ホンダ「オデッセイ」「ストリーム」に新グレード&一部装備変更

2009.09.04 自動車ニュース
「オデッセイ M ファインスピリット」
ホンダ「ストリーム」「オデッセイ」に装備変更&新グレード

ホンダ「オデッセイ」「ストリーム」に新グレード&一部装備変更

本田技研工業は、「オデッセイ」の一部装備を変更するとともに新グレードを設定。「ストリーム」にも新グレードを追加し、オデッセイは2009年9月3日に、ストリームは9月10日に発売する。

■新エントリーモデルと装備の追加

「オデッセイ」に、ベーシックグレード「M」をベースに装備内容を簡素化し、より低価格設定とした「M ファインスピリット」を新設定。同モデルはエコカー減税が適用され、自動車取得税と自動車重量税が75%軽減される。

そのほか、外装色に新色プレミアムナイトブルーパールを全グレードに設定し、グレー内装の木目カラーを変更。新しいオプション装備として、マルチビューカメラシステムを搭載したHDDナビゲーションシステムやワンセグチューナーなどを装備する「マルチナビパッケージ」を全グレードに設定。エアロパーツやフォグランプ、専用のブラック内装、本革巻きステアリングホイールをセットにした「エアロパーツパッケージ」が「M」「M ファインスピリット」に設定される。

さらに、「M」に16インチアルミとコンフォートビューパッケージを標準装備。「アブソルート」には、従来オプションだったコンフォートビューパッケージを標準装備するとともに、チェスナットブラウンの内装色を新しく設定した。

価格は、「M ファインスピリット」(FF/CVT)の239.0万円から「Li」(4WD/5AT)の361.0万円まで。

「ストリーム ZS」
「ストリーム ZS」

ホンダ「オデッセイ」「ストリーム」に新グレード&一部装備変更の画像

ホンダ「オデッセイ」「ストリーム」に新グレード&一部装備変更の画像

■スポーティな新グレード「ZS」を追加

「ストリーム」には、新グレードが追加された。新グレード「ZS」は、ベーシックな「X スタイリッシュパッケージ」をベースに、カラードサイドシルガーニッシュなどのエアロパーツや、15インチアルミホイールを標準装備し、インテリアにブラック内装を採用したスポーティな仕様。エコカー減税が適用され、自動車取得税と自動車重量税が50%軽減される。

また、メッシュタイプのフロントグリルや、大型テールゲートスポイラー、エアロリアバンパー&アンダーカバーを装備した「ZS Sパッケージ」や、HDDインターナビシステムやキーレスエントリーを装備する「ZS HDDナビパッケージ」も同時に設定される。

「ZS」の価格は、以下のとおり。

●1.8リッター(FF/5AT)
「ZS」:203.0万円
「ZS Sパッケージ」:210.0万円
「ZS HDDナビパッケージ」:220.0万円

●2リッター(FF/CVT)
「ZS」:224.0万円
「ZS Sパッケージ」:231.0万円
「ZS HDDナビパッケージ」:241.0万

(webCG ワタナベ))

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT) 2017.3.28 Modulo Xの走りを知る <PR> ホンダの箱型ミニバン「ステップワゴン」をベースに、同社の純正用品を開発するホンダアクセスがチューニングを手がけたコンプリートカー「モデューロX」。サーキットでのノウハウが注がれたという同車の走りは、まさに日本車離れしたものだった。
  • ホンダ・ステップワゴン モデューロX(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.11 試乗記 ホンダのミニバン「ステップワゴン」に、純正カスタマイズブランド「モデューロ」のパーツを組み込んだスペシャルバージョンが登場。その走りや乗り心地は、ふつうのステップワゴンとどう違う? 8人乗りと7人乗りの2車種に試乗した。
  • ホンダ・ステップワゴン スパーダ(FF/CVT)【試乗記】 2015.8.7 試乗記 上にも横にも開くテールゲートからエンジンまで、いろいろなところが新しくなった、ホンダのミニバン「ステップワゴン スパーダ」。実際に乗ってみたら……? その使い勝手や走り、燃費などを報告する。
  • トヨタ・アクアG“ソフトレザーセレクション”(FF/CVT)【試乗記】 2017.8.4 試乗記 トヨタの売れ筋ハイブリッドカー「アクア」がマイナーチェンジ。デザインの手直しに加えてボディー剛性の強化や燃費の向上などさまざまなテコ入れが施された、最新型の走りを報告する。
  • ホンダが「ステップワゴン」を9月にマイナーチェンジ 2017.7.3 自動車ニュース ホンダが9月にマイナーチェンジを予定しているミニバン「ステップワゴン」情報を先行公開した。パワープラントに新たにハイブリッドシステムを追加するほか、運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」の機能も強化するという。
ホームへ戻る