「三菱アウトランダー」一部改良で燃費&質感アップ

2009.09.04 自動車ニュース

「三菱アウトランダー」一部改良で燃費&質感アップ

三菱自動車は2009年9月3日、「アウトランダー」に、燃費を向上させるなどの改良を加え、発売した。

■4WDもエコカー減税に適合

今回の改良のポイントはずばり、燃費と内外装の質感アップ。CVTの制御変更や走行抵抗の低減により、FF車は10・15モード燃費が12.2km/リッターから12.6km/リッターへ、4WD車は11.6km/リッターから12.2km/リッターへと向上し、すでに対象のFF車に加え4WD車もエコカー減税の対象となった。取得税と重量税は、ともに50%軽減される。

外観には、新デザインのメッキフロントグリルやワイド感を強調したリアバンパー、ウインカー付き電動格納式ドアミラーなどが採用された。中間の「24MS」以上のグレードには新デザインの18インチアルミホイールが備わる。

上位グレードの「24G」「24Gプレミアム」には、ドアトリム、メーター上部、グローブボックス上面に、レザーのような見映えのステッチ付きソフトパッド(合皮)を採用。また全車のシート生地をスエード調ベロア&メッシュファブリックに変更し、質感をアップさせた。

■価格据え置きで装備が充実

減速時やABS作動時に、ハザードランプを通常の2倍の周期で点滅させ、後続車に緊急制動であることを伝えるESS(緊急制動信号システム)が採用されたのも新しい。4WD車には、スムーズな坂道発進を実現する「ヒルスタートアシスト」も標準装備された。

さらに中間〜上級グレードの「24MS」「24G」「24Gプレミアム」には、乗降時にポジションランプやヘッドライトを30秒間点灯させ、夜間の安心感を高める「ウェルカムライト」と「カミングホームライト」を追加した。

今回の改良を機に3リッターモデルは廃止され、代わりにメッキパーツなどでエクステリアの上質感を高め、室内装備を充実させた2.4リッターの最上級グレード「24Gプレミアム」が設定された。

価格は据え置きとされ、210万円から288万7500円。

(webCG 曽宮)

アウトランダー24G
アウトランダー24G 拡大

「三菱アウトランダー」一部改良で燃費&質感アップの画像 拡大

「三菱アウトランダー」一部改良で燃費&質感アップの画像 拡大
合皮貼りソフトパッドがあしらわれた内装。
合皮貼りソフトパッドがあしらわれた内装。 拡大

「三菱アウトランダー」一部改良で燃費&質感アップの画像 拡大

関連キーワード:
アウトランダー三菱自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱アウトランダー24G Navi-Package(4WD/CVT)【試乗記】 2015.7.30 試乗記 大規模な改良を受けた「三菱アウトランダー」。その2.4リッターガソリンエンジン搭載車に試乗した。フロントデザインが一新された新型は、同時に静粛性や乗り心地なども洗練され、SUVとして“円熟の境地”に達していた。
  • ボルボV60 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.6.25 試乗記 ボルボの中核を担うステーションワゴン「V60」が2代目に進化。日本では縮小が続くジャンルだが、新世代のボディー骨格とパワーユニットを得た北欧のファミリーエステートは、洗練されたスタイルと実用性をあわせ持つ魅力的なモデルに仕上がっていた。
  • 間もなく発売となる新型「スバル・フォレスター」
    洗練化の陰で失われた“伝統の技術”とは!?
    2018.6.20 デイリーコラム スバルのクロスオーバーSUV「フォレスター」の新型が間もなく発売される。5代目となる新型ではクルマ全体の水準が大きく引き上げられた一方で、初代からの伝統であった象徴的な装備が失われていることをご存じだろうか? 自動車ライター、大音安弘が解説する。
  • 三菱アウトランダー24G Navi Package(4WD/CVT)【試乗記】 2012.12.11 試乗記 三菱アウトランダー24G Navi Package(4WD/CVT)
    ……310万円

    国産、輸入車問わず、無数のモデルがひしめき合う日本のミドルサイズSUV市場。激しい競争を勝ち抜くために新型「アウトランダー」が身に付けた魅力を探る。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)【試乗記】 2018.5.17 試乗記 コンパクトなセダンボディーに最高出力400psの直5ターボエンジンを詰め込んだ、ホットハッチならぬ“ホットセダン”、それが「アウディRS 3セダン」だ。大仰な空力パーツなどではアピールしない、隠れた高性能モデルの実力とは?
ホームへ戻る