第105回:「トヨタiQ」でイークー!? 欧州導入1年、あれからどうヨ?

2009.08.22 エッセイ

第105回:「トヨタiQ」でイークー!? 欧州導入1年、あれからどうヨ?

スマート大国に切り込んで……

思えば、去年夏のことだった。イタリアの大都市で、奇妙な“ゲリラ戦”が展開されていた。
“実行部隊”は、「スマート・フォーツー」を発見するたび、ドアミラーにヒモつきのオーナメントを勝手にぶら下げて逃走。スマート以外のクルマが路上駐車していると、ノーズから巻尺で全長を測り、2985mmの位置にステッカーを貼って立ち去るというものだった。

彼らの正体は、トヨタが派遣したプロモーション部隊である。前者のオーナメントには、「キミが夢見た、あと2席」、後者のステッカーには「トヨタiQ(の全長)は、ここまで」とプリントされていた。
そう、世界で2番めにスマートが売れている国イタリアにおける、トヨタiQの発売告知パフォーマンスだったのである。

あれから1年。イタリアやフランスでiQはどうヨ? というのが今回のお題だ。
正直なところ、見かけるチャンスは、いまだ「大都市偏重型」である。ボクが住むシエナのような県庁所在地レベルだと、1週間に一度見るか? といったところだ。

統計を見てみよう。2009年5月のイタリアにおける引き渡し台数は648台である。シティカークラスでは、「スズキ・スイフト」の798台より少なく、起亜のスモールカー「ピカント」の594台よりも多いというポジションだ。
「ルノー・トゥインゴ」(446台)より売れているが、2000台ペースで売れているスマートには遠く及ばない。

イタリアのトヨタディーラーで、セールスマンに聞いてみた。
彼によると、最初iQに興味を示しても、最終的には「ヤリス(日本名ヴィッツ)」を買ってしまう人が多いという。
理由は価格だ。イタリアにおけるiQの1万2950ユーロ(MT車)は、ヤリスの1.3リッターモデルが買える値段なのである。
iQとヤリスの間に位置する「アイゴ」の存在もある。チェコにあるPSAプジョー・シトロエンとの合弁工場で製造されているリッターカーである。
このアイゴ、5ドア版も存在するうえ、驚くべきことに全グレードがiQより安い。つまり“下”のiQと価格の逆転現象が起きてしまっているのだ。トヨタ伝統ともいえる鉄の序列の中では、珍事である。

イタリアのトヨタ販売店に展示された「iQ」。
第105回:「トヨタiQ」でイークー!? 欧州導入1。あれからどうヨ?
郊外のショッピングセンターで発見。
第105回:「トヨタiQ」でイークー!? 欧州導入1。あれからどうヨ?

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。