ダイハツ「ムーヴコンテ」「タント」「コペン」にお買い得な特別仕様車

2009.09.02 自動車ニュース
「ムーヴコンテ X“スペシャル”」
ダイハツ「ムーヴコンテ」「タント」「コペン」にお買い得な特別仕様車

ダイハツ「ムーヴコンテ」「タント」「コペン」にお買い得な特別仕様車

ダイハツ工業は、軽乗用車「ムーヴコンテ」「タント」「コペン」に特別仕様車を設定し、2009年9月1日に発売した。

 
ダイハツ「ムーヴコンテ」「タント」「コペン」にお買い得な特別仕様車

■「ムーヴコンテ X“スペシャル”」

「ムーヴコンテ」のエントリーモデル「X」をベースに、シルバーフロントグリルやシルバー塗装のカラードドアアウターハンドルを特別装備し、FF車で120万円を切るお買い得な特別仕様車。

また「ムーヴコンテX“スペシャル”」は、「環境対応車普及促進税制(エコカー減税)」および「環境対応車普及促進対策費補助金(エコカー補助金)」に適応され、自動車取得税および自動車重量税がFF車で75%、4WD車で50%軽減される。

価格は、FFが119万円(ベース車比3万8500円安)、4WDは131万1000円(同比3万8250円)。

「タント X Limited“セレクション”」
「タント X Limited“セレクション”」 拡大
 
ダイハツ「ムーヴコンテ」「タント」「コペン」にお買い得な特別仕様車の画像 拡大

■「タント X Limited“セレクション”」「タント X“4WDセレクション”」

「タント」の「X Limited」「X(4WD)」をベースに、インテリアにブラウンの専用シート色を採用。ドアミラーターンランプ、シルバードアアウターハンドルなどが特別装備される。
さらに、タントX“4WDセレクション”には、パワースライドドアのほか、通常オプション装備となる、チルトステアリング、運転席シートリフターなどがセットになったアジャスタブルパックも標準装備される。

価格は、「タント X Limited“セレクション”」がベース車比5万3000円安の132万3000円。「タント X“4WDセレクション”」はベース車比5万2250円高で139万1000円。

「コペン アルティメットレザーエディション」
「コペン アルティメットレザーエディション」 拡大
アイボリーの本革スポーツシート。
アイボリーの本革スポーツシート。 拡大

■「コペン アルティメットレザーエディション」

「コペン」にスポーティな装備を付与した特別仕様車。足まわりは、ビルシュタイン製ショックアブソーバーやガンメタのBBS製15インチアルミホイールを採用する。さらにインテリアには、ブラックとアイボリーの2色から選べる本革製スポーツシートと専用ドアトリムが設定される。ブラックシートには、MOMO製本革ステアリングホイールが、アイボリーシートは、MOMO製ウッド&レザーステアリングホイールが組み合わされる。

価格は、4AT、5MTいずれも196万5000円。

(webCG ワタナベ)

関連キーワード:
タントコペンムーヴコンテダイハツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 ムーヴ キャンバス Debut!<PR> 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • 新型軽「ホンダN-VAN」は3タイプのデザインで登場 2018.6.1 自動車ニュース 本田技研工業は2018年6月1日、同年夏に正式発表を予定している新型車「N-VAN」の概要を公開した。
  • ホンダN-BOX/N-BOXカスタム【試乗記】 2017.9.28 試乗記 ホンダのベストセラー軽乗用車「N-BOX」がフルモデルチェンジ。見た目はマイナーチェンジ? と感じさせるほどの小変更にとどまるが、新設計のプラットフォームやエンジンの採用など、中身はまるで別物といえるほどの進化を遂げている。その使い勝手をテストした。
  • ダイハツ・ムーヴカスタムRS“ハイパーSA III”(FF/CVT)【試乗記】 2017.9.18 試乗記 この夏、現行モデルとなってから初のマイナーチェンジを受けた「ダイハツ・ムーヴ」。軽量・高剛性のボディー構造をいち早く採用し、走りを含む“基本性能のレベルアップ”をうたって登場したその実力は今も健在か? 最上級モデルの試乗を通して確かめた。
  • ダイハツ・ミラ イースG“SA III”/ミラ イースL“SA III”【試乗記】 2017.6.12 試乗記 低価格・低燃費という、軽自動車の本質を徹底的に追求した「ダイハツ・ミラ イース」がフルモデルチェンジ。従来モデルやライバル車との比較をまじえつつ、「+αの魅力を追求した」という新型の実力を検証した。
ホームへ戻る