【スペック】X:全長×全幅×全高=3395×1475×1530mm/ホイールベース=2490mm/車重=800kg/駆動方式=FF/0.66リッター直3DOHC12バルブ(58ps/7200rpm、6.6kgm/4000rpm)/価格=118万円(テスト車=120万2050円/バックモニターパック=4万3050円/オーディオレス=−2万1000円)

ダイハツ・ミラココアX(FF/CVT)/プラスG(FF/CVT)【試乗速報】

クルマっぽさはいらない 2009.09.01 試乗記 ミラココアX(FF/CVT)/プラスG(FF/CVT)
……120万2050円/135万2500円

若い女性をターゲットにオシャレ感を演出した「ダイハツ・ミラココア」にスーザン史子が試乗。今までにない発想で開発に取り組んだという新型はどんなクルマ?

使い勝手を重視

ダイハツから「ミラ」のオシャレ版「ミラココア」が誕生! ターゲットは初めてクルマを買う20代を中心に、独身のマインドを持った女性。“ココア”というネーミングには、女性にとって身近な存在であってほしいという願いが込められているんですって。
「おでかけプチワゴン」をコンセプトに、オフに仲間と一泊旅行に出かけられるような使い勝手を重視。クルマらしさをあえて抑え、家の中にある雑貨や家具の延長線上にあるインテリアを目指したというだけあって、シートに座った瞬間からホッと一息つけるリラックス空間になっています。

基本的なコンポーネンツはミラと同じ。シンプルな四角い箱型のシルエットを持ち、視界の良さは抜群。水平基調のダッシュボードで、運転席からの見切りもいいほか、リアのクォーターウィンドウによって、後方視界もバッチリ。ウェストラインを下げることによって左右の視界も充分に確保しているんです。
また、Aピラーを立てることによって、室内がグッと広く感じられるし、ワンモーションフォルムよりも、ガラス面を減らすことができるから、直射日光の照射率を下げることにも効果アリ。フロントウィンドウは、紫外線を90%カットするIR&UVカットガラスになっているというのも、日焼けが気になる女性にとってはポイント高いですよね〜!

ミラココアは、フロントエンブレムが「ココア」エンブレムになるのも新しい。ヘッドライトなども丸いモチーフで統一され、「ミラ」とは異なるかわいらしさを演出している。
ミラココアは、フロントエンブレムが「ココア」エンブレムになるのも新しい。ヘッドライトなども丸いモチーフで統一され、「ミラ」とは異なるかわいらしさを演出している。
【スペック】プラスG:全長×全幅×全高=3395×1475×1560mm/ホイールベース=2490mm/車重=810kg/駆動方式=FF/0.66リッター直3DOHC12バルブ(58ps/7200rpm、6.6kgm/4000rpm)/価格=130万円(テスト車=135万2500円/アップグレードパック=3万1500円/ユースフルドライビングパック=2万1000円)
【スペック】プラスG:全長×全幅×全高=3395×1475×1560mm/ホイールベース=2490mm/車重=810kg/駆動方式=FF/0.66リッター直3DOHC12バルブ(58ps/7200rpm、6.6kgm/4000rpm)/価格=130万円(テスト車=135万2500円/アップグレードパック=3万1500円/ユースフルドライビングパック=2万1000円)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ミラココアの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバス徹底解説 2016.9.7 特集 2016年9月7日にデビューした、ダイハツの新型軽自動車「ムーヴ キャンバス」。室内のあちこちに設けられた“使える収納”に、さまざまなシートアレンジ、そして17種類におよぶカラーバリエーションなど、“新感覚スタイルワゴン”の見どころを、写真とともに紹介する。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスX“リミテッド メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.11.16 試乗記 ダイハツから、「タント」より少し背の低い“ミニバス”「ムーヴ キャンバス」が登場。「置きラクボックス」や「パノラマモニター」を初採用した新型軽の印象は? ストライプスカラーが映える「X“メイクアップ リミテッド SA II”」に試乗した。
  • ダイハツ・ムーヴ キャンバスG“メイクアップ SA II”(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.7 試乗記 ダイハツから、“新感覚スタイルワゴン”をうたう新型軽「ムーヴ キャンバス」が登場。試乗してみると、愛らしいルックスの向こうに、ユーザーの生活を考え抜いた真面目で地道なクルマ作りが見えてきた。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
ホームへ戻る