クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】X:全長×全幅×全高=3395×1475×1530mm/ホイールベース=2490mm/車重=800kg/駆動方式=FF/0.66リッター直3DOHC12バルブ(58ps/7200rpm、6.6kgm/4000rpm)/価格=118万円(テスト車=120万2050円/バックモニターパック=4万3050円/オーディオレス=−2万1000円)

ダイハツ・ミラココアX(FF/CVT)/プラスG(FF/CVT)【試乗速報】

クルマっぽさはいらない 2009.09.01 試乗記 ミラココアX(FF/CVT)/プラスG(FF/CVT)
……120万2050円/135万2500円

若い女性をターゲットにオシャレ感を演出した「ダイハツ・ミラココア」にスーザン史子が試乗。今までにない発想で開発に取り組んだという新型はどんなクルマ?

使い勝手を重視

ダイハツから「ミラ」のオシャレ版「ミラココア」が誕生! ターゲットは初めてクルマを買う20代を中心に、独身のマインドを持った女性。“ココア”というネーミングには、女性にとって身近な存在であってほしいという願いが込められているんですって。
「おでかけプチワゴン」をコンセプトに、オフに仲間と一泊旅行に出かけられるような使い勝手を重視。クルマらしさをあえて抑え、家の中にある雑貨や家具の延長線上にあるインテリアを目指したというだけあって、シートに座った瞬間からホッと一息つけるリラックス空間になっています。

基本的なコンポーネンツはミラと同じ。シンプルな四角い箱型のシルエットを持ち、視界の良さは抜群。水平基調のダッシュボードで、運転席からの見切りもいいほか、リアのクォーターウィンドウによって、後方視界もバッチリ。ウェストラインを下げることによって左右の視界も充分に確保しているんです。
また、Aピラーを立てることによって、室内がグッと広く感じられるし、ワンモーションフォルムよりも、ガラス面を減らすことができるから、直射日光の照射率を下げることにも効果アリ。フロントウィンドウは、紫外線を90%カットするIR&UVカットガラスになっているというのも、日焼けが気になる女性にとってはポイント高いですよね〜!

ミラココアは、フロントエンブレムが「ココア」エンブレムになるのも新しい。ヘッドライトなども丸いモチーフで統一され、「ミラ」とは異なるかわいらしさを演出している。
ミラココアは、フロントエンブレムが「ココア」エンブレムになるのも新しい。ヘッドライトなども丸いモチーフで統一され、「ミラ」とは異なるかわいらしさを演出している。 拡大
【スペック】プラスG:全長×全幅×全高=3395×1475×1560mm/ホイールベース=2490mm/車重=810kg/駆動方式=FF/0.66リッター直3DOHC12バルブ(58ps/7200rpm、6.6kgm/4000rpm)/価格=130万円(テスト車=135万2500円/アップグレードパック=3万1500円/ユースフルドライビングパック=2万1000円)
【スペック】プラスG:全長×全幅×全高=3395×1475×1560mm/ホイールベース=2490mm/車重=810kg/駆動方式=FF/0.66リッター直3DOHC12バルブ(58ps/7200rpm、6.6kgm/4000rpm)/価格=130万円(テスト車=135万2500円/アップグレードパック=3万1500円/ユースフルドライビングパック=2万1000円)
拡大
注目の記事PR
  • 音と風と刺激的な走り。「アバルト124スパイダー」の魅力を、3人のジャーナリストが語る。
    音と風と刺激的な走り。「アバルト124スパイダー」の魅力を、3人のジャーナリストが語る。 アバルト特集
注目の記事一覧へ

注目は、国内初「バックモニター内蔵ルームミラー」

実際に運転してみると、Aピラーが立った形状ということもあって、風切り音が多少入ってはくるものの、それほど気にならないレベル。足回りはミラよりも少しやわらかめのセッティングになっていて、キビキビというよりはふんわりとした乗り心地。たとえるなら、コシのあるシフォンケーキ。街乗りにぴったりの癒しがあります。

