【スペック】全長×全幅×全高=3710×1665×1490mm/ホイールベース=2450mm/車重=870kg/駆動方式=FF/1リッター直3DOHC12バルブ(69ps/6000rpm、8.8kgm/5000rpm)/燃費=27.2km/リッター(JC08モード)/価格=118万8000円(テスト車=同じ)

三菱ミラージュM(FF/CVT)【試乗記】

効率、実用、その次は? 2012.10.31 試乗記 三菱ミラージュM(FF/CVT)
……118万8000円

低燃費と低価格が自慢の新型「ミラージュ」。効率を極めたコンパクトカーが、次に目指すべきはなに? 湘南の海沿いを走りながら考えた。

軽量化はすべてに勝る

「先行販売しているタイでは、大変好調でして……」と、インタビューさせてもらったエンジニアの方は顔をほころばせた。近年、いまひとつ景気のいい話に欠ける三菱自動車にとって、新工場を作ってまで生産を海外に移した新型コンパクトカーの売れ行きは、大いに気になるところだったろう。久方ぶりに車名が復活した「三菱ミラージュ」のことである。

かの地のモータリゼーションは、ちょうど庶民が最初の1台を購入する段階にあるそうで、その熱気たるや、想像に難くない。ちょっとおもしろいのは、ユーザーレベルではまだまだ「環境より走り」のようだが、今後の国内所有台数爆発を見越した政府が、「リーズナブルなコストで提供される燃費のよさ」を強く求めたことだ。「ハイブリッドはまだ早いけど、なんとかエネルギーの消費量を抑えなきゃ」という、国としての切実な事情がある。

そのために三菱がとった手段は、ボディーの軽量化。「エンジンとモーターの併用」「燃費向上のための過給機搭載」「高速巡航時のエンジン休止」……といったさまざまな新機軸を尻目に、「なぁ〜んだ」な回答である。コルトと比較して、ボディーを小型化。イチから設計した骨格には、高張力鋼板が多用された。クルマの性能向上の手段として、「軽量化はすべてに勝る」というわけだ。

さらに興味深いのは、東南アジアを中心とした新興国向けには、1.2リッターエンジンが提供され、日本、欧州といった先進諸国には、アイドリングストップ機能を備えた1リッターモデルが広告塔になるということ。

クルマの本格普及はこれからの国でも、「リッターカーのマニュアルで我慢しろ!」と押しつけるわけにいかず、一方、自動車社会が成熟した国には、「これだけやってます!」と努力をアピールしないといけないわけだ。「環境問題の偽善性」というと角が立つが、今回のミラージュの例は、商品としての自動車の難しさと、クルマという存在のおもしろさを、端的に表していると思う。

グレードは全3種。廉価な方から「E」「M」「G」となる。価格は99万8000円〜128万8000円。
三菱ミラージュM(FF/CVT)【短評】
インパネの造形はシンプル。ピアノブラック調センターパネルを採用し、上質感を演出する。
三菱ミラージュM(FF/CVT)【短評】
スピードメーターの右側に「ECOドライブアシスト」メーターを配置。“燃費運転”のレベルに応じてランプが点灯する。
三菱ミラージュM(FF/CVT)【短評】
スポーティーな大型のルーフスポイラーが目を引く。「M」と「G」グレードで標準装備。
三菱ミラージュM(FF/CVT)【短評】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ミラージュの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱ミラージュG(FF/CVT)【試乗記】 2016.2.13 試乗記 三菱の世界戦略を支えるコンパクトカー「ミラージュ」がマイナーチェンジ。上級グレード「G」の試乗を通して、世界93カ国で販売されるグローバルプロダクトの進化の度合いと、日本市場におけるライバルに対するアドバンテージを確かめた。
  • 三菱ミラージュ1.2G(FF/CVT)【試乗記】 2015.2.6 試乗記 三菱のコンパクトカー「ミラージュ」に、1.2リッターエンジンを搭載した新グレードが登場。試乗を通して、日本で求められるコンパクトカーのあり方を考えた。
  • スズキ・バレーノXT(FF/6AT)/バレーノXG(FF/CVT)【試乗記】 2016.4.14 試乗記 スズキの新型Bセグメントコンパクト「バレーノ」がいよいよ日本でも発売された。インドで生産され、スズキの“お膝元”へと輸出される新しいグローバルカーの出来栄えやいかに? 運動性能と快適性を中心に、その実力を確かめた。
  • 顔立ち一新、三菱ミラージュがマイナーチェンジ 2015.12.18 自動車ニュース 三菱がコンパクトカー「ミラージュ」をマイナーチェンジし、2016年1月14日に発売する。改良の内容は転支援システム「e-Assist」の採用や内外装デザインの変更など、装備の強化と内外装の質感の向上が主となっている。価格は138万240円~148万5000円。
  • スズキ、「バレーノ」に装備充実の「XS」グレードを設定 2016.11.17 自動車ニュース スズキは2016年11月17日、小型乗用車「バレーノ」に新グレード「XS」を設定し、販売を開始した。エクステリアにディスチャージヘッドランプやアルミホイール、室内装備にはフルオートエアコン、助手席シートヒーターなどが採用されている。
ホームへ戻る