【スペック】全長×全幅×全高=4210×1790×1495mm/ホイールベース=2575mm/車重=1400kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブターボ・インタークーラー付き(211ps/5300-6200rpm、28.6kgm/1700-5200rpm)/価格=366万円(テスト車=395万4000円/HDDナビゲーションシステム「RNS 510」+MEDIA-IN&ETC+リアビューカメラ=29万4000円)

フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗速報】

一家に一台 2009.08.25 試乗記 フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)
……395万4000円

先代モデルでも完成の域にあると思われた「ゴルフGTI」は、モデルチェンジでどのような進化を遂げたのか?

優等生の憂鬱と矜持

6代目の「フォルクスワーゲン・ゴルフ」に「GTI」が追加されると聞いて「おおっ!!」と色めきだつクルマ好きは、実はそれほど多くないと推測する。みなさん、「あっそう」とか「そりゃそうだろう」と冷静に受け止めるのではないか。1970年代、80年代ならいざ知らず、いまやゴルフシリーズにGTIがラインナップされるのはあたりまえ。日清カップヌードルにカレー味があるのと同じで、特に新鮮な出来事ではない。
先代を例にとれば、日本におけるゴルフの販売台数の約4分の1がGTI。特別なモデルというよりは、ひとつの車種といってもいいかもしれない。

そして何世代かのGTIにふれてきた身としては、「ゴルフGTI」はいいクルマに決まっているという思い込みがある。いつの時代もゴルフGTIは優等生。英数国理社体美の7科目のうち、「5」が4つで「4」が3つぐらいの成績を安定して残してきた。だから新しいゴルフのGTIにも、それぐらいの成績が当然のように期待される。

でも、そんなクルマを作るのはかなり大変だ。「5」と「4」で揃えるのがフツー、もしひとつでも「3」なんか取ろうものなら晩ゴハン抜きだ。いっそのこと、髪を染めて学ランのボタンを3つ開けるぐらいのイメチェンを図るほうが話は簡単かもしれない。けれども、「新型ゴルフGTI」はそういった奇策に逃げずに、あくまで文武両道の優等生で勝負している。

劇的な変化をしていないという意味では、地味な“鉄板”のモデルチェンジだという言いかたもできる。そこがツマランという意見もあるかもしれないけれど、「新型ゴルフGTI」が「5」の数を確実にひとつ増やしているのは間違いない。そして、実はそっちのほうが「オール3」から3科目を「5」にすることより難しいのではないだろうか。あえて難易度の高い正攻法を貫き、結果を残した。それが新型ゴルフGTIを試乗しての感想だ。

フロントシートはGTI専用のスポーツシート。GTI伝統のチェック柄を用いたファブリック地のほか、オプションでレザーシートが用意される。
フロントシートはGTI専用のスポーツシート。GTI伝統のチェック柄を用いたファブリック地のほか、オプションでレザーシートが用意される。
電子制御式ディファレンシャルロック“XDS”の搭載で、ハンドリングは敏捷性と安定性の両方を獲得。EDS(エレクトロニック・ディファレンシャルロック・システム)とともに、ESP(エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)をもとにしたシステム。
電子制御式ディファレンシャルロック“XDS”の搭載で、ハンドリングは敏捷性と安定性の両方を獲得。EDS(エレクトロニック・ディファレンシャルロック・システム)とともに、ESP(エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)をもとにしたシステム。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ゴルフの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ ストリートエディション(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.8 試乗記 「GTI」シリーズの誕生40周年を祝う限定モデル「フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ」に、第2弾となる「ストリートエディション」が登場。エンジンやドライブトレインなど、各所に施された独自のチューニングが織り成す走りを試した。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ トラックエディション(FF/6AT)【試乗記】 2016.7.12 試乗記 “GTI”の誕生40周年を祝うアニバーサリーモデルとして、パフォーマンスを突き詰めた「フォルクスワーゲン・ゴルフGTIクラブスポーツ トラックエディション」が登場。専用の空力パーツや電子制御LEDで武装した、限定モデルの走りを試す。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【試乗記】 2017.1.4 試乗記 「スバルBRZ」のラインナップに新たに設定された走りのグレード「GT」に試乗した。ZF製のザックスダンパーやブレンボのブレーキがおごられて操縦安定性に磨きがかかっただけでなく、フラッグシップグレードにふさわしい洗練をも手にしていた。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
ホームへ戻る