第106回:流浪のミニカーを持って、名デザイナー・フィオラヴァンティ氏を訪ねる!

2009.08.29 エッセイ

第106回:流浪のミニカーを持って、名デザイナー・フィオラヴァンティ氏を訪ねる!

マッチボックス

13年前のことである。イタリアに住むことを決めたボクは、持ち物の整理を決意した。家財道具はリサイクルショップに引き取ってもらったが、それでも留学資金が足りない。そこで子供時代から貯めてきたクルマのカタログを手放すことにした。「初代トヨタ・センチュリー」「マツダ・ロードペーサー」「シトロエン2CVの最終モデル」といった珍品カタログも、涙をのんで放出した。

次に手放すことにしたのはミニカーだった。幼稚園時代に遊んだ英国製の「マッチボックス」である。
マッチボックスについて説明すると、1970年代前半まで日本における輸入ミニカーの代表的存在だった。当時デパートのおもちゃ売り場には必ず、トミカとともにマッチボックスのショーケースが備えられていたものだ。

最盛期には、テレビコマーシャルまで流れていたのを覚えている。「ボクらのクルマだ、お友達〜世界のクルマを集めよう!」という歌詞だった気がする。「世界のクルマ」というところは、国産車中心のトミカとの差異を強調したかったのだろう。

幼稚園時代から持っていた、マッチボックスのオリジナルケース。
幼稚園時代から持っていた、マッチボックスのオリジナルケース。
裏には、当時モーターショーでもらったテレビ「スパイ大作戦」のステッカーが。
裏には、当時モーターショーでもらったテレビ「スパイ大作戦」のステッカーが。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。