【スペック】全長×全幅×全高=4870×1855×1470mm/ホイールベース=2875mm/車重=1710kg/駆動方式=FR/3リッターV6DOHC24バルブ(231ps/6000rpm、30.6kgm/2500-5000rpm)/価格=730.0万円(テスト車=762.5万円/レーンキーピングアシスト=7.5万円/ナイトビューアシストプラス=25.0万円)

メルセデス・ベンツE300(FR/7AT)【試乗記】

Eクラスの完成形!? 2009.09.04 試乗記 メルセデス・ベンツE300(FR/7AT)
……762.5万円

新型Eクラスのベーシックグレード「E300」が、ようやく日本上陸。右ハンドル仕様とともに遅れてやってきた、メルセデスの売れ筋モデルをテストした。



なかなかお値打ち

生産プログラムの関係から上陸が遅れていた「右ハンドルの新型Eクラス」が、ようやく日本にやってきた。改めて確認しておくと、現時点で日本導入が発表されている新しいEクラスセダンのラインナップは、3リッターのV6ユニットを搭載するE300、3.5リッターの同じくV6ユニットを搭載するE350、そして5.5リッターのV8ユニットを搭載するE550と、基本はこの3エンジン構成。このうち、E350とE550には左ハンドルモデルも設定されていて、これまで日本でチェックが可能なのはこの両仕様のみだった。

今回テスト走行を行ったのは、それらに加えて“ようやく登場”の右ハンドル仕様車で、国際試乗会の場にも用意されなかった前出3リッターエンジン搭載のE300。さらに詳しく紹介すれば、そんなE300には“素”の仕様とE350/E550同様の「アバンギャルド」とがあって、今回の取材車は“素”の仕様のほう。両仕様はエクステリアではそのシューズ、インテリアではシート地やトリムレベルから区別が付く。16インチを履いていれば前者だしファブリックシートであれば前者。ただし、こちらでもレザーシートを有償でチョイスする事は可能だし、トリムにはウォールナットが用いられているのでアバンギャルドとの仕様差が格別大きいわけではない。
加えて、実はこのモデル固有のファブリックシートの、ちょっと張りが強めの着座感が、往年の「W124型」の念入りに作り込まれたシートを彷彿とさせ、好印象。個人的にはむしろ「こちらのファブリック仕様を全Eクラスで選べれば良いのに」と思ったほど。そんな内容でのアバンギャルド比マイナス50万円という価格設定は、だからなかなかのお値打ちものだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Eクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • 【デトロイトショー2017】レクサスから新型「LS」登場 2017.1.10 自動車ニュース レクサスが最上級セダン「LS」の新型をデトロイトショーで発表。新世代プラットフォームの「GA-L」をはじめ、新開発の直噴ターボエンジン、自動操舵機能と連動したプリクラッシュセーフティーなど、さまざまな新技術が取り入れられている。
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
ホームへ戻る