インパネは、シンプルで機能的。アイボリーの文字盤にメッキリングを施したスピードメーターは大きくて文字もハッキリと見やすいし、スイッチ類もわかりやすい配置。タコメーター内に表示される「エコインジケーター」は、アクセルを踏み込み、2500rpmあたりを過ぎると消えるものの、アクセルから足を離すとすぐにまた点灯し、エコドライブをサポート。燃費はミラと同様、クラストップレベルの23.5km/リッターをマークし、自動車取得税と重量税が75%軽減される、エコカー減税対象車なんです。

目玉となるのが、国内初採用となるバックモニター内蔵ルームミラー(ココアプラスGに標準装備。ココアXに「バックモニターパック」としてメーカーオプション)。バックモニターは付けたいけれど、近所での街乗りがメインとなれば、ナビを付けるまでもないと考える人は多いはず。そこで、バックモニターだけ別に付けられないかと考え生まれたのがこのシステム。
シフトポジションを「R(リバース)」にすると、あーら不思議! バックカメラからのカラー映像がルームミラー左側に瞬時に映し出されるんです。モニターの大きさは2.4インチ(48×35.7mm)相当と小さめですが、映像も明るく鮮明で見やすいんです。こんな便利が装備だったら、私も自分のクルマにつけた〜い! ルームミラーだけ別売りで付けらんないかしら……ってバックカメラ装備してないとムリか。さらに、リバース連動ドアミラー(ユースフルドライビングパック)も、バック走行の頼もしい助っ人。助手席側のドアミラーが下向きに角度を変え、左後輪付近の視界を確保してくれるから安心です!


ダイハツ・ミラココアX(FF/CVT)/プラスG(FF/CVT)【試乗速報】の画像 拡大
上級グレード「ミラココアプラスG」のインパネ。革巻ステアリングホイールが標準装備される。
上級グレード「ミラココアプラスG」のインパネ。革巻ステアリングホイールが標準装備される。 拡大
国内初採用となる「バックモニター内蔵ルームミラー」。ルームミラーを見ながらバックカメラの映像が見られるのは、ナビ画面に表示されるのと比べ目線の移動がなくてとても使いやすい。
国内初採用となる「バックモニター内蔵ルームミラー」。ルームミラーを見ながらバックカメラの映像が見られるのは、ナビ画面に表示されるのと比べ目線の移動がなくてとても使いやすい。 拡大
ダイハツ・ミラココアX(FF/CVT)/プラスG(FF/CVT)【試乗速報】の画像 拡大

“やわらかさ”には目がない女性にササるインテリア

インテリアは、アイボリー×ブラックのモダンな印象。なんといっても、女子にササるのがインパネとドアトリム! どちらもハンドバッグをイメージした立体的なラウンドスクエアで、シート同様パイピング処理を施し、インテリアに統一感を持たせています。曲面の処理は、ハンドバッグ独特の膨らみ感が絶妙に表現されていて、つい触れてしまいたくなるほど。ま、実際に触ったら樹脂素材なんで硬いんだけど、見た目は弾力がありそうなやわらかさを表現しているんですね。そこがイイんです。

そしてシート生地もワザありの2タイプからチョイス可能。スエード調で滑らかな肌触りが楽しめる生地(デオドラント効果あり)と、麻素材をざっくりと編んだようなナチュラル系生地とが用意されていて、チョイス次第で室内の雰囲気もガラッと変わっちゃいます。個人的には麻タイプがモダンファニチャー然としていて断然オシャレかな〜。運転席シートヒーター(アップグレードパック)は、冷えが気になる女性にとって、喉から手が出るほど嬉しいアイテム。軽自動車としては、豪華すぎる装備ですよね〜。

