【スペック】全長×全幅×全高=4806×1944×1394mm/ホイールベース=2746mm/車重=2320kg/駆動方式=4WD/6リッターW12DOHC48バルブターボ(625ps/6000rpm、81.6kgm/2000rpm)/燃費=14.5リッター/100km(EUサイクル混合)(欧州仕様車)

ベントレー・コンチネンタルGTスピード(4WD/8AT)【海外試乗記】

洗練されたテクノロジー 2012.10.29 試乗記 ベントレー・コンチネンタルGTスピード(4WD/8AT)

ベントレーの高性能フラッグシップモデル「コンチネンタルGTスピード」。625psのパワーを手に入れ、同社史上最高速をうたう新型をドイツ・アウトバーンで試した。

見た目のデザインは控えめ

ベントレーの市販車としては史上最高となる最高速330km/hを実現した新型「コンチネンタルGTスピード」。そのプレス向け試乗会のスタート地点に選ばれたのは、ドイツ・ミュンヘン空港だった。英国ブランドのイベントの舞台としてはちょっと味気ないが、そこに込められた意図は明白。刺激的な試乗になることは、約束されたようなものだった。

それにしても、見た目は何とも控えめなGTスピードである。いや、確かに試乗車にはアップルグリーンをはじめとするカラフルな塗色がそろっていたが、デザイン上の「コンチネンタルGT」との違いは、ダークティント塗装とされたラジエーターとバンパーグリルに、スパイラル加工のエキゾーストパイプ、新デザインのアルミホイールといった程度。フロントフェンダーには新たに“W12”バッジが付けられていたが、これは今後、コンチネンタルGT/GTCにも装着されることになる。

むせ返るほど上質なインテリアは、おなじみのダイヤモンドキルト仕上げのパンチングレザーがシートやドアパネルなどにあしらわれているのが特徴だ。もちろん、エンジンスピン模様のダークティントアルミやカーボンのフェイシアなど、GTスピード専用のものを含めてレザーやトリムの選択肢はまさに無限と言ってもいい。


ベントレー・コンチネンタルGTスピード(4WD/8AT)【海外試乗記】の画像
シートやドアトリムなどにはダイヤモンドキルト仕上げを施した多孔(たこう)レザーが採用される。
シートやドアトリムなどにはダイヤモンドキルト仕上げを施した多孔(たこう)レザーが採用される。
エキゾーストテールパイプは「GTスピード」専用のスパイラル加工が施されている。
エキゾーストテールパイプは「GTスピード」専用のスパイラル加工が施されている。

ベントレー・コンチネンタルGTスピード(4WD/8AT)【海外試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コンチネンタルGTの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ベントレー・コンチネンタルGTスピード(4WD/8AT)【試乗記】 2016.7.1 試乗記 ラグジュアリークーペ「ベントレー・コンチネンタルGT」シリーズの高性能バージョンにあたる「GTスピード」に試乗。最高速331km/h、0-100km/h加速4.1秒という、ベントレーのなかでも随一の動力性能を誇るハイパフォーマンスモデルの魅力に触れた。
  • ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.2.8 試乗記 黒を基調としたドレスアップが施された「ロールス・ロイス・レイス ブラックバッジ」に試乗。今風の黒いモードに身を包んだだけのスペシャルかと思えばさにあらず、エンジンとシャシーが磨き込まれ、ドライバーズカーとして一段と高まっていた。
  • ランボルギーニ・アヴェンタドールSクーペ(MR/7AT)【海外試乗記】 2017.2.3 試乗記 「ランボルギーニ・アヴェンタドール」がさらなるパワーと洗練を得て「アヴェンタドールS」に進化。同社史上最速とうたわれた「アヴェンタドールSV」の領域に近づいたファイティングブルの実力をスペイン・バレンシアで解き放った。
  • 「シボレー・コルベット」にブルーが際立つ限定車 2017.2.7 自動車ニュース 「シボレー・コルベット」に特別仕様車「グランスポーツ コレクターエディション」が登場。よりレーシーなイメージで内外装をドレスアップした限定モデルで、販売台数は世界限定1000台。日本へは5台のみが導入される。
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
ホームへ戻る