「スバル・サンバー・ディアスワゴン」がフルモデルチェンジ(?)

2009.09.04 自動車ニュース

「スバル・サンバー・ディアスワゴン」がフルモデルチェンジ(?)

富士重工業は、軽キャブオーバー型ワゴン「スバル・サンバー・ディアスワゴン」をフルモデルチェンジ。「スバル・ディアスワゴン」と名を改め、2009年9月3日に発売した。

「サンバー・ディアスワゴン」が一新!……かと思いきや、その正体は「ダイハツ・アトレーワゴン」のOEM。2008年4月に発表された、ダイハツとの協力関係によるものである。

そんな新型のコンセプトは、「広大な室内空間と気持ちの良い走りで、あなたの毎日を楽しくする軽ワンボックスワゴン」。
コンパクトなボディでありながら、すべての席で十分くつろげる広さを確保。また、シート表面には肌触りの良いファブリック素材を使用し、内装をアイボリー色とするなど、高い質感を持つ快適な室内空間を実現したと謳われる。

エンジンは、ターボ付きの0.66リッター直列3気筒。10・15モード燃費トルクは、FFが15.2km/リッター、4WDモデルが14.8km/リッター(パワースライドドア装着車は13.4km/リッター)となっている。

「ブルーマイカメタリック」「プラムブラウンクリスタルマイカ」など全5色のボディカラーでラインナップ。
価格は、「LS」(FR/4AT)の137万250円から「RSリミテッド」(4WD/4AT)の169万5750円まで。

(webCG カタノ)

新型「スバル・ディアスワゴン」。
スバル、軽乗用車「ディアスワゴン」発売

フロントにはメッキタイプの大型グリルや、張り出し感を持たせたカラードバンパーを採用。
スバル、「サンバー・ディアスワゴン」をフルモデルチェンジ

全車、プリテンショナー&ロードリミッター付フロント3点式ELRシートベルトを標準装備。後席にはISO FIX対応チャイルドシート対応構造&デザーアンカーを備える。
スバル、「サンバー・ディアスワゴン」をフルモデルチェンジ
ディアスワゴンのリアビュー。ちなみに「Dias」(ディアス)はスペイン語で「毎日」「日々」の意。毎日扱いやすいクルマという意味が込められている由。
スバル、「サンバー・ディアスワゴン」をフルモデルチェンジ

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

サンバー ディアスワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る