【スペック】全長×全幅×全高=3960×1685×1445mm/ホイールベース=2545mm/車重=1260kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブ・ターボ(211ps/6000rpm、26.5kgm/1850-5600rpm)/価格=389万円(テスト車=493万円)

MINI ジョンクーパーワークス クラブマン(FF/6MT)【試乗記】

ほっとするホットMINI 2009.09.07 試乗記 MINI ジョンクーパーワークス クラブマン(FF/6MT)
……493万円

ちょっとロングなMINI「クラブマン」に、ホットでエアロな「ジョンクーパーワークス」が登場。“究極のMINI”の看板を背負う、ニューモデルの走りやいかに? 下野康史がテストした。

切っても切れない関係

「山?」と言えば「川」じゃないけれど、「ミニ?」と言えば「あ、ミニクーパーね」と返す人がいるくらい、切っても切れないのが、ミニとクーパーの関係だ。
ミニの高性能モデルに対する呼称として、初めて“クーパー”の名が使われたのは、もちろんクラシックミニ時代の1961年にさかのぼる。「クーパー」とは、ミニの発明者、アレック・イシゴニスの友人でもあったジョン・クーパー(1923〜2000年)のことである。父チャールズと二代に渡ってレーシングガレージを主宰するこの人が、BMCミニの高性能モデルを手がけたときからミニ・クーパーの歴史が始まった。

BMWがミニのブランドを引き継ぎ、新生ミニがスタートしてからも、御存知のとおりクーパーは高性能モデルの名称として活躍している。しかも、クラシックミニの時代にはなかった新たなアイコンもつくった。それが“JCW”(ジョンクーパーワークス)だ。クーパー、クーパーSよりさらに高性能な、究極のスポーティミニに与えられるモデル名である。

JCWが登場したのは、新生ミニのマーク1終盤だが、マーク2に切りかわった現行世代でさらに布陣を強化した。クーパーS以下のモデル同様、ハッチバックだけでなく、コンバーチブルとクラブマンにもJCWを揃えたのである。つまり、フルラインJCW体制だ。
最も戦闘的なエンジンとシャシーを持つかわり、JCWには6段マニュアルしか存在しない。ちなみにクーパーSまではアイシンAW製の6段ATが揃う。日本では売れる数の知れたMT専用モデルをきちんと品ぞろえするインポーターの姿勢はリスペクトに値するだろう。

JCWは、スピードメーターが260km/hスケールになるほか、ピアノブラックのサーフェスやスポーツシートが装備される。テスト車は、オプションのレザー仕様。
JCWは、スピードメーターが260km/hスケールになるほか、ピアノブラックのサーフェスやスポーツシートが装備される。テスト車は、オプションのレザー仕様。
 
MINI ジョンクーパーワークス クラブマン(FF/6MT)【試乗記】の画像
 
MINI ジョンクーパーワークス クラブマン(FF/6MT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIクラブマンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーSD クラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.7.25 試乗記 ユニークな6枚ドアを持つ「MINIクラブマン」、そのクリーンディーゼル搭載モデルに試乗。中でもパワフルな「クーパーSD クラブマン」は、MINIの生みの親であるアレック・イシゴニスも驚くであろう、相反する魅力を持ち合わせていた。
  • MINIクーパーSクラブマン(FF/8AT)【試乗記】 2016.1.12 試乗記 モデルチェンジを機に、これまでより上位のプレミアムコンパクトクラスへと階級を移した「MINIクラブマン」。パワフルな「クーパーSクラブマン」に試乗してみると、大きく立派になったことで得られた新型の長所が見えてきた。
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • 「MINIクラブマン」に「ジョンクーパーワークス」が追加 2017.1.25 自動車ニュース BMWジャパンは2017年1月25日、MINIブランドのステーションワゴン「MINIクラブマン」のモデルラインナップに、「ジョンクーパーワークス クラブマン」を追加設定し、販売を開始した。価格は500万円。
  • 「三菱エクリプス クロス」デザイン本部長インタビュー 2017.3.7 特集 三菱自動車の新しいコンパクトSUV「エクリプス クロス」がジュネーブショー2017でデビュー。スタイリッシュなクーペフォルムをまとうこのニューフェイスに、デザイナーたちはどんな思いを込めたのか。デザイン本部長に話を伺った。
ホームへ戻る