ホンダ、2タイプの二輪車用ATを新開発

2009.09.09 自動車ニュース
デュアル クラッチ トランスミッション
ホンダ、2タイプの二輪車用ATを新開発

ホンダ、2タイプの二輪車用ATを新開発

本田技研工業は2009年9月8日、二輪車用の新型オートマチックトランスミッション「デュアル クラッチ トランスミッション」と、「CVマチック」を発表した。

CVマチック
ホンダ、2タイプの二輪車用ATを新開発

■スポーツモデルに対応

「デュアル クラッチ トランスミッション」は、世界初(ホンダ調べ)の、二輪車用フルオートマチック有段式トランスミッション。その名の通り、奇数段(1速、3速、5速)と、偶数段(2速、4速、6速)のそれぞれに独立したクラッチを備え、2つのクラッチの切り替えにより変速を行う機構となっている。すでにフォルクスワーゲンなどが四輪車に搭載している同様の装置と比べ、大幅に軽量コンパクトなシステムとして開発したことで、二輪車の既存のエンジンレイアウトを大きく変えずに搭載できるようになったという。

モーターサイクルに求められる繊細なアクセル操作に対応するため、電子制御技術を駆使することで違和感のないスムーズな発進/変速特性を実現したとのことで、一般走行用の「Dモード」とスポーツ走行用の「Sモード」、2種類のフルオートモードと、MT感覚の走行を可能にする「6速マニュアルモード」を備える。

このシステムは2010年に欧州、北米、日本で発売予定の大型スポーツモデル新型「VFR」に採用される予定で、その後は主に先進国でのスポーツモデルへの適用拡大が計画されている。

■新興国で人気の「カブ」用AT

もう一方の「CVマチック」は、カブ系エンジンに組み合わせて搭載可能な、小型のオートマチックトランスミッションシステム。新開発の冷却機構を採用することで、ドライブベルトに発生する熱負荷の問題を解消したという。

ホンダは、主に新興国で多くのユーザーを持つ、カブタイプの変速機構をフルオートマチック化することで、さらなる商品力のアップを図る。

こちらは、2010年にASEAN地域で発売する「カブ」に、搭載が予定されている。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。