収納スペースも基本的な装備を備えながら、カップホルダーは運転席と助手席に2つずつ用意されているなど、なかなか気が利いてます。いつも持ち歩いているミネラルウォーターのほかに、コーヒーなどフレーバー違いの飲み物をキープするのに便利。また、各装備の操作方法も、日常生活の中で馴染みのある動作がヒントになっているんです。たとえば、インパネアッパーボックスのフタはキッチンのロースターが開くような回転方式に。グローブボックスには、スローモーションオープン式を取り入れ、ゆったりとした動きを大切にしています。優雅な所作に通じる工夫って、女性にはたまらない萌えポイントなんですよね。

ミラココアプラスの内装は、イエローベージュのスエード調シート生地を採用。前席には「ココア」エンブレムのアクセントも。
ミラココアプラスの内装は、イエローベージュのスエード調シート生地を採用。前席には「ココア」エンブレムのアクセントも。 拡大
ミラココアは、グレイッシュベージュのナチュラルなシート生地を採用。オプションで、ブラックのシートカラーも選べる。
ミラココアは、グレイッシュベージュのナチュラルなシート生地を採用。オプションで、ブラックのシートカラーも選べる。 拡大
リアシートは、上級グレードのココアプラスは分割可倒式(写真)、ココアは一体可倒式となる。
リアシートは、上級グレードのココアプラスは分割可倒式(写真)、ココアは一体可倒式となる。 拡大
写真をクリックするとシートが倒れるさまが見られます。
ダイハツ・ミラ ココアX(FF/CVT)/プラスG(FF/CVT)【試乗速報】

ダイハツの本気を見た!

ミラココアの目新しさは、徹底的にクルマっぽさを排したところといえそうです。ネーミングひとつとってもそう。「こんなクルマっぽくないネーミングでいいのか?」という声もあがる中、開発陣が最後まで“ココア”にこだわったのは、女性とクルマとの距離を縮めるためには、徹底的にクルマらしさをなくすことが必要だと感じていたからなんですって。

本来クルマメーカーなら、優れたメカの部分を訴求していこうとするのが当然。にもかかわらず、クルマらしさをなくす、そう決断したのには、本気で女性目線を採りいれたいと決断したからなんですね。実際、ターゲット層のモニターと繰り返し意見交換を行ったことによって、一応女性として生きている私も、すっかりリラックスできちゃうモデルに仕上がっています。

上級モデル「ココアプラス」の外観は、シルバーのドアアウターハンドルが採用されるほか、マルチリフレクターハロゲンフォグランプ、ドアミラーターンランプ、さらにシルバールーフレールが備わり、よりアクティブな印象に。
ダイハツ・ミラ ココアX(FF/CVT)/プラスG(FF/CVT)【試乗速報】

また、今回の取材では、開発陣からの率直な意見を聞けたことも、大きな収穫でした。
ダイハツにはミラココア同様、オシャレ路線を狙った「ムーブラテ」という女性向けモデルがありました。そのぬいぐるみ然とした愛玩系モデルに対して、「男性から見た女性らしさ、かわいらしくあって欲しいといった願望も入って、少し行き過ぎた感が残る」といった発言も飛び出し、「ダイハツは変わった!」と思い、ハッとさせられました。
自分がクルマと関わる仕事をしていても感じるのですが、女性にとってクルマは、洋服や化粧品などと比べると、構造も複雑だし、とっつきにくいモノなんですよ。そういう女性の気持ちを汲みつつ、彼女たちの好みを聞き出し、これまでとは違うアプローチで開発したというところに、ダイハツの本気を見た気がしました。

女性にとってクルマは、あらゆるシーンで、さりげなくサポートしてくれる相棒。だからこそ、あまり個性を主張したものではなく、自然体で付き合えるクルマがいいですよね。

(文=スーザン史子/写真=荒川正幸/撮影協力=東京ドイツ村)

関連キーワード:
ミラココアダイハツ試乗記

あなたにおすすめの記事