【スペック】全長×全幅×全高=4775×1820×1605mm/ホイールベース=2745mm/車重=1580kg/駆動方式=4WD/3.6リッター水平対向6DOHC24バルブ(260ps/6000rpm、34.2kgm/4400rpm)/価格=346万5000円(テスト車=392万1750円)

スバル・レガシィアウトバック3.6R(4WD/5AT)【ブリーフテスト】

スバル・レガシィアウトバック3.6R(4WD/5AT) 2009.08.28 試乗記 ……392万1750円
総合評価……★★★★

「ツーリングワゴン」「B4」と同時に全面改良を受けたクロスオーバーモデル「アウトバック」。プラットフォームが一新された新型の実力は? 国産唯一の水平対向6気筒エンジンを搭載する3.6リッターモデルを試した。

アメリカにジェラシー

レガシィというと、真っ先に思い浮かぶのは「ツーリングワゴン」だけれど、それはあくまで日本での話であって、日本の倍以上を販売する北米では「アウトバック」が圧倒的な人気を誇る。日本と北米を合わせても、アウトバックの販売台数が半数以上を占めるという。ちなみに、北米市場にツーリングワゴンはない。

好き嫌いはともかく、今度のレガシィで一番サマになっているのはアウトバックだと私は思うのだが、これはスバルの狙い通りなのだろう。“クロスオーバー”のパイオニアとして、アメリカでは根強い人気を誇るアウトバックを、これまで以上に押し出しが強く、存在感の高いモデルにしたい……。そんなデザイナーの意図が伝わってくるスタイリングだ。

それだけに、海の向こうのお得意様にはウケは良さそうだし、走りやパッケージングも余裕十分なのだが、一方、日本で使うには、やはりサイズはもう少しコンパクトなほうがいいし、エンジンもここまで贅沢である必要はない。これをゆとりと見るか、過剰と取るかは人それぞれだと思うが、アウトバックを含め、アメリカ色を強めたレガシィに戸惑いを覚えるのは、おそらく私だけではないだろう。クルマの出来がいいだけに、アメリカにレガシィを奪われた“嫉妬心”が、そんな思いにさせるのかもしれないが。

先代アウトバックと比べ、ボディは全長が45mm、全幅は50mm、全高は85mm大きくなった。
先代アウトバックと比べ、ボディは全長が45mm、全幅は50mm、全高は85mm大きくなった。
静粛性が向上したキャビン。エンジンは低回転域から力強いトルクを発生し、全体に静かな印象。
静粛性が向上したキャビン。エンジンは低回転域から力強いトルクを発生し、全体に静かな印象。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レガシィアウトバックの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【試乗記】NEW 2017.1.20 試乗記 クロスオーバーモデルの「スバルXVハイブリッド」をベースに、STIが独自の改良を施したコンプリートカー「XVハイブリッドtS」。ちょいワル&ポップなスタイリングとSTIならではのチューニングが織り成す魅力をリポートする。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【試乗記】 2017.1.18 試乗記 スバルのスポーツセダン「WRX S4」をベースに開発された、期間限定発売のコンプリートカー「WRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE」に試乗。STIのスペシャルチューンがもたらす走りの質を、じっくりと確かめた。
  • スバル・フォレスター2.0XT EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.1.11 試乗記 安全装備の強化や運動性能の向上、快適性の改善など、スバルのミドルサイズSUV「フォレスター」が大幅な改良を受けた。進化を遂げた現行モデルの実力を、280psを発生する直噴ターボエンジンを搭載した最上級グレード「2.0XT EyeSight」で確かめた。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
  • 「スバルAWDオールラインナップ雪上試乗会」の会場から 2016.2.15 画像・写真 2016年2月上旬、北海道千歳市にある新千歳モーターランドを拠点に、報道関係者向けの「スバルAWDオールラインナップ雪上試乗会」が開催された。会場に並んだ、さまざまなスバル車の走りと技術的ハイライトを、写真とともにリポートする。
ホームへ戻る