【スペック】全長×全幅×全高=4950×1970×1915mm/ホイールベース=2850mm/車重=2720kg/駆動方式=4WD/4.6リッターV8DOHC32バルブ(318ps/5600rpm、46.9kgm/3400rpm)/価格=690万円(テスト車=758万400円)

トヨタ・ランドクルーザー ZX(4WD/6AT)【試乗記】

日本代表 2009.08.26 試乗記 トヨタ・ランドクルーザーZX(4WD/6AT)
……758万400円

オプションを含めると、750万円オーバー! そんな「ランクル」の最上級仕様を、高いと感じなかった理由とは?

もしも荒野に挑むなら――

フルモデルチェンジから約2年、ランクル200系のマイナーチェンジを機に追加設定された最上級グレード「トヨタ・ランドクルーザーZX」の価格は690万円。プリクラッシュセーフティシステムその他のオプション込みだと758万400円。結構いいお値段ですね。日本における同価格帯のライバルが、パパパッと頭に浮かぶ。

イギリス代表が「ディスカバリー3 4.4」(759万円)、ドイツ代表は「メルセデス・ベンツMクラス 3.5」(735万円)がいいかと思ったけれど、日本には3列シート仕様が入ってこないので「アウディQ7 3.6」(736万円)、アメリカ代表が「キャデラックSRX 3.6スポーツ」(705万円)か。

これはかなりすごいメンツだ。来年のサッカー南アフリカW杯のグループリーグが「日本・ドイツ・イギリス・アメリカ」という組み分けになったら大変だけど、それと同じくらいの強敵が揃った。でも、もしこの4台から1台を選んで、野生の肉食獣や盗賊が潜む荒野を何千kmも走らなければいけなくなったら……。自分だったら、間違いなく「ランドクルーザー ZX」を選ぶ。いざという時に信頼できるのは、アフリカでも中東でもロシアでも抜群の実績を誇るランクルだ。

1954年のデビュー以来、長年かけて築き上げた“ランクル神話”の威力は絶大。もしかすると、最もブランド力の高い日本車かもしれない。そして「荒野を何千km」ではなく、銀座にお買い物に行く時にも「ランクル ZX」を選ぶかもしれないと思うのは、キメの細かいエンジンの手触りがお上品だったからだ。

20インチの大径ホイールやチルト&スライド電動ムーンルーフ、18スピーカーのサウンドシステム付きHDDナビなどを標準装備する「ZX」は、本年4月のマイチェンを機に設定された「ランドクルーザー」シリーズの最上級仕様。
トヨタ・ランドクルーザー ZX(4WD/6AT)【短評】
大人にはちょっと狭い、3列目シートの居住空間。なお、リポーターの身長は180cm。
トヨタ・ランドクルーザー ZX(4WD/6AT)【短評】
【試乗車のオプション装備】
ボディカラー(ホワイトパールクリスタルシャイン)=3万1500円/ヘッドランプクリーナー=1万500円/プリクラッシュセーフティシステム=24万1500円/パワーバックドア+セミパワー跳ね上げ機能付きサードシート=10万5000円/クールボックス=6万8250円/リアシートエンターテイメントシステム=14万3850円/リモートセキュリティシステム=6万3000円/寒冷地仕様+リアフォグランプ=1万6800円
トヨタ・ランドクルーザー ZX(4WD/6AT)【短評】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ランドクルーザーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る