【スペック】全長×全幅×全高=4510×1770×1465mm/ホイールベース=2640mm/車重=1450kg/駆動方式=FF/2.3リッター直列4DOHC16バルブターボ(264ps/5500rpm、38.7kgm/3000rpm)/価格=267万8000円(テスト車=300万3500円)

マツダ・マツダスピードアクセラ(FF/6MT)【試乗記】

マニア御用達 2009.09.02 試乗記 マツダ・マツダスピードアクセラ(FF/6MT)
……300万3500円

アイドリングストップ機構「i-stop」で話題の「マツダ・アクセラ」。だけどもし、アナタがクルマ好きを自認するなら、グッとくるのはこのホットハッチに違いない。

ジャジャ馬ぶりは、ハンパじゃない

新型アクセラは先代の大改良版といっていい。プラットフォームはコストベースだと90%が新設計だそうだが、ホイールベースは新旧でまったく同寸、前後トレッドや全幅もほぼ変わりなく、伸びた全長は主にとがったノーズデザイン(と衝突安全性向上)のために使われたという。

新型アクセラシリーズにおける主要な革新はCVTやアイドリングストップを投入したパワートレーンにあるが、このマツダスピードアクセラ(以下MSアクセラ)にはそれも無関係。というわけで、新しいMSアクセラは動力性能、スピード、その感触や肌ざわり……といった点で、従来モデルに酷似している。

つまり、新型MSアクセラもまた、優等生がもてはやされる昨今では“ほとんど奇跡”といってもいいオーバーパワーでオーバートルクのFFスポーツであり、当代随一の“ジャジャ馬”ハッチである。いやホント、ほんの1〜2時間の試乗でもこれほど疲れるクルマは、昨今の量産車ではめずらしい。

直噴システムにターボチャージャーを組み合わせたDISIターボを搭載。シリーズ最強の264psを搾り出す。
直噴システムにターボチャージャーを組み合わせたDISIターボを搭載。シリーズ最強の264psを搾り出す。
メーターパネルには、ターボの過給圧を示すブースト計が備わる。
メーターパネルには、ターボの過給圧を示すブースト計が備わる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

アクセラスポーツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・アクセラスポーツ15XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.7 試乗記 マイナーチェンジを機にラインナップに加えられた、「マツダ・アクセラスポーツ」の1.5リッターディーゼルモデルに試乗。新たなパワーユニットがもたらす走行性能や、走りの質を向上させるという新技術の効果についてリポートする。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • 【デトロイトショー2017】レクサスから新型「LS」登場 2017.1.10 自動車ニュース レクサスが最上級セダン「LS」の新型をデトロイトショーで発表。新世代プラットフォームの「GA-L」をはじめ、新開発の直噴ターボエンジン、自動操舵機能と連動したプリクラッシュセーフティーなど、さまざまな新技術が取り入れられている。
ホームへ戻る