日産、スカイラインクロスオーバーの仕様を変更

2012.10.26 自動車ニュース

日産、「スカイラインクロスオーバー」の仕様を変更

日産自動車は、「スカイラインクロスオーバー」のオプション設定を見直し安全性能を高め、2012年10月25日に発売した。

今回の仕様変更では、上級グレードの「370GT Type P」(FR車)と「370GT FOUR Type P」(4WD車)で従来はセットオプション扱いだった安全装備を標準とした。

詳細は以下のとおり

・インテリジェントクルーズコントロール(全車速追従機能付き)
・LDP(レーンデパーチャープリベンション:車線逸脱防止支援システム)
・LDW(レーンデパーチャーワーニング:車線逸脱警報)
・FCW(フォワードコリジョンワーニング:前方車両接近警報)
・前席緊急ブレーキ感応型プリクラッシュシートベルト(コンフォート機能付き)
・インテリジェントブレーキアシスト
・ステアリングスイッチ(オーディオ、ナビ、ボイスコマンド、ハンズフリーフォン、インテリジェントクルーズコントロール、LDP)

価格は、「370GT Type P」が489万3000円で「370GT FOUR Type P」が516万6000円。いずれも従来と比べて16万8000円高い。

(webCG)

「スカイラインクロスオーバー」
「スカイラインクロスオーバー」 拡大
「スカイラインクロスオーバー」のインテリア
「スカイラインクロスオーバー」のインテリア 拡大

関連キーワード:
スカイラインクロスオーバー日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • 日産ジュークNISMO RS(4WD/CVT)【試乗記】 2015.2.3 試乗記 NISMOが鍛えた「日産ジューク」の高性能バージョンに、さらに走りに磨きをかけた「RS」が登場。シャシー、エンジン、トランスミッションのすべてに手を加えることで実現した、“あっつあつ”の走りに触れた。
  • ポルシェ・マカンGTS/718ケイマンGTS/911カレラGTS【試乗記】 2018.7.14 試乗記 強化されたパワーと、充実した装備を誇るポルシェ伝統の高性能グレード「GTS」。高額ながらもポルシェ各車のラインナップで人気なのは、実はお買い得だから? 成り立ちの異なる3モデルで、その走りを試した。
  • フィアットが「パンダ4×4」を100台限定で日本に再導入 2018.7.14 自動車ニュース フィアットがスモールSUV「パンダ4×4フォレスタ」を100台限定で発売。今回の限定モデルの特徴は“森”をイメージした内外装にあり、エクステリアには黒と緑の2種類のボディーカラーを設定。インテリアには緑のインストゥルメントパネルを用いている。
  • プレミアムスポーティーを志向する「ノートAUTECH」発売 2018.7.6 自動車ニュース 日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは2018年7月5日、「日産ノート」のカスタムカー「ノートAUTECH」を発売した。AUTECHはプレミアムスポーティーを志向するブランドであり、同車は「セレナ」に続くその第2弾モデルとなる。
ホームへ戻る