【スペック】全長×全幅×全高=4215×1830×1830mm/ホイールベース=2700mm/車重=1460kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ(105ps/5750rpm、15.1kgm/3750rpm)/価格=229万8000円(テスト車=233万7800円/マルチルーフレール=3万9800円)

ルノー・カングー 1.6(FF/4AT)【試乗速報】

太っても魅力的! 2009.09.09 試乗記 ルノー・カングー 1.6(FF/4AT)
……233万7800円

欧州デビューから2年を経て、新型「ルノー・カングー」が上陸した。日本でも人気のフランス製トールワゴンは、どんなクルマに生まれ変わったのか? その素顔をリポートする。

絶対にお買い得

「ルノー・カングー」が、新型に切り替わった。価格はATで229万8000円、MTなら219万8000円と、旧型とほとんど変わらずに、内容は一層の進歩を遂げているから、実質的な値下げとも受け取れる。今の時代、この新型カングーほどお買い得感のあるクルマもなかろう。

カングーは、元はといえば商用車。鉄板むきだしの内装など、見た目には比較的質素な造りながら、そこはフランス車ならではの魅力に満ち溢れている。いっぱい積めて、たくさん乗れて、元気に走り、乗り心地もいい、そして安いとなれば、特に“横文字職業”の識者などが注目しないわけはない。
実際、カングーはルノー・ジャポンにとってドル箱的な存在で、年間販売量の約半数を占めることからも、その人気のほどがうかがえる。最近めっきり少なくなったMT仕様を備えることも、ヨーロッパ車本来の元気な走りを味わえる要素だ。そのMTは全体の2割に相当するという。

カングーはそんな商品特性を踏まえて、さらなる進化を遂げた。
個性的な外観はイメージを大きく変えないまま、ひとまわり以上も大きくなった。全長こそ4215mmとさほど伸びてはいないものの、全幅は1830mmと大幅に拡大され、今までの5ナンバーサイズから堂々たる3ナンバーサイズになった。これは功罪相半ばするが、“大で小を兼ねたい”人には福音だろう。

当然ホイールベースもトレッドも広くなったが、ステアリング切れ角が増やされて、回転半径は逆に5.1mと小さくなった。Uターンの際の、意外性が嬉しい。

 
ルノー・カングー 1.6(FF/4AT)【試乗速報】の画像
サイドエアバッグが付いたため、先代で後席両側にあった収納スペースは頭上に移動。前席上方の収納は、先代同様。
サイドエアバッグが付いたため、先代で後席両側にあった収納スペースは頭上に移動。前席上方の収納は、先代同様。
黒いレバーを引くと、ヒンジのロックが解除。荷室の開口部を180度まで広げられる。
写真をクリックすると、シートの倒れるさまが見られます。
黒いレバーを引くと、ヒンジのロックが解除。荷室の開口部を180度まで広げられる。
	写真をクリックすると、シートの倒れるさまが見られます。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カングーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • 「ルノー・ルーテシア」に0.9リッターターボ+5段MTの限定車登場 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、マイナーチェンジした「ルーテシア」に特別仕様車「ルーテシアS MT」を設定し、同年2月9日に発売すると発表した。100台の台数限定で、価格は199万円。
  • 「ルノー・ルーテシア」がマイナーチェンジ 2017.2.1 自動車ニュース ルノー・ジャポンは2017年2月1日、コンパクトハッチバック「ルーテシア」にマイナーチェンジを実施し、「インテンス/ゼン」グレードを同年2月9日に発売すると発表した。併せて、「アクティフ」の導入も発表。こちらは注文生産で、3月23日に発売する。
  • 日産ノートe-POWER X モード・プレミア(FF)【試乗記】 2017.2.4 試乗記 シリーズ式ハイブリッドシステム「e-POWER」を搭載する、「日産ノート」のカスタマイズモデル「ノートe-POWER X モード・プレミア」に試乗。高級感を演出した見た目にとどまらない、個性的な走りの質を報告する。
  • 三菱eKスペース カスタムT セーフティーパッケージ (FF/CVT)【試乗記】 2017.2.10 試乗記 「三菱eKスペース」がデザイン変更と装備の強化を中心とした大幅改良を受けた。後発の軽スーパーハイトワゴンは、ライバルの多いこの市場で独自性をアピールすることができるのか? 従来モデルとの違いをもとに考察した。
ホームへ戻る