【スペック】全長×全幅×全高=4870×1855×1470mm/ホイールベース=2875mm/車重=1710kg/駆動方式=FR/3リッターV6DOHC24バルブ(231ps/6000rpm、30.6kgm/2500-5000rpm)/価格=730.0万円(テスト車=762.5万円/レーンキーピングアシスト=7.5万円/ナイトビューアシストプラス=25.0万円)

メルセデス・ベンツE300(FR/7AT)【試乗記】

Eクラスの完成形!? 2009.09.04 試乗記 メルセデス・ベンツE300(FR/7AT)
……762.5万円

新型Eクラスのベーシックグレード「E300」が、ようやく日本上陸。右ハンドル仕様とともに遅れてやってきた、メルセデスの売れ筋モデルをテストした。



なかなかお値打ち

生産プログラムの関係から上陸が遅れていた「右ハンドルの新型Eクラス」が、ようやく日本にやってきた。改めて確認しておくと、現時点で日本導入が発表されている新しいEクラスセダンのラインナップは、3リッターのV6ユニットを搭載するE300、3.5リッターの同じくV6ユニットを搭載するE350、そして5.5リッターのV8ユニットを搭載するE550と、基本はこの3エンジン構成。このうち、E350とE550には左ハンドルモデルも設定されていて、これまで日本でチェックが可能なのはこの両仕様のみだった。

今回テスト走行を行ったのは、それらに加えて“ようやく登場”の右ハンドル仕様車で、国際試乗会の場にも用意されなかった前出3リッターエンジン搭載のE300。さらに詳しく紹介すれば、そんなE300には“素”の仕様とE350/E550同様の「アバンギャルド」とがあって、今回の取材車は“素”の仕様のほう。両仕様はエクステリアではそのシューズ、インテリアではシート地やトリムレベルから区別が付く。16インチを履いていれば前者だしファブリックシートであれば前者。ただし、こちらでもレザーシートを有償でチョイスする事は可能だし、トリムにはウォールナットが用いられているのでアバンギャルドとの仕様差が格別大きいわけではない。
加えて、実はこのモデル固有のファブリックシートの、ちょっと張りが強めの着座感が、往年の「W124型」の念入りに作り込まれたシートを彷彿とさせ、好印象。個人的にはむしろ「こちらのファブリック仕様を全Eクラスで選べれば良いのに」と思ったほど。そんな内容でのアバンギャルド比マイナス50万円という価格設定は、だからなかなかのお値打ちものだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Eクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • 新型「メルセデス・ベンツEクラス ステーションワゴン」発表会の会場から 2016.11.29 画像・写真 メルセデス・ベンツ日本は新型「Eクラス ステーションワゴン」を発表した。また、クリスマスイベントとして「Mercedes-Benz Connection NEXTDOOR Star Garden」をオープンする。発表会の様子を画像で紹介する。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
  • メルセデス・ベンツGLC350e 4MATICスポーツ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.23 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」シリーズに加わったプラグインハイブリッド車の「GLC350e 4MATICスポーツ」に試乗。EV走行が身近に味わえ、しかもアクセルを踏めば迫力の加速を披露する緩急自在の“パワーハイブリッド”の実力やいかに?
ホームへ戻る