“ハイパーEクラス”「メルセデス・ベンツE63AMG」、発売

2009.08.31 自動車ニュース

“ハイパーEクラス”「メルセデス・ベンツE63AMG」、発売

メルセデス・ベンツ日本は2009年8月31日、「メルセデス・ベンツE63AMG」を発売した。

■パワーもハイテクもてんこ盛り!

既報のとおり、2009年7月8日に日本国内で受注が始まったハイパフォーマンスモデル「メルセデス・ベンツE63AMG」が発売された。

「E63AMG」は、新型Eクラスセダンをベースに、内外装、パワートレインや足まわりなどをリファイン。「あらゆる点において高性能でアグレッシブな個性を極めた」(プレスリリース)とされるモデルだ。

大型フロントスポイラーや左右に17mm拡幅されたフロントフェンダー、リアディフューザー、デュアルツインクロームエグゾーストエンドなどで、エクステリアの迫力はボリュームアップ。インテリアも、専用デザインの本革スポーツシートやスポーツステアリングなどで、上質感とスポーティさを強調したという。
機能面でも、ワンタッチでギアが選択できる「AMGセレクターレバー」をはじめ、トランスミッション、ESP、サスペンションなどのモード切替スイッチがセンターコンソールに集中配置される(AMGドライブユニットシステム)。

ハイライトは、525psと64.2kgmを発生するメルセデスAMG社製の6.2リッターV8ユニットだ。
走行状態に応じて選べる4つのシフトモード、最適なエンジン回転数を自動制御し最大限の発進加速を実現する「レーススタート機能」といったソフト面にも支えられ、停止状態から100km/hまで4.5秒で到達。そのままリミッターが作動する最高速度250km/hへとドライバーをいざなう。
いっぽうで、エンジン内部の摩擦低減やより効率的な湿式多板式7段AT「AMGスピードシフトMCT」採用により、従来モデル比で約9%の燃費低減を実現したという。

価格は、1495.0万円。すでに約100台の受注を獲得したとのことだ。

(webCG 関)

「メルセデス・ベンツE63AMG」(写真は欧州仕様車)
「メルセデス・ベンツE63AMG」(写真は欧州仕様車) 拡大

“ハイパーEクラス”「メルセデス・ベンツE63AMG」、発売の画像 拡大

“ハイパーEクラス”「メルセデス・ベンツE63AMG」、発売の画像 拡大

“ハイパーEクラス”「メルセデス・ベンツE63AMG」、発売の画像 拡大

関連キーワード:
Eクラス セダンメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.11 試乗記 メルセデスのフラッグシップセダン「Sクラス」に、高効率を追求した直6エンジン搭載モデル「S450」が登場。試乗してみると、その走りは意外なほど、運転好きなドライバーを満足させてくれる楽しみに満ちたものだった。
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ/S560 4MATICロング【試乗記】 2018.3.27 試乗記 話題の新型直列6気筒エンジンを搭載する「メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ」に試乗。20年ぶりに帰ってきた直6は、ISGと48V電気システムという新機軸を得て、懐かしくも新しい仕上がりを誇っていた。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
  • アストンマーティンDB11 V8(FR/8AT)【試乗記】 2018.3.26 試乗記 アストンマーティンの主力モデル「DB11」に仲間入りした、V8エンジン搭載車に試乗。メルセデスAMGの手になるパワーユニットを与えられた新型は、この英国ブランドの将来性を感じさせるエネルギーに満ちあふれていた。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【海外試乗記】 2018.4.16 試乗記 スタイルも中身も一新! 攻めのデザインをまとって登場した、新型「アストンマーティン・ヴァンテージ」。アストンきってのリアルスポーツは、どれほどの走りを見せるのか? ポルトガル・アルガルベサーキットで、その実力を解き放った。
ホームへ戻る