2750万円のポルシェ911“改”、発売!【フランクフルトショー09】

2009.09.04 自動車ニュース

【フランクフルトショー09】2750万円のポルシェ911“改”、発売!

独ポルシェAGは2009年9月2日、911シリーズのスペシャルモデル「911スポーツクラシック」をフランクフルトショーでデビューさせると発表した。世界250台の限定。日本でも9月30日から12台に限り受注を開始する。

「ポルシェ911スポーツクラシック」は、同社のカスタマイズ部門「ポルシェエクスクルーシブ」が手がける、911のスペシャルモデルだ。

ベースとなるのは、RR(リアエンジン、リア駆動)の「911カレラS」。ダブルバブル型のルーフや、44mmワイド化されたリアまわり、さらに1973年生まれの名車「911カレラRS 2.7」を彷彿とさせるダックテール型スポイラーなど、個性的な外観となっている。

エンジンも、ベースはカレラSの3.8リッターフラット6ながら、「負圧制御式スイッチングフラップ」をもつインテークマニホールドを採用。ベースモデルより23psアップの408psを発生する。
組み合わされるトランスミッションは、6段MTのみ。911ターボ用19インチホイールを履き、高価な「ポルシェセラミックコンポジットブレーキ(PCCB)」も標準で備わる。

インテリアには新開発のスポーツシートが据えられる。その表皮やドアパネルに新素材「ウーブンレザー」をあてがうなど、車内も新しい試みがなされているとのこと。

気になる価格は、911カレラSなら2台分(!)の、2740.0万円。現行型911シリーズのなかでは最高額だ。ハンドル位置は左のみで、日本には12台が割り当てられる。

(webCG 関)

「ポルシェ911スポーツクラシック」
「ポルシェ911スポーツクラシック」
空力上有利とされる、凹んだルーフが特徴。フロントには専用のリップスポイラーが備わる。
空力上有利とされる、凹んだルーフが特徴。フロントには専用のリップスポイラーが備わる。
新開発のアダプティブスポーツシートが備わるインテリア。
新開発のアダプティブスポーツシートが備わるインテリア。
リアには、往年の“ナナサンカレラ”似のリアウィングが。
リアには、往年の“ナナサンカレラ”似のリアウィングが。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • チュリニ峠を行く新型「アルピーヌA110」 2017.4.3 画像・写真 ジュネーブショー2017で世界初公開された新型「アルピーヌA110」。オリジナルのA110がRRだったのに対し、新生A110はMRのレイアウトを採る。モンテカルロラリーの名所、チュリニ峠を行く姿を写真で紹介する。
  • クロスオーバー「スバルXV」の新型がデビュー 2017.4.6 自動車ニュース スバルは2017年4月6日、クロスオーバーモデル「XV」の新型を発表した。同年5月24日に発売する。価格は「XV 1.6i EyeSight」の213万8400円から、「XV 2.0i-S EyeSight」の267万8400円まで。
  • ポルシェ911カレラ(RR/7MT)【試乗記】 2016.5.4 試乗記 3リッターの直噴ターボエンジンや、より洗練されたシャシーなど、各所に最新の技術が取り入れられた「ポルシェ911カレラ」に試乗。余計な装備の付いていない“素”のモデルだからこそ感じることができた、最新911の本質を報告する。
  • アバルト595コンペティツィオーネ(FF/5AT)【試乗記】 2017.4.26 試乗記 マイナーチェンジでデザインや装備が改められた、ホットハッチ「アバルト595コンペティツィオーネ」に試乗。「スポーツ性能を限界まで高めた」とうたわれる走りの質を、ワインディングロードで確かめた。
ホームへ戻る