2750万円のポルシェ911“改”、発売!【フランクフルトショー09】

2009.09.04 自動車ニュース

【フランクフルトショー09】2750万円のポルシェ911“改”、発売!

独ポルシェAGは2009年9月2日、911シリーズのスペシャルモデル「911スポーツクラシック」をフランクフルトショーでデビューさせると発表した。世界250台の限定。日本でも9月30日から12台に限り受注を開始する。

「ポルシェ911スポーツクラシック」は、同社のカスタマイズ部門「ポルシェエクスクルーシブ」が手がける、911のスペシャルモデルだ。

ベースとなるのは、RR(リアエンジン、リア駆動)の「911カレラS」。ダブルバブル型のルーフや、44mmワイド化されたリアまわり、さらに1973年生まれの名車「911カレラRS 2.7」を彷彿とさせるダックテール型スポイラーなど、個性的な外観となっている。

エンジンも、ベースはカレラSの3.8リッターフラット6ながら、「負圧制御式スイッチングフラップ」をもつインテークマニホールドを採用。ベースモデルより23psアップの408psを発生する。
組み合わされるトランスミッションは、6段MTのみ。911ターボ用19インチホイールを履き、高価な「ポルシェセラミックコンポジットブレーキ(PCCB)」も標準で備わる。

インテリアには新開発のスポーツシートが据えられる。その表皮やドアパネルに新素材「ウーブンレザー」をあてがうなど、車内も新しい試みがなされているとのこと。

気になる価格は、911カレラSなら2台分(!)の、2740.0万円。現行型911シリーズのなかでは最高額だ。ハンドル位置は左のみで、日本には12台が割り当てられる。

(webCG 関)

「ポルシェ911スポーツクラシック」
「ポルシェ911スポーツクラシック」
空力上有利とされる、凹んだルーフが特徴。フロントには専用のリップスポイラーが備わる。
空力上有利とされる、凹んだルーフが特徴。フロントには専用のリップスポイラーが備わる。
新開発のアダプティブスポーツシートが備わるインテリア。
新開発のアダプティブスポーツシートが備わるインテリア。
リアには、往年の“ナナサンカレラ”似のリアウィングが。
リアには、往年の“ナナサンカレラ”似のリアウィングが。

関連キーワード:
911ポルシェフランクフルトモーターショー2009自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911カレラ(RR/7MT)【試乗記】 2017.10.23 試乗記 ポルシェが誇る、伝統の高性能スポーツモデル「911」。数あるラインナップの中でも、最もスペック的に穏やかな「カレラ」にはどのような魅力があるのか。7段MT仕様の試乗を通し、「ベーシック」の一言では語れないそのキャラクターに触れた。
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.12.29 試乗記 4代目となる「ルノー・メガーヌ」に試乗。シャシーや4輪操舵機構「4コントロール」のチューニングをルノーのモータースポーツ部門が手がけた新型は、ワインディングロードでこそ本領を発揮する、優れたハンドリングマシンに仕上がっていた。
  • ポルシェ911カレラ(RR/7MT)【試乗記】 2016.1.22 試乗記 自然吸気の3.4リッターユニットを搭載する従来型の「ポルシェ911カレラ」に試乗。「ターボ」でも「GT3 RS」でもないごく普通のカレラの、しかもMT仕様を選ぶ意義とは? MT派の筆者はこの「素のカレラ」こそがベスト911と考えている。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
  • トヨタ・ハイラックスZ(4WD/6AT)【試乗記】 2017.11.30 試乗記 10年以上のブランクを経て国内市場に復活した、トヨタのピックアップトラック「ハイラックス」。いざ日本の道を走らせてみると、外観からは予想できなかった身のこなしや乗り心地のよさに、驚かされることになった。
ホームへ戻る