「スバル・インプレッサ」が足まわり改良 新グレードも

2009.09.03 自動車ニュース

「スバル・インプレッサ」が足まわり改良 新グレードも

富士重工業は、「スバル・インプレッサ」シリーズに一部改良を実施。さらに1.5リッターモデルに新グレードを追加し、2009年9月2日に発売した。

今回のもっとも大きな“手入れ”は、足まわりの再調整だ。
高速走行時や旋回時の操縦安定性をより高めるべく、前後そろってスプリングレートとショックアブソーバーの減衰力を変更。リアショックアブソーバーはさらに、微低速域などでの振動を効果的に吸収する新しいバルブ構造とし、乗り心地の向上を図った。

パワーステアリング特性も変更。低速走行時の軽快な操作性と中高速走行時のしっかり感のある操舵フィールを実現したという。

内外装では、5ドアハッチバックモデルのフロントグリルやサイドシルスポイラーがお化粧直しされた。一部スポーティグレードのシート地やステッチも改められ、廉価グレード(1.5i/1.5i-L)を除く全車にリアカップホルダーが追加されるなどした。ボディカラーに新色のブリティッシュレーシンググリーンパールが選べるようになったのもポイント。

あわせて、グレード体系の見直しも図られ、1.5リッターモデルに初めてスポーティグレード「1.5i-S」が追加された。こちらのウリは、2リッターモデル「2.0GT」と共通のバンパー&スポイラー、16インチアルミホイール、ホワイトルミネセントメーターやキーレスアクセス機能など。

価格は、5ドアの「インプレッサ」が1.5i(FF/5MT)の149万1000円から2.0GT(4WD/4AT)の264万6500円まで。4ドアセダンの「インプレッサ アネシス」は1.5i(FF/5MT)の157万5000円から2.0i-S(4WD/4AT)の222万6000円まで。

(webCG 関)

「インプレッサ1.5i-S」。写真は新色「ブリティッシュレーシンググリーンパール」。
「インプレッサ1.5i-S」。写真は新色「ブリティッシュレーシンググリーンパール」。
1.5i-Sのインテリア。キーレスアクセスやイモビライザーが標準。運転席は8ウェイのパワーシートとなる。
1.5i-Sのインテリア。キーレスアクセスやイモビライザーが標準。運転席は8ウェイのパワーシートとなる。
インプレッサ アネシス
インプレッサ アネシス

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • クロスオーバー「スバルXV」の新型がデビュー 2017.4.6 自動車ニュース スバルは2017年4月6日、クロスオーバーモデル「XV」の新型を発表した。同年5月24日に発売する。価格は「XV 1.6i EyeSight」の213万8400円から、「XV 2.0i-S EyeSight」の267万8400円まで。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
ホームへ戻る