【スペック】全長×全幅×全高=4625×1855×1375mm/ホイールベース=2750mm/車重=1930kg/駆動方式=4WD/3.2リッターV6DOHC24バルブ(265ps/6500rpm、33.7kgm/3000-5000rpm)/価格=784.0万円(テスト車=859.0万円/バング&オルフセンサウンドシステム=15.0万円/アウディドライブセレクト=32.0万円/アダプティブクルーズコントロール+アウディサイドアシスト=28.0万円)

アウディA5カブリオレ 3.2FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗速報】

希望の星 2009.09.08 試乗記 アウディA5カブリオレ 3.2FSIクワトロ(4WD/7AT)
……859.0万円

オープンカーにメタルルーフ化の波が押し寄せる昨今、ソフトトップを組み合わせてデビューした「アウディA5カブリオレ」。クルマ選びはスタイル優先という人にとっても、要チェックの一台だ。

ソフトトップの逆襲

ソフトトップのオープンカーなんて時代遅れ……ユーザーや自動車メーカーの多くがそう思っている今の時代に、ソフトトップ派を元気づけてくれそうなのが、ニューカマーの「アウディA5カブリオレ」だ。

いわゆる「クーペカブリオレ」は初めから予定していなかったというアウディ。その理由が、オープンカーらしい美しいデザインにこだわったからというのは、実車を目の当たりにすればよくわかる。ソフトトップを下ろしたときの佇まい、なかでも真横や斜め後ろから見たときの、トランク付近のすっきり感はたまらない。クーペカブリオレだとどうしてもこのへんが間延びしがちなのだ。

さらに、デザインだけで勝負しないのもA5カブリオレの頼もしいところ。スタイルはクラシックながら、その中身はなかなか新鮮だ。駐車場でスタンバイしているA5カブリオレに近づき、リモコンキーの解錠ボタンをひと押し。間を置かず同じボタンを押し続けると、あれよあれよといううちにソフトトップは後席背後に収納されて、フルオープンに変身した。ルーフの開閉なんて、運転席で操作してると退屈以外の何物でもないが、外から眺めれば何度見ても飽きないし、初めて見る人にはウケること間違いない。乗る前から気分が高まるA5カブリオレなのである。

 
アウディA5カブリオレ 3.2FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗速報】の画像
 
アウディA5カブリオレ 3.2FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗速報】の画像
 
アウディA5カブリオレ 3.2FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗速報】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • アウディR8 V10プラスクーペ5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.10.13 試乗記 「アウディR8」の上級グレード「V10プラスクーペ5.2 FSIクワトロ」に試乗。610psを発する5.2リッターV10自然吸気ユニット搭載のスーパースポーツは、われわれに何を訴えかけてくるのだろうか。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • アウディR8 V10クーペ 5.2 FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.8.4 試乗記 より強力な5.2リッターV10エンジンや、新開発の4WDシステムを得て、一段とダイナミックに生まれ変わった「アウディR8」に試乗。アウディ史上、最も強力なスーパースポーツは、同時に高度な技術に裏打ちされたアウディの旗艦モデルでもあった。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
ホームへ戻る