「マツダCX-7」、マイナーチェンジで燃費も装備もアップ

2009.09.08 自動車ニュース

「マツダCX-7」、マイナーチェンジで燃費も装備もアップ

マツダは、「CX-7」をマイナーチェンジし、2009年9月8日に発売した。

「マツダCX-7」は、2006年12月に発売された、スポーツカーとSUVのクロスオーバーモデル。今回、全般的な小変更が実施された。

エクステリアは、五角形のグリルを拡大するなどフロントまわりのデザインを手直しし、18インチホイールの意匠も変更。内装はメタル調装飾を各所にちりばめたうえ、ブラックアウトメーターのデザインやシート地を改めるなどし、躍動感と上質感を高めたという。

機関では、2.3リッターターボエンジンの燃焼室形状や燃料噴射タイミングを見直し、燃焼効率をアップ。6段ATのシフトパターンを最適化するなどして、燃費を2%向上させた。
また、よりリニアな走りを目指してサスペンション、ダンパーもリファイン。足まわりやエンジンルームに吸音材を新たに追加し、静粛性も高めたとされる。

燃費データやメンテナンス情報がわかる「マルチインフォメーションディスプレイ」や、オートライトシステム、レインセンサーワイパー、アドバンストキーレスエントリー&スタートシステムを全車に標準化したのもニュース。

運転の“エコ度合い”をドライバーに知らせる「エコランプ」や、急ブレーキ時にハザードランプを点滅させる「エマージェンシーシグナルシステム」などの安全装備も新たに追加されている。

価格は、295.0万円から358.0万円まで。

(webCG 関)

「マツダCX-7」
「マツダCX-7」

「マツダCX-7」、マイナーチェンジで燃費も装備もアップの画像
全車標準となる「マルチインフォメーションディスプレイ」。
全車標準となる「マルチインフォメーションディスプレイ」。

「マツダCX-7」、マイナーチェンジで燃費も装備もアップの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • マツダCX-9 2015.11.19 画像・写真 マツダが米国ロサンゼルスオートショーで新型「CX-9」を発表した。同車は全長5065mmという大きさの3列シートのクロスオーバーモデルであり、新開発の2.5リッター直噴ターボ「SKYACTIV-G 2.5T」が搭載される。2016年春にデビューするニューモデルの姿を、写真で紹介する。
  • マツダ、3列シートの新型CX-9を世界初公開【LAショー2015】 2015.11.19 自動車ニュース マツダがロサンゼルスオートショーにおいて3列シート車の新型「CX-9」を発表した。同車は全長5065mmのミドルサイズクロスオーバーモデルであり、エンジンには新開発の2.5リッター直噴ターボ「SKYACTIV-G 2.5T」が採用される。発売は2016年春より、北米を皮切りに開始される予定。
  • フェラーリGTC4ルッソT(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.4.18 試乗記 V12からV8ターボへ、4WDからFRへと改められた「フェラーリGTC4ルッソT」は、見た目からすればGTC4ルッソ・シリーズの追加グレードだ。しかし乗ればその差は歴然。V12モデルとは似て非なるグランツーリスモに仕上がっていた。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
ホームへ戻る