「マツダCX-7」、マイナーチェンジで燃費も装備もアップ

2009.09.08 自動車ニュース

「マツダCX-7」、マイナーチェンジで燃費も装備もアップ

マツダは、「CX-7」をマイナーチェンジし、2009年9月8日に発売した。

「マツダCX-7」は、2006年12月に発売された、スポーツカーとSUVのクロスオーバーモデル。今回、全般的な小変更が実施された。

エクステリアは、五角形のグリルを拡大するなどフロントまわりのデザインを手直しし、18インチホイールの意匠も変更。内装はメタル調装飾を各所にちりばめたうえ、ブラックアウトメーターのデザインやシート地を改めるなどし、躍動感と上質感を高めたという。

機関では、2.3リッターターボエンジンの燃焼室形状や燃料噴射タイミングを見直し、燃焼効率をアップ。6段ATのシフトパターンを最適化するなどして、燃費を2%向上させた。
また、よりリニアな走りを目指してサスペンション、ダンパーもリファイン。足まわりやエンジンルームに吸音材を新たに追加し、静粛性も高めたとされる。

燃費データやメンテナンス情報がわかる「マルチインフォメーションディスプレイ」や、オートライトシステム、レインセンサーワイパー、アドバンストキーレスエントリー&スタートシステムを全車に標準化したのもニュース。

運転の“エコ度合い”をドライバーに知らせる「エコランプ」や、急ブレーキ時にハザードランプを点滅させる「エマージェンシーシグナルシステム」などの安全装備も新たに追加されている。

価格は、295.0万円から358.0万円まで。

(webCG 関)

「マツダCX-7」
「マツダCX-7」

「マツダCX-7」、マイナーチェンジで燃費も装備もアップの画像
全車標準となる「マルチインフォメーションディスプレイ」。
全車標準となる「マルチインフォメーションディスプレイ」。

「マツダCX-7」、マイナーチェンジで燃費も装備もアップの画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-9 2015.11.19 画像・写真 マツダが米国ロサンゼルスオートショーで新型「CX-9」を発表した。同車は全長5065mmという大きさの3列シートのクロスオーバーモデルであり、新開発の2.5リッター直噴ターボ「SKYACTIV-G 2.5T」が搭載される。2016年春にデビューするニューモデルの姿を、写真で紹介する。
  • マツダが新型クロスオーバー「CX-8」の外観を公開 2017.7.25 自動車ニュース マツダは2017年7月25日、年内に発売予定の新型3列シート・クロスオーバーSUV「CX-8」の外観を一部公開した。マツダらしい走りやデザイン・質感を備えながら、3列目まで大人がしっかり座れるパッケージングを実現したという。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ/CX-5 25S Lパッケージ【試乗記】 2017.8.10 試乗記 いい車とはなんだろう? その答えを見つけたければ、一気に遠くまで走ってみるといい。今回のロングドライブの相棒は「マツダCX-5」。名古屋をスタートして東海北陸道を北上し、和倉温泉を目指す300km余りの道のりで、同車とじっくり対話してみた。
  • 【オートモビル カウンシル2017】ボルボ、90周年を祝うワゴンの限定車を発売 2017.8.4 自動車ニュース ボルボ・カー・ジャパンは2017年8月4日、自動車イベント「オートモビル カウンシル2017」(会期:2017年8月4~6日)の会場で、限定車「V90 90th Anniversary Edition」を発表した。
  • トヨタ・カムリG“レザーパッケージ”(FF/CVT)/カムリG(FF/CVT)【試乗記】 2017.7.27 試乗記 世界100カ国以上で販売されているトヨタ伝統のセダン「カムリ」がフルモデルチェンジ。新世代のプラットフォームや新開発エンジンを投入し「ゼロからすべてを見直した」という10代目の走り、そして乗り心地を報告する。
ホームへ戻る