第107回:ホントにいいのか単独圧勝? 「ルノー・ヴェルサティス」生産中止に思う

2009.09.05 エッセイ

第107回:ホントにいいのか単独圧勝? 「ルノー・ヴェルサティス」生産中止に思う

覚えてますか?

「ヴェルサティス」というクルマを覚えておられる方はいるだろうか。ルノーの最高級車である。
一番手っ取り早く思い出していただけるのは、2007年5月のフランス大統領選だろう。選挙結果が確定した直後、ニコラ・サルコジがパパラッチのバイクに追いかけられながら、レストランまで移動したとき乗っていたのがヴェルサティスだった。

そのヴェルサティスが、今年末までに生産を終了するという。一部メディアが、生産拠点であるサンドウヴィル工場の発表としてこのほど伝えたものだ。ヴェルサティスの歩みを振り返ってみよう。デビューは2001年3月である。従来のフラッグシップ「サフラン」の後継車という位置づけであった。2005年にマイナーチェンジして現在に至っている。
現行モデルのエンジンは、ガソリンが2リッター4気筒ターボと3.5リッターV6の2種、ターボディーゼルが2リッター、2.2リッター(150/175馬力)、3リッターV6の3種ある。

フランスやイタリアで実物を見るたび思うのは、「うすらデカいなー」ということだ。これには理由があって、カタログを眺めている段階で、われわれは一般的なハッチバック車のサイズを勝手に想像してしまうのである。
しかし実車はというと、全長×全幅×全高=4860×1860×1575mmと堂々たるものだ。新型「メルセデス・ベンツEクラス」(欧州仕様)と比べると全長が10mm短いだけ。全幅、全高はヴェルサティスのほうがデカい。たしかに“大統領クラス”なのである。

なお、“Vel Satis”とは、ボクなどはファッションデザイナーのジャンニ・ヴェルサーチあたりを連想してしまうが、実際はフランス語で「Velocite(速さ)」と「Satisfaction(充足感)」をもとにした造語である。

「ルノー・ヴェルサティス」
「ルノー・ヴェルサティス」

第107回:ホントにいいのか単独圧勝? 「ルノー・ヴェルサティス」生産中止に思うの画像
第107回:ホントにいいのか単独圧勝? 「ルノー・ヴェルサティス」生産中止に思うの画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。