。
「R-DESIGN」が設定されるのは、2.5リッター直5ターボエンジン搭載の「2.5T」と、3リッター直6ターボエンジンと電子制御AWDシステムを搭載した最上級モデル「T6」。販売は、「2.5T R-DESIGN」が50台、「T6 R-DESIGN」が30台の限定となる。

エクステリアには、「R-DESIGN」エンブレムを配した専用フロントグリル、専用デュアルスポーツテールパイプやリアルーフスポイラー、18インチアルミホイールなどを特別に付与。インテリアは、専用本革巻きシルクメタルスポーツステアリングや、本革スポーツシート&シフトノブ、アルミパネルなどを採用し、スポーティに仕上げられた。

さらに足まわりでは、スポーツチューンが施された専用サスペンションを採用。強化アンチロールバーと通常より硬めにセッティングしたショックアブソーバー、専用スプリングなどの採用で、高いトラクションと安定した走行を実現するという。またセルフレベリング機構(リア)も備わり、荷物を積んだ場合でもスポーティな走行が可能と謳われる。

ボディカラーは、ブラックサファイヤメタリック、パッションレッド(2.5T R-DESIGNのみ)、アイスホワイトの3色を用意。
価格は、「2.5T R-DESIGN」が539.0万円、「T6 R-DESIGN」は714.0万円。

(webCG ワタナベ)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V70の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • ボルボV90クロスカントリー 2016.9.28 画像・写真 スウェーデンのボルボはパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で「V90クロスカントリー」を公開する予定。その姿を画像で紹介する。
  • ボルボS90 T6 AWD/V90 D5 AWD【海外試乗記】 2016.8.2 試乗記 ボルボの新しいフラッグシップモデル「S90/V90」に試乗。ジャーマンスリーが牛耳るラグジュアリークラスに投じられた“スカンジナビアの良心”は、われわれの期待にしっかり応えてくれる実力派だった。南スペイン・マラガからの第一報。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • アバルト124スパイダー(FR/6MT)【試乗記】 2016.11.2 試乗記 アバルトのオープンスポーツモデル「アバルト124スパイダー」に試乗。市街地や高速道路、ワインディングロードなど、さまざまなシチュエーションを走り、ベースとなった「マツダ・ロードスター」との違いを浮き彫りにする。
ホームへ戻る