日産、スカイラインクロスオーバーの仕様を変更

2012.10.26 自動車ニュース
「スカイラインクロスオーバー」
日産、「スカイラインクロスオーバー」の仕様を変更

日産、「スカイラインクロスオーバー」の仕様を変更

日産自動車は、「スカイラインクロスオーバー」のオプション設定を見直し安全性能を高め、2012年10月25日に発売した。

「スカイラインクロスオーバー」のインテリア
日産、「スカイラインクロスオーバー」の仕様を変更

今回の仕様変更では、上級グレードの「370GT Type P」(FR車)と「370GT FOUR Type P」(4WD車)で従来はセットオプション扱いだった安全装備を標準とした。

詳細は以下のとおり

・インテリジェントクルーズコントロール(全車速追従機能付き)
・LDP(レーンデパーチャープリベンション:車線逸脱防止支援システム)
・LDW(レーンデパーチャーワーニング:車線逸脱警報)
・FCW(フォワードコリジョンワーニング:前方車両接近警報)
・前席緊急ブレーキ感応型プリクラッシュシートベルト(コンフォート機能付き)
・インテリジェントブレーキアシスト
・ステアリングスイッチ(オーディオ、ナビ、ボイスコマンド、ハンズフリーフォン、インテリジェントクルーズコントロール、LDP)

価格は、「370GT Type P」が489万3000円で「370GT FOUR Type P」が516万6000円。いずれも従来と比べて16万8000円高い。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その13) 2017.3.10 画像・写真 日産自動車はジュネーブモーターショー2017で、欧州向けSUV「キャシュカイ」のマイナーチェンジモデルを発表した。内外装を見直したほか、走行性能を強化している。さらに、2017年度中に“自動運転”技術「プロパイロット」を搭載する予定。
  • 日産ジュークNISMO RS(4WD/CVT)【試乗記】 2015.2.3 試乗記 NISMOが鍛えた「日産ジューク」の高性能バージョンに、さらに走りに磨きをかけた「RS」が登場。シャシー、エンジン、トランスミッションのすべてに手を加えることで実現した、“あっつあつ”の走りに触れた。
  • 第403回:神は細部に宿る
    「日産ノートe-POWER」に“技術の日産”の神髄を見た
    2017.4.15 エッセイ 不利と言われたシリーズ式ハイブリッドで、クラストップレベルの燃費性能を実現! 高い環境性能と他のモデルとは一線を画すドライブフィールをかなえた「日産ノートe-POWER」は、どのようにして誕生したのか? 開発者にエピソードを聞いた。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ スポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.4.5 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」に優雅なルーフラインが印象的な「GLCクーペ」が登場。2.2リッターの直4ディーゼルターボエンジンを搭載した新型クロスオーバーで、春の淡雪が木々を白く染める富士の裾野を走った。
ホームへ戻る