第12戦ベルギーGP決勝結果【F1 09 速報】

2009.08.30 自動車ニュース

【F1 09 速報】第12戦ベルギーGP、ライコネン今季初優勝、フィジケラ大健闘の2位

F1世界選手権第12戦ベルギーGP決勝が、2009年8月30日、ベルギーのスパ・フランコルシャン・サーキット(7.004km)を44周して行われた。

全17戦切っての高速コースで、意外な顔ぶれが表彰台に並んだ。優勝は、フェラーリのキミ・ライコネンで今季初勝利。2位にはなんと、フォースインディア・メルセデスを駆るベテラン、ジャンカルロ・フィジケラが入った。フィジケラはチーム初、自身4度目のポールポジションから、終始トップの真後ろでプレッシャーをかけ続け、チーム最高位のままレースを走り切った。

3位はレッドブル・ルノーのセバスチャン・ベッテル。タイトルを争うライバルが下位に沈み、またノーポイントに終わり、ベッテルは開いた点差を詰めることに成功した。

BMWザウバーは今季最高のパフォーマンスを披露し、4位ロバート・クビサ、5位ニック・ハイドフェルドとダブル入賞。マクラーレン・メルセデスのヘイキ・コバライネン6位、前戦ウィナー、ブラウン・メルセデスのルーベンス・バリケロはスタートでの躓きが響き7位、ウィリアムズ・トヨタのニコ・ロズベルグが8位でフィニッシュしポイントを手にした。

以下、9位マーク・ウェバー(レッドブル)、10位ティモ・グロック(トヨタ)、11位エイドリアン・スーティル(フォースインディア)、12位セバスチャン・ブエミ(トロロッソ・フェラーリ)、13位中嶋一貴(ウィリアムズ)、14位ルカ・バドエル(フェラーリ)が完走した。

ポイントリーダーのジェンソン・バトンはグリッド後方14位からスタートし、オープニングラップでクラッシュの混乱に巻き込まれ今年初の無得点。よってポイントは72点のままだ。ランキング2位のバリケロは7位入賞で2点稼ぎ56点、3位ベッテルはバトンとのギャップを19点差に詰めた。
コンストラクターズ選手権では、128点を獲得している1位ブラウンと2位レッドブルの間には23.5点の差、3位フェラーリは56点、4位マクラーレンは44点を集めている。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。