「ポルシェ911GT3 RS」、3.8リッター化で450psに

2009.08.26 自動車ニュース

「ポルシェ911GT3 RS」、3.8リッター化で450psに

独ポルシェAGは、「ポルシェ911GT3 RS」にマイナーチェンジを実施。2010年1月に発売すると発表した。

「ポルシェ911GT3 RS」は、911シリーズのハードコアモデル「GT3」をベースに、エンジンパワーの増強やボディの軽量化など、モータースポーツへの参加を視野に入れたスペシャルチューンを施したモデルだ。

今回、他911シリーズと同様に、マイナーチェンジが施される。そのハイライトは、GT3と同様に、エンジンの排気量が3.6リッターから3.8リッターに拡大されること。
結果、出力はベースモデルのGT3(435ps)比で15psアップ、従来型のGT3 RS(415ps)比で35psアップの、450psに。自然吸気型ユニットにして1リッターあたり118psの出力は、「世界中の並みいるライバルを凌駕するスペックであり、しかも日常使いできる点にアドバンテージがある」とアピールされる。

組み合わされるトランスミッションは、伝統的な6段MT。ただし、ギアの味付けはより加速型になり、シフトトラベルも短くなる。

走りをソフト面で支える電子制御サスペンション(PASM)も専用のセッティングとなるほか、エンジンマウントのクッション性を走行条件により変化させる「ダイナミックエンジンマウント」も採用。スポーツ走行時の動力性能を向上させるという。

外観では、新しくなったカーボン製の大型リアウイングが特徴。太くなった19インチタイヤ(フロント245/35、リア325/30)に合わせ、ボディそのものもよりワイドに。リアエンドには、“超軽量”を謳うチタン製のセンターマフラーが顔をのぞかせる。

そんな新型「GT3 RS」、2010年1月、本国ドイツを皮切りに12万2400ユーロ(邦貨にして約1640万円)で発売される見通し。

(webCG 関)

新型「ポルシェ911GT3 RS」
新型「ポルシェ911GT3 RS」
リアには、カーボン製の大型ウイングがそそり立つ。なお、支柱はアルミ製。
リアには、カーボン製の大型ウイングがそそり立つ。なお、支柱はアルミ製。
ロールケージが張り巡らされたインテリア。見た目はサーキット仕様車でありながら、日常ユースも考慮されているとのこと。
ロールケージが張り巡らされたインテリア。見た目はサーキット仕様車でありながら、日常ユースも考慮されているとのこと。

「ポルシェ911GT3 RS」、3.8リッター化で450psにの画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アウディRS 5クーペ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.24 試乗記 アウディが誇る高性能スポーツクーペ「RS 5クーペ」が2代目にモデルチェンジ。新世代のプラットフォームに新世代のダウンサイジングターボエンジンを搭載した新型の出来栄えを、南仏のオートルートおよびワインディングロードで試した。
  • ポルシェ718ケイマン(MR/6MT)【試乗記】 2016.12.19 試乗記 新開発の2リッター4気筒ターボエンジンを搭載する、ポルシェのスポーツカー「718ケイマン」。ワインディングロードや高速道路を走らせてみると、これまでの6気筒モデルとは違った走りのよさが見えてきた。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.19 試乗記 ポルシェの4ドアサルーン「パナメーラ」が、新プラットフォームや新エンジンなど、数多くの新技術を引っさげて2代目へと進化。低環境負荷と高い動力性能を両立したとされる新型の魅力を、箱根のワインディングロードで探った。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
ホームへ戻る