「ボルボV70」にスポーティな「R-DESIGN」

2009.09.10 自動車ニュース
「V70 2.5T R-DESIGN」
「ボルボV70」の2グレードに「R−DESIGN」の限定車

「ボルボV70」にスポーティな「R-DESIGN」

ボルボ・カーズ・ジャパンは、ステーションワゴン「V70」にスポーティな限定車「ボルボV70 2.5T R-DESIGN」「ボルボV70 T6 R-DESIGN」を設定し、2009年9月9日に発売した。

「V70」2010年モデルのカタログラインナップは、新たなエントリーモデル「Nordic(ノルディック)」(2.5リッター)と「2.5T LE」「T6 TE AWD」の3グレード展開。2.5リッターエンジンは改良され、2009年モデルと比べ最高出力が200psから231psと16%向上、燃費も10・15モードで8.6km/リッターから9.5km/リッターと約10%アップしている。
「ボルボV70」の2グレードにスポーティな「R−DESIGN」

「R-DESIGN」は、「洗練(Refinement)」をキーワードに、内外装にスポーティな装備を与えた特別モデル。今回2010年モデルのV70に特別限定車として設定された。
「R-DESIGN」が設定されるのは、2.5リッター直5ターボエンジン搭載の「2.5T」と、3リッター直6ターボエンジンと電子制御AWDシステムを搭載した最上級モデル「T6」。販売は、「2.5T R-DESIGN」が50台、「T6 R-DESIGN」が30台の限定となる。

エクステリアには、「R-DESIGN」エンブレムを配した専用フロントグリル、専用デュアルスポーツテールパイプやリアルーフスポイラー、18インチアルミホイールなどを特別に付与。インテリアは、専用本革巻きシルクメタルスポーツステアリングや、本革スポーツシート&シフトノブ、アルミパネルなどを採用し、スポーティに仕上げられた。

さらに足まわりでは、スポーツチューンが施された専用サスペンションを採用。強化アンチロールバーと通常より硬めにセッティングしたショックアブソーバー、専用スプリングなどの採用で、高いトラクションと安定した走行を実現するという。またセルフレベリング機構(リア)も備わり、荷物を積んだ場合でもスポーティな走行が可能と謳われる。

ボディカラーは、ブラックサファイヤメタリック、パッションレッド(2.5T R-DESIGNのみ)、アイスホワイトの3色を用意。
価格は、「2.5T R-DESIGN」が539.0万円、「T6 R-DESIGN」は714.0万円。

(webCG ワタナベ)

関連キーワード:
V70ボルボ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボV90 T6 AWD インスクリプション/S90 T6 AWD インスクリプション【試乗記】 2017.2.22 試乗記 ボルボのラインナップに、新たなフラッグシップモデル「V90」「S90」が登場。新世代プラットフォームや、2つの過給機を持つエンジンがもたらす走りの質を、試乗して確かめた。
  • ボルボV90 T6 AWD R-Design(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.20 試乗記 “スポーツドライビングを愛するあなたのための”とカタログでアピールされる、「ボルボV90」のスポーティーグレード「T6 AWD R-Design」に試乗。引き締められた専用サスペンションシステムがもたらす、その運動性能やいかに? デザインや使い勝手も含めてつぶさにチェックした。
  • プジョー3008アリュールLEDパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2017.8.29 試乗記 プジョーのミドルクラスSUV「3008」のなかでも、ベーシックな仕様の「アリュールLEDパッケージ」。アダプティブクルーズコントロールもドライブモードセレクターも付かない同グレードだが、その走りには上級グレードにはない確かな魅力があった。
  • ボルボが「90」シリーズの一部仕様を変更 2017.7.14 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2017年7月14日、「V90/V90クロスカントリー/XC90」の一部仕様を変更し、販売を開始した。主に安全装備の強化やボディーカラーの拡充、燃費性能の改善などが行われた。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.5 試乗記 全長5mに迫る、ボルボの最上級クロスオーバーモデル「V90クロスカントリー」。その“GT性能”を確かめるべく、1000km超のロングドライブを敢行した。北海道から東京まで、1泊2日のグランドツーリングを通して感じた、その魅力とは?
ホームへ戻る