「メルセデス・ベンツ Cクラス」が、より環境に優しく

2009.08.27 自動車ニュース

「メルセデス・ベンツ Cクラス」が、より環境に優しく

メルセデス・ベンツ日本は、「Cクラス」のセダンおよびステーションワゴンの装備を一部見直し、2009年8月25日に発売した。

■エンジン変更で値下げも

今回の目玉となるトピックは、「C250アバンギャルド/ステーションワゴンアバンギャルド」のエンジンが2.5リッターV6から直噴ターボの1.8リッター直4に変更されたこと。従来型に比べ、同等の最高出力と20%増しの最大トルクを得ながら、燃費値は20%向上したという。
車名も、「C250CGIブルーエフィシェンシーアバンギャルド/CGIブルーエフィシェンシーステーションワゴンアバンギャルド」へと改められ、価格は23万円引き下げられた。

同社の最新環境対応テクノロジー「ブルーエフィシェンシー」が適用されたのもニュース。全モデルのドアミラーが、空気抵抗の低い形状に改められ、可動式フィンで空気抵抗を下げる「ラジエターブラインド」や、動作をロスを低減するオルタネータおよびパワーステアリングポンプなどが一部グレードに採用された。

装備面では、日本仕様車専用に開発したという8ウェイパワーシートを「C200コンプレッサーエレガンス」「C200コンプレッサーアバンギャルド」に、電動ランバーサポートを「C63AMG」に付与。さらに、iPodなどの外部オーディオを接続できるメディアインターフェースや、「C63AMG」だけに備わっていたキーレスゴー機能が全車に標準化された。

ラインナップの見直しも図られ、「C300アバンギャルドS」は、標準で備わっていたAMGスポーツパッケージがオプション扱いとなり(価格は63万円ダウン)「C300アバンギャルド」に名称変更。そのワゴン版、「C300ステーションワゴンアバンギャルド」が新たに設定された。

価格は、以下のとおり。

・C200コンプレッサー(右ハンドル):440.0万円
・C200コンプレッサーエレガンス(右ハンドル):485.0万円
・C200コンプレッサーアバンギャルド(右ハンドル):492.0万円
・C250CGIブルーエフィシェンシーアバンギャルド(右ハンドル):567.0万円
・C300アバンギャルド(左/右ハンドル):630.0万円
・C63AMG(左/右ハンドル):1060.0万円

・C200コンプレッサーステーションワゴン(右ハンドル):460.0万円
・C200コンプレッサーステーションワゴンエレガンス(右ハンドル):505.0万円
・C200コンプレッサーステーションワゴンアバンギャルド(右ハンドル):513.0万円
・C250CGIブルーエフィシェンシーステーションワゴンアバンギャルド(右ハンドル):587.0万円
・C300ステーションワゴンアバンギャルド(右ハンドル):650.0万円
・C63AMGステーションワゴン(右ハンドル):1080.0万円

(webCG 関)

「C200コンプレッサーアバンギャルド」
「C200コンプレッサーアバンギャルド」

関連キーワード:
Cクラス セダンCクラス ステーションワゴンメルセデス・ベンツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • メルセデス・ベンツC350eアバンギャルド(FR/7AT)【試乗記】 2016.2.8 試乗記 メルセデス・ベンツのコンパクトセダン「Cクラス」に、プラグインハイブリッドモデル「C350eアバンギャルド」が登場。EVモードの使い勝手やパワートレインの感触を含めた、走りの印象を報告する。
  • ロータス・エキシージ スポーツ380(MR/6MT)【試乗記】 2018.2.1 試乗記 ロータスの製品群の中でも、より走りを突き詰めた「エキシージ」が“380”に進化。より強力になった3.5リッターV6スーパーチャージドエンジンと、さらなる軽量化が図られたボディー、それに合わせて最適化の図られた足まわりが織り成す走りに触れた。
  • BMW X3 xDrive20d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.31 試乗記 見た目はキープコンセプトながら、多くの先進機能を携えて登場した3代目「BMW X3」に試乗。そのライバル車に対するアドバンテージはどこにあるのか。内外装の出来栄えや、走行性能をチェックした。
  • マセラティ・クアトロポルテS グランスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2018.2.22 試乗記 マセラティのフラッグシップサルーンである「クアトロポルテ」。2018年モデルでは、3リッターV6エンジンが最新スペックにアップデートされたほか、先進運転支援システムが充実した。「クアトロポルテS グランスポーツ」のステアリングを握った。
  • 第78回:それでもスーパーカーは男の夢 2018.2.20 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第78回は「それでもスーパーカーは男の夢」。「MJ戦略参謀本部」放談、第6弾。スバリスト2名を含む個性派カーマニアたちが、今、欲しい中古車ベスト3を発表! 彼らは、中古車に何を求めるのか!?
ホームへ戻る