日産、スカイラインクロスオーバーの仕様を変更

2012.10.26 自動車ニュース
「スカイラインクロスオーバー」
日産、「スカイラインクロスオーバー」の仕様を変更

日産、「スカイラインクロスオーバー」の仕様を変更

日産自動車は、「スカイラインクロスオーバー」のオプション設定を見直し安全性能を高め、2012年10月25日に発売した。

「スカイラインクロスオーバー」のインテリア
日産、「スカイラインクロスオーバー」の仕様を変更

今回の仕様変更では、上級グレードの「370GT Type P」(FR車)と「370GT FOUR Type P」(4WD車)で従来はセットオプション扱いだった安全装備を標準とした。

詳細は以下のとおり

・インテリジェントクルーズコントロール(全車速追従機能付き)
・LDP(レーンデパーチャープリベンション:車線逸脱防止支援システム)
・LDW(レーンデパーチャーワーニング:車線逸脱警報)
・FCW(フォワードコリジョンワーニング:前方車両接近警報)
・前席緊急ブレーキ感応型プリクラッシュシートベルト(コンフォート機能付き)
・インテリジェントブレーキアシスト
・ステアリングスイッチ(オーディオ、ナビ、ボイスコマンド、ハンズフリーフォン、インテリジェントクルーズコントロール、LDP)

価格は、「370GT Type P」が489万3000円で「370GT FOUR Type P」が516万6000円。いずれも従来と比べて16万8000円高い。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • 日産ジュークNISMO RS(4WD/CVT)【試乗記】 2015.2.3 試乗記 NISMOが鍛えた「日産ジューク」の高性能バージョンに、さらに走りに磨きをかけた「RS」が登場。シャシー、エンジン、トランスミッションのすべてに手を加えることで実現した、“あっつあつ”の走りに触れた。
  • 日産ジュークNISMO(4WD/CVT)【試乗記】 2013.3.20 試乗記 日産ジュークNISMO(4WD/CVT)
    ……319万7250円

    日産のモータースポーツ事業を担う「NISMO(ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル)」が、パワーユニットから内外装に至るまで、くまなく手を加えた「ジュークNISMO」。よりヤンチャに、より痛快に仕上げられたその走りを確かめた。
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • ポルシェ911カレラGTS(RR/7AT)/911タルガ4 GTS(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.2.17 試乗記 「ポルシェ911」の高性能モデル「911 GTS」がリニューアル。新世代の3リッターツインターボエンジンを搭載する最新型は、どんな走りを見せるのか? 「911カレラGTS」と「911タルガ4 GTS」に、南アフリカで試乗した。
  • フォルクスワーゲン・ザ・ビートルRライン(FF/7AT)【試乗記】 2017.2.14 試乗記 「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」のラインナップに、優れた走行性能と環境性能の両立を掲げる1.4リッターモデル「ザ・ビートルRライン」が登場。その走りの印象や乗り心地、燃費の計測結果を報告する。
ホームへ戻る