「マツダCX-7」、マイナーチェンジで燃費も装備もアップ

2009.09.08 自動車ニュース

「マツダCX-7」、マイナーチェンジで燃費も装備もアップ

マツダは、「CX-7」をマイナーチェンジし、2009年9月8日に発売した。

「マツダCX-7」は、2006年12月に発売された、スポーツカーとSUVのクロスオーバーモデル。今回、全般的な小変更が実施された。

エクステリアは、五角形のグリルを拡大するなどフロントまわりのデザインを手直しし、18インチホイールの意匠も変更。内装はメタル調装飾を各所にちりばめたうえ、ブラックアウトメーターのデザインやシート地を改めるなどし、躍動感と上質感を高めたという。

機関では、2.3リッターターボエンジンの燃焼室形状や燃料噴射タイミングを見直し、燃焼効率をアップ。6段ATのシフトパターンを最適化するなどして、燃費を2%向上させた。
また、よりリニアな走りを目指してサスペンション、ダンパーもリファイン。足まわりやエンジンルームに吸音材を新たに追加し、静粛性も高めたとされる。

燃費データやメンテナンス情報がわかる「マルチインフォメーションディスプレイ」や、オートライトシステム、レインセンサーワイパー、アドバンストキーレスエントリー&スタートシステムを全車に標準化したのもニュース。

運転の“エコ度合い”をドライバーに知らせる「エコランプ」や、急ブレーキ時にハザードランプを点滅させる「エマージェンシーシグナルシステム」などの安全装備も新たに追加されている。

価格は、295.0万円から358.0万円まで。

(webCG 関)

「マツダCX-7」
「マツダCX-7」

「マツダCX-7」、マイナーチェンジで燃費も装備もアップの画像
全車標準となる「マルチインフォメーションディスプレイ」。
全車標準となる「マルチインフォメーションディスプレイ」。

「マツダCX-7」、マイナーチェンジで燃費も装備もアップの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • マツダCX-9 2015.11.19 画像・写真 マツダが米国ロサンゼルスオートショーで新型「CX-9」を発表した。同車は全長5065mmという大きさの3列シートのクロスオーバーモデルであり、新開発の2.5リッター直噴ターボ「SKYACTIV-G 2.5T」が搭載される。2016年春にデビューするニューモデルの姿を、写真で紹介する。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)/CX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.1.17 試乗記 マツダの新世代技術「SKYACTIV」を世に知らしめたミドルサイズSUV「CX-5」が、デビューから約5年を経て2代目にフルモデルチェンジ。北海道・剣淵の雪上コースにおける試乗を通し、現時点におけるマツダのシャシー制御技術の実力を確かめた。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
  • 第388回:全方位的に進化した「マツダCX-5」
    主査に聞く新型の見どころ
    2016.12.21 エッセイ 2016年11月のロサンゼルスオートショーでデビューした新型「マツダCX-5」が、いよいよわれわれの前に現れた。「すべてのお客さまを笑顔にするSUV」をキーワードに開発された新型に込められた思いを、児玉眞也主査に聞いた。
  • マツダ、3列シートの新型CX-9を世界初公開【LAショー2015】 2015.11.19 自動車ニュース マツダがロサンゼルスオートショーにおいて3列シート車の新型「CX-9」を発表した。同車は全長5065mmのミドルサイズクロスオーバーモデルであり、エンジンには新開発の2.5リッター直噴ターボ「SKYACTIV-G 2.5T」が採用される。発売は2016年春より、北米を皮切りに開始される予定。
ホームへ戻る