“ハイパーEクラス”「メルセデス・ベンツE63AMG」、発売

2009.08.31 自動車ニュース

“ハイパーEクラス”「メルセデス・ベンツE63AMG」、発売

メルセデス・ベンツ日本は2009年8月31日、「メルセデス・ベンツE63AMG」を発売した。

■パワーもハイテクもてんこ盛り!

既報のとおり、2009年7月8日に日本国内で受注が始まったハイパフォーマンスモデル「メルセデス・ベンツE63AMG」が発売された。

「E63AMG」は、新型Eクラスセダンをベースに、内外装、パワートレインや足まわりなどをリファイン。「あらゆる点において高性能でアグレッシブな個性を極めた」(プレスリリース)とされるモデルだ。

大型フロントスポイラーや左右に17mm拡幅されたフロントフェンダー、リアディフューザー、デュアルツインクロームエグゾーストエンドなどで、エクステリアの迫力はボリュームアップ。インテリアも、専用デザインの本革スポーツシートやスポーツステアリングなどで、上質感とスポーティさを強調したという。
機能面でも、ワンタッチでギアが選択できる「AMGセレクターレバー」をはじめ、トランスミッション、ESP、サスペンションなどのモード切替スイッチがセンターコンソールに集中配置される(AMGドライブユニットシステム)。

ハイライトは、525psと64.2kgmを発生するメルセデスAMG社製の6.2リッターV8ユニットだ。
走行状態に応じて選べる4つのシフトモード、最適なエンジン回転数を自動制御し最大限の発進加速を実現する「レーススタート機能」といったソフト面にも支えられ、停止状態から100km/hまで4.5秒で到達。そのままリミッターが作動する最高速度250km/hへとドライバーをいざなう。
いっぽうで、エンジン内部の摩擦低減やより効率的な湿式多板式7段AT「AMGスピードシフトMCT」採用により、従来モデル比で約9%の燃費低減を実現したという。

価格は、1495.0万円。すでに約100台の受注を獲得したとのことだ。

(webCG 関)

「メルセデス・ベンツE63AMG」(写真は欧州仕様車)
「メルセデス・ベンツE63AMG」(写真は欧州仕様車)

“ハイパーEクラス”「メルセデス・ベンツE63AMG」、発売の画像

“ハイパーEクラス”「メルセデス・ベンツE63AMG」、発売の画像

“ハイパーEクラス”「メルセデス・ベンツE63AMG」、発売の画像

関連キーワード:
Eクラス セダンメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.20 試乗記 最高出力600psオーバーのターボエンジンを搭載する「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。メルセデスが送り出してきたミッドサイズセダンの中で最速とされる、高性能モデルの走りを報告する。
  • メルセデス・ベンツE350eアバンギャルド スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2017.12.1 試乗記 「メルセデス・ベンツEクラス」のバリエーションがまたひとつ広がった。Eクラス初となるプラグインハイブリッド車「E350eアバンギャルド スポーツ」のパワーユニットは2リッター直4ターボ+モーター。その走りはいかなるものなのか。
  • メルセデス・ベンツS560 4MATICロング(4WD/9AT)【試乗記】 2017.10.9 試乗記 「メルセデス・ベンツSクラス」が、マイナーチェンジで最新型へとアップデート。当代随一のラグジュアリーサルーンは、新たな先進装備を得てどこまで進化したのか? フラッグシップモデルに対するゆえの厳しい目をもってテストした。
  • 「Eクラス」史上最速の「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」発売 2017.5.31 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年5月31日、「Eクラス セダン」のトップパフォーマンスモデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」を発表し、同日、販売を開始した。
  • メルセデスAMG GT Cロードスター(FR/7AT)【試乗記】 2018.2.14 試乗記 「メルセデスAMG GT」のラインナップに新たに加わった「GT C」。シリーズで最もどう猛な「GT R」と、スポーティーな「GT S」の間に投じられた“微妙な立ち位置の豪華仕様”などと高をくくってはいけない! 「ロードスター」に試乗した。
ホームへ戻る