第38回:金塊を狙え! 大阪のイケメン強盗団が銀行を襲う
『黄金を抱いて翔べ』

2012.10.29 エッセイ

第38回:金塊を狙え! 大阪のイケメン強盗団が銀行を襲う『黄金を抱いて翔べ』

高村薫はクルマ好き?

38回目にして、初めて日本映画を取り上げる。これまでも紹介したい気持ちはあったのだが、クルマが重要な役どころを持つ作品がなかなか見つからなかったのだ。いわゆるカーチェイスものだと、ハリウッドにはかなわない。公道で迫力あるシーンを撮影するのは、日本の撮影事情では難しいのだろう。アメリカ映画の『ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT』では、渋谷のスクランブル交差点でのドリフトシーンを撮るために、ロサンゼルスの街で撮影して渋谷の映像を合成するという方法をとっていた。

日本でも、昔は比較的自由にクルマの撮影ができた。1972年の『ヘアピン・サーカス』では、カメラを取り付けたクルマで首都高速を走りながら撮影していた。前のクルマをあおったり左から抜いたりという無法な運転を繰り返していて、明らかにゲリラ撮影だ。さらには深夜の街路で「トヨタ2000GT」と「マツダ・サバンナRX-3」がバトルを繰り広げるのだ。最後には、あろうことか2000GTはクラッシュして炎上する。今では到底不可能、というより、当時だって違法だったはずだ。

『黄金を抱いて翔べ』は、高村薫の小説が原作である。1990年に発表されたデビュー作で、第3回日本サスペンス大賞を受賞している。この作品には多くの具体的な車名が登場している。これは、わりと珍しいことなのだ。最近の小説では、“赤いクルマ”とか“白いミニバン”とかの曖昧な表現が多い。適切な車種を提示できるだけのクルマの知識がなければ、どうしてもこうなってしまう。どうやら高村氏は乗り物に造詣が深いらしく、クルマがたくさん出てくるだけでなく、鉄ちゃんが喜びそうな時刻表トリックも使っている。

(c)2012「黄金を抱いて翔べ」製作委員会
第38回:金塊を狙え! 大阪のイケメン強盗団が銀行を襲う − 『黄金を抱いて翔べ』

第38回:金塊を狙え! 大阪のイケメン強盗団が銀行を襲う − 『黄金を抱いて翔べ』
第38回:金塊を狙え! 大阪のイケメン強盗団が銀行を襲う − 『黄金を抱いて翔べ』

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。