【スペック】全長×全幅×全高=4435×1930×1252mm/ホイールベース=2650mm/車重=1690kg/駆動方式=4WD/5.2リッターV10DOHC40バルブ(525ps/8000rpm、54.0kgm/6500rpm)/価格=1994.0万円(テスト車=2376.0万円)

アウディR8 5.2 FSI クワトロ(4WD/6AT)【試乗記】

噂の大物 2009.09.10 試乗記 アウディR8 5.2 FSI クワトロ(4WD/6AT)
……2376.0万円

サーキット試乗会では「過激すぎる」という声もあがったV10エンジン搭載の「アウディR8」シリーズの最高性能版に、一般道で試乗した。

不思議な加速感

都内某所、5.2リッターのV型10気筒エンジンをミドシップする「アウディR8 5.2 FSI」を前にして、複雑な心境。早く乗って確かめたいような、あまり乗りたくないような……。そんな気分になったのも、このクルマの評判をさんざん読んだり聞かされたりしたからだ。富士スピードウェイの試乗会でテストした同業者は口々に、「とんがっている」「リアの動きが神経質」「オーバーステア」と語っていた。

ズルッと滑ってハーフスピンしながらガードレールへ一直線、神々しいアルミスペースフレームとともに2000万円のスーパーカーが谷底へ??
そんなシーンを想像してしまう弱気を吹き飛ばしてくれるのが、野太くて張りのあるV10エンジンのエグゾーストノートだ。「ランボルギーニ・ガヤルド」と基本設計を同じくするこのエンジンは、「R8 4.2 FSI」に積まれる4.2リッターV8より一段硬質で、下腹に響く音を奏でてドライバーを盛り上げる。

のろのろと歩くようなスピードでも有効なトルクを発生し、回転マナーにも粗っぽさがないイマ風のエンジン特性はV8と共通。けれども、タコメーターの針が回転数が5000rpmを超えたあたりからの加速は、理知的な印象があった4.2リッターV8とは異なるパンチ力がある。ノイズがそれほど大きくなることなく、振動もほとんど感じないまま凄い勢いで前方に吸い込まれるのは不思議で新鮮な感覚だ。

V8モデルとの外観上の差異は小さい。フロントグリル内の格子のパターンが変わったことや、ボディサイドのエアインテークが拡大したことなど、V8とV10を2台並べて比較しないと違いはわかりにくい。高性能モデルであっても、ことさら外観を着飾らないあたりがアウディらしくクール。
V8モデルとの外観上の差異は小さい。フロントグリル内の格子のパターンが変わったことや、ボディサイドのエアインテークが拡大したことなど、V8とV10を2台並べて比較しないと違いはわかりにくい。高性能モデルであっても、ことさら外観を着飾らないあたりがアウディらしくクール。
シートの形状や全体の意匠など、インテリアもV8モデルから大きな変更点はない。ただし、タコメーターは8500rpmから赤の破線、9000rpmからレッドゾーンの表示となっている。V8モデルは8000rpmからレッドゾーンが始まっていたから、V10エンジンの高回転型の特性がわかる。
シートの形状や全体の意匠など、インテリアもV8モデルから大きな変更点はない。ただし、タコメーターは8500rpmから赤の破線、9000rpmからレッドゾーンの表示となっている。V8モデルは8000rpmからレッドゾーンが始まっていたから、V10エンジンの高回転型の特性がわかる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

R8の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディR8 V10プラスクーペ5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.10.13 試乗記 「アウディR8」の上級グレード「V10プラスクーペ5.2 FSIクワトロ」に試乗。610psを発する5.2リッターV10自然吸気ユニット搭載のスーパースポーツは、われわれに何を訴えかけてくるのだろうか。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • アウディR8 V10クーペ 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.8.4 試乗記 より強力な5.2リッターV10エンジンや、新開発の4WDシステムを得て、一段とダイナミックに生まれ変わった「アウディR8」に試乗。アウディ史上、最も強力なスーパースポーツは、同時に高度な技術に裏打ちされたアウディの旗艦モデルでもあった。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
ホームへ戻る