ダイムラー、EV版「スマート」の量産計画を発表

2009.08.21 自動車ニュース

ダイムラー、「スマートEV」の量産計画を発表

独ダイムラーは、コンパクトな電気自動車「スマート・フォーツー エレクトリック ドライブ」の量産計画を発表した。

■リチウムイオン電池搭載、航続距離は115km

スマート・フォーツーのEV仕様「スマート・フォーツー エレクトリック ドライブ」(以下スマートEV)の新型が本国で発表された。初代スマートEVは、2006年のロンドンモーターショーでデビュー(関連記事)し、主に研究車両として利用されてきた。今回発表になった2世代目モデルは、量産を前提に開発されたものである。

新型では、ベース車両が現行プラットフォームに切り替わっているほか、搭載するバッテリーも新しくなった。居住スペースを浸食しないように床下に確保される電池用スペースには、これまでのニッケル水素式からリチウムイオン式に切り替わった、蓄電容量14kWhの二次電池が搭載される。

モーターは従来モデルと変わらず、最高出力40.8ps、最大トルク12.2kgmを発生する。航続距離は115km/h。0-60km/h加速=6.5秒という数値に表れているとおり、加速性能はガソリンモデルと遜色ないという。

ランニングコストは、割引料金が適用される時間帯に充電した場合、100kmあたり2ユーロ(約268円)ほどという。

2009年11月よりフランスのハンバッハの工場で生産を開始し、初期段階では限られた台数を4年/6万kmのリース契約で販売する。量産準備が整うのは2012年とのこと。

(webCG 曽宮)

 
ダイムラー、EV版「スマート」の量産計画を発表の画像
 
ダイムラー、EV版「スマート」の量産計画を発表の画像
ダイムラーによれば、ドイツの都市生活者の1日あたりの平均移動距離は30-40km。この程度の走行であれば3時間ほどで充電可能。空になっても一晩充電しておけば満充電にできるという。
ダイムラーによれば、ドイツの都市生活者の1日あたりの平均移動距離は30-40km。この程度の走行であれば3時間ほどで充電可能。空になっても一晩充電しておけば満充電にできるという。
 
ダイムラー、EV版「スマート」の量産計画を発表の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その11) 2017.3.9 画像・写真 第87回ジュネーブ国際モーターショーが2017年3月7日に開幕した。メルセデス・ベンツはAMGブランドの将来のGTカーをうかがわせる「メルセデスAMG GTコンセプト」や、「Eクラス カブリオレ」などを披露した。
  • ポルシェ・パナメーラ ターボ(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.19 試乗記 ポルシェの4ドアサルーン「パナメーラ」が、新プラットフォームや新エンジンなど、数多くの新技術を引っさげて2代目へと進化。低環境負荷と高い動力性能を両立したとされる新型の魅力を、箱根のワインディングロードで探った。
  • 青いボディーが目を引く特別な「マセラティ・グラントゥーリズモ/グランカブリオ」登場 2017.6.30 自動車ニュース マセラティ ジャパンが「グラントゥーリズモ」「グランカブリオ」の特別仕様車「60th anniversary edition」を発売。マセラティ初の量販モデル「3500GT」のデビュー60周年を記念した限定モデルで、各モデル5台ずつが販売される。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.7.5 試乗記 全長5mに迫る、ボルボの最上級クロスオーバーモデル「V90クロスカントリー」。その“GT性能”を確かめるべく、1000km超のロングドライブを敢行した。北海道から東京まで、1泊2日のグランドツーリングを通して感じた、その魅力とは?
  • メルセデス・ベンツE300クーペ スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2017.7.15 試乗記 今や4ドア車やSUVにもクーペを展開するメルセデス・ベンツだが、“メルセデスのクーペ”といえば昔からこれ、やはり「Eクラス クーペ」にとどめを刺す。中間的なグレード「E300クーペ スポーツ」に試乗し、本家本元の実力を探った。
ホームへ戻る