【スペック】全長×全幅×全高=4625×1855×1375mm/ホイールベース=2750mm/車重=1930kg/駆動方式=4WD/3.2リッターV6DOHC24バルブ(265ps/6500rpm、33.7kgm/3000-5000rpm)/価格=784.0万円(テスト車=859.0万円/バング&オルフセンサウンドシステム=15.0万円/アウディドライブセレクト=32.0万円/アダプティブクルーズコントロール+アウディサイドアシスト=28.0万円)

アウディA5カブリオレ 3.2FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗速報】

希望の星 2009.09.08 試乗記 アウディA5カブリオレ 3.2FSIクワトロ(4WD/7AT)
……859.0万円

オープンカーにメタルルーフ化の波が押し寄せる昨今、ソフトトップを組み合わせてデビューした「アウディA5カブリオレ」。クルマ選びはスタイル優先という人にとっても、要チェックの一台だ。

ソフトトップの逆襲

ソフトトップのオープンカーなんて時代遅れ……ユーザーや自動車メーカーの多くがそう思っている今の時代に、ソフトトップ派を元気づけてくれそうなのが、ニューカマーの「アウディA5カブリオレ」だ。

いわゆる「クーペカブリオレ」は初めから予定していなかったというアウディ。その理由が、オープンカーらしい美しいデザインにこだわったからというのは、実車を目の当たりにすればよくわかる。ソフトトップを下ろしたときの佇まい、なかでも真横や斜め後ろから見たときの、トランク付近のすっきり感はたまらない。クーペカブリオレだとどうしてもこのへんが間延びしがちなのだ。

さらに、デザインだけで勝負しないのもA5カブリオレの頼もしいところ。スタイルはクラシックながら、その中身はなかなか新鮮だ。駐車場でスタンバイしているA5カブリオレに近づき、リモコンキーの解錠ボタンをひと押し。間を置かず同じボタンを押し続けると、あれよあれよといううちにソフトトップは後席背後に収納されて、フルオープンに変身した。ルーフの開閉なんて、運転席で操作してると退屈以外の何物でもないが、外から眺めれば何度見ても飽きないし、初めて見る人にはウケること間違いない。乗る前から気分が高まるA5カブリオレなのである。

 
アウディA5カブリオレ 3.2FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗速報】
 
アウディA5カブリオレ 3.2FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗速報】
 
アウディA5カブリオレ 3.2FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗速報】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る