「スバル・サンバー・ディアスワゴン」がフルモデルチェンジ(?)

2009.09.04 自動車ニュース

「スバル・サンバー・ディアスワゴン」がフルモデルチェンジ(?)

富士重工業は、軽キャブオーバー型ワゴン「スバル・サンバー・ディアスワゴン」をフルモデルチェンジ。「スバル・ディアスワゴン」と名を改め、2009年9月3日に発売した。

「サンバー・ディアスワゴン」が一新!……かと思いきや、その正体は「ダイハツ・アトレーワゴン」のOEM。2008年4月に発表された、ダイハツとの協力関係によるものである。

そんな新型のコンセプトは、「広大な室内空間と気持ちの良い走りで、あなたの毎日を楽しくする軽ワンボックスワゴン」。
コンパクトなボディでありながら、すべての席で十分くつろげる広さを確保。また、シート表面には肌触りの良いファブリック素材を使用し、内装をアイボリー色とするなど、高い質感を持つ快適な室内空間を実現したと謳われる。

エンジンは、ターボ付きの0.66リッター直列3気筒。10・15モード燃費トルクは、FFが15.2km/リッター、4WDモデルが14.8km/リッター(パワースライドドア装着車は13.4km/リッター)となっている。

「ブルーマイカメタリック」「プラムブラウンクリスタルマイカ」など全5色のボディカラーでラインナップ。
価格は、「LS」(FR/4AT)の137万250円から「RSリミテッド」(4WD/4AT)の169万5750円まで。

(webCG カタノ)

新型「スバル・ディアスワゴン」。
新型「スバル・ディアスワゴン」。

フロントにはメッキタイプの大型グリルや、張り出し感を持たせたカラードバンパーを採用。

	フロントにはメッキタイプの大型グリルや、張り出し感を持たせたカラードバンパーを採用。

全車、プリテンショナー&ロードリミッター付フロント3点式ELRシートベルトを標準装備。後席にはISO FIX対応チャイルドシート対応構造&デザーアンカーを備える。

	全車、プリテンショナー&ロードリミッター付フロント3点式ELRシートベルトを標準装備。後席にはISO FIX対応チャイルドシート対応構造&デザーアンカーを備える。
ディアスワゴンのリアビュー。ちなみに「Dias」(ディアス)はスペイン語で「毎日」「日々」の意。毎日扱いやすいクルマという意味が込められている由。
ディアスワゴンのリアビュー。ちなみに「Dias」(ディアス)はスペイン語で「毎日」「日々」の意。毎日扱いやすいクルマという意味が込められている由。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第141回:さよならサンバー! スバルが手がけた“ビッグな軽”を振り返る 2012.3.30 エディターから一言 2012年2月をもって生産が終了した、スバルの軽自動車「サンバー」。半世紀以上にわたる、その歴史を振り返る。
  • 「スバル・サンバー」にWRブルーの特別仕様車 2011.7.27 自動車ニュース 富士重工業は2011年7月26日、軽商用車「サンバー」シリーズに発売50周年を記念した特別仕様車「WR BLUE LIMITED(ダブリューアール ブルー リミテッド)を設定し、発売した。
  • 装備が充実した2タイプの「レンジローバー イヴォーク」限定発売 2017.6.9 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2017年6月8日、プレミアムコンパクトSUV「レンジローバー イヴォーク」の限定車「レンジローバー イヴォークFREE_STYLE(フリースタイル)」と「レンジローバー イヴォークCOOL_STYLE(クールスタイル)」を発表。同日、受注を開始した。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • 「アルファ・ロメオ・ジュリア」の年内導入が決定 2017.6.23 自動車ニュース FCAジャパンは2017年6月23日、アルファ・ロメオの新型スポーツセダン「ジュリア」について、同年内に販売を開始すると発表した。流麗なスタイルを持つボディーや最高出力510ps、0-100km/h加速は3.9秒というパフォーマンス(上級グレード)などを特徴とする。
ホームへ戻る