ダイムラー、EV版「スマート」の量産計画を発表

2009.08.21 自動車ニュース

ダイムラー、「スマートEV」の量産計画を発表

独ダイムラーは、コンパクトな電気自動車「スマート・フォーツー エレクトリック ドライブ」の量産計画を発表した。

■リチウムイオン電池搭載、航続距離は115km

スマート・フォーツーのEV仕様「スマート・フォーツー エレクトリック ドライブ」(以下スマートEV)の新型が本国で発表された。初代スマートEVは、2006年のロンドンモーターショーでデビュー(関連記事)し、主に研究車両として利用されてきた。今回発表になった2世代目モデルは、量産を前提に開発されたものである。

新型では、ベース車両が現行プラットフォームに切り替わっているほか、搭載するバッテリーも新しくなった。居住スペースを浸食しないように床下に確保される電池用スペースには、これまでのニッケル水素式からリチウムイオン式に切り替わった、蓄電容量14kWhの二次電池が搭載される。

モーターは従来モデルと変わらず、最高出力40.8ps、最大トルク12.2kgmを発生する。航続距離は115km/h。0-60km/h加速=6.5秒という数値に表れているとおり、加速性能はガソリンモデルと遜色ないという。

ランニングコストは、割引料金が適用される時間帯に充電した場合、100kmあたり2ユーロ(約268円)ほどという。

2009年11月よりフランスのハンバッハの工場で生産を開始し、初期段階では限られた台数を4年/6万kmのリース契約で販売する。量産準備が整うのは2012年とのこと。

(webCG 曽宮)

 
ダイムラー、EV版「スマート」の量産計画を発表の画像
 
ダイムラー、EV版「スマート」の量産計画を発表の画像
ダイムラーによれば、ドイツの都市生活者の1日あたりの平均移動距離は30-40km。この程度の走行であれば3時間ほどで充電可能。空になっても一晩充電しておけば満充電にできるという。
ダイムラーによれば、ドイツの都市生活者の1日あたりの平均移動距離は30-40km。この程度の走行であれば3時間ほどで充電可能。空になっても一晩充電しておけば満充電にできるという。
 
ダイムラー、EV版「スマート」の量産計画を発表の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーツー エレクトリックドライブの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ スポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.4.5 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」に優雅なルーフラインが印象的な「GLCクーペ」が登場。2.2リッターの直4ディーゼルターボエンジンを搭載した新型クロスオーバーで、春の淡雪が木々を白く染める富士の裾野を走った。
  • メルセデス・ベンツEクラス クーペ【海外試乗記】 2017.3.30 試乗記 セダン、ステーションワゴンに続き、「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」がいよいよ最新世代へとフルモデルチェンジ。W114以来の伝統を誇る、スリーポインテッドスターのミディアムクーペの実力を、スペインはカタロニアで試した。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • チュリニ峠を行く新型「アルピーヌA110」 2017.4.3 画像・写真 ジュネーブショー2017で世界初公開された新型「アルピーヌA110」。オリジナルのA110がRRだったのに対し、新生A110はMRのレイアウトを採る。モンテカルロラリーの名所、チュリニ峠を行く姿を写真で紹介する。
  • テスラ・モデルX P90D(4WD)【試乗記】 2017.4.12 試乗記 電気自動車(EV)専業メーカー・テスラのラインナップに新たに加わったSUV「モデルX」に試乗。特徴的な開き方のリアドアや、過剰ともいえるほどの動力性能など、既存のSUVとはまるで違う価値観のもとにつくられた、その魅力に迫った。
ホームへ戻る