「レクサスGS」カーナビ機能と安全性を向上

2009.08.27 自動車ニュース

「レクサスGS」カーナビ機能と安全性を向上

トヨタ自動車は、「レクサスGS」の装備を変更するなど一部改良を施し、2009年9月14日に発売する。

今回の変更では、「GS」シリーズ全車に標準装備されるカーナビに、通信で地図の更新ができる「マップオンデマンド」機能と地上デジタルTVチューナーが追加された。さらに、携帯型オーディオプレーヤーを接続するUSB端子をコンソールボックス内に設置し、利便性が高められた。
衝突時のむち打ち傷害軽減に寄与するアクティブヘッドレストが前席に標準装備され、安全性の向上も図られた。

同時にハイブリッド車の「GS450h」では、18インチアルミホイールのデザインを変更。さらにフロントグリル、リアコンビネーションランプにハイブリッド車専用の意匠を採用し、インテリアには専用色のシートが与えられた。
ボディカラーには新色3色が加わり、セミアニリン本革・本革のシート色にはブラックを追加。内装色のアイボリーは、より明るくなった。

価格は552.0万円から797.0万円で、すべてのグレードで10.0万円の値上げとなる。

(webCG 本諏訪)

関連キーワード:
GSレクサス自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • レクサスLS500h“Fスポーツ”(FR/CVT)【試乗記】 2018.3.6 試乗記 エモーショナルな走りをテーマに掲げ、新たなプラットフォームを基に開発された新型「レクサスLS」。ハイブリッドのスポーティーモデルに乗ってみると、トヨタがこのクルマに込めた並々ならぬ意欲が伝わってきた。
ホームへ戻る