VW、航続距離1300km超の「ブルーモーション」を出展【フランクフルトショー09】

2009.09.07 自動車ニュース

【フランクフルトショー09】VW、航続距離1300km超の「ブルーモーション」を出展

独フォルクスワーゲンは、低燃費車シリーズ「ブルーモーション」の新型3モデルを公開する。

■チリも積もれば……

ブルーモーションは、もっとも優れた環境性能を実現したモデルに与えられる、フォルクスワーゲンのエコカーシリーズの呼称。ハイブリッドのような飛び道具的な(?)技術でパパッと燃費を引き下げるのではなく、燃費向上に効果のある“小ネタ”をいくつか組み合わせることで、車両価格の上昇を抑えながら、地道にしかし確実に燃費を向上させるのが特徴だ。

今回発表されたのは、「ポロ」「ゴルフ」「パサート」の3車種。採用された技術は、エンジン制御の見直しやアイドリングの低回転化などを施したコモンレールTDI(ディーゼル)ユニット、ギア比を高めた5段MT、制動時のエネルギーをバッテリーに蓄電する回生ブレーキシステム、自動でアイドリングストップを行うスタートストップ機能など。

このほか、最適なタイミングで変速を促すギアシフトインジケーター、低転がり抵抗のタイヤ、軽量化と空力性能向上が図られたホイール、空気抵抗を低減するエアロダイナミクスパーツ、空力性能向上のため車高を低く設定したサスペンションも採り入れた。

■燃料代は年間5万円程度!?

燃費は、新設計の1.2リッターTDI(75ps)を搭載する「ポロ ブルーモーション」の場合で、100km/3.3リッター(約30.3km/リッター)を達成。燃料タンクは45リッターで、航続距離1363km!を実現した。

この数値をもとに1年間にかかる燃料代を算出すると、走行距離がドイツの年間平均である11000kmの場合、377ユーロ(約5万円)で済むという(燃料代は2009年7月20日時点のドイツにおける平均値で算出)。

105psエンジンを積む「ゴルフ ブルーモーション」の場合は、燃費が26.3km/リッター、航続距離は1447km(燃料タンクは55リッター)で、年間の燃料代は439ユーロ(約5万8000円)。

ゴルフ ブルーモーションと同エンジンを搭載する「パサート ブルーモーション」の場合だと、燃費が22.7km/リッターで、航続距離は1591km(燃料タンクは70リッター)。年間の燃料代は502ユーロ(約6万7000円)と試算される。

(webCG 曽宮)


VW、航続距離1300km超の「ブルーモーション」を出展【フランクフルトショー09】の画像
最新のブルーモーション3モデル。パサート(左)は2009年11月、ポロ(中央)は2010年、ゴルフ(左)は2009年晩秋に欧州で発売される。
最新のブルーモーション3モデル。パサート(左)は2009年11月、ポロ(中央)は2010年、ゴルフ(左)は2009年晩秋に欧州で発売される。
ゴルフ ブルーモーション
ゴルフ ブルーモーション
パサート ブルーモーション
パサート ブルーモーション

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ポロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6MT)【ブリーフテスト】 2015.9.16 試乗記 フォルクスワーゲンのホットハッチ「ポロGTI」に新設定された、6段MTモデルに試乗。先にラインナップされていたAT車とのちがいをチェックしつつ、その走りや乗り心地、燃費などを項目ごとにリポートする。
  • フェラーリがV8ターボ、4人乗りの「GTC4ルッソT」を発表 2017.3.16 自動車ニュース フェラーリが「GTC4ルッソT」を日本初公開。2016年10月のパリモーターショーで世界初公開されたフロントエンジンの4座モデルで、最高出力610ps、最大トルク77.5kgmの3.9リッターV8ターボエンジンが搭載されている。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • アウディA3スポーツバック1.4 TFSI スポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2017.3.14 試乗記 マイナーチェンジを受けた「アウディA3スポーツバック」をテストドライブ。新たに与えられた先進装備の使い勝手など、アウディの屋台骨を支える、最量販モデルの仕上がりをリポートする。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
ホームへ戻る