マツダ、「CX-7」に新開発ディーゼルエンジンを搭載【フランクフルトショー09】

2009.08.20 自動車ニュース

【フランクフルトショー09】マツダ、「CX-7」に新開発ディーゼルエンジンを搭載

2009年9月15日からドイツで開かれる第63回フランクフルトモーターショー(IAA)で、マツダは、クロスオーバー「CX-7」のマイナーチェンジモデルを出展する。新しいラインナップには、新開発のディーゼルエンジン搭載モデルが追加される。

最大のトピックは、「CX-7」マイナーチェンジモデルに搭載される2.2リッター直4「MZR-CD」エンジンに、尿素水を用いた排出ガス浄化システム「SCRシステム」が採用されること。
このシステムは尿素水を触媒手前の排気管内に噴射することで、排出ガス中の窒素酸化物を無害な窒素に変えるというもの。欧州の排ガス規制である「ユーロ5」をもクリアーする性能を発揮する。

「SCRシステム」は、トラックなどの大型車に用いられることがあるものの、その大きさから乗用車への搭載例は少ない。マツダでは尿素水「AdBlue」貯蔵タンクをはじめ、システム全体の小型軽量化を実現。荷室下部に貯蔵タンクを設けるも、ガソリンモデル同じ荷室容量を確保したという。

なお、乗用車では「メルセデス・ベンツML320ブルーテック」のV6ディーゼルエンジンに採用実績があるが、日本メーカーとしては、この「CX-7」が初の採用となる。

(webCG 本諏訪)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • マツダCX-9 2015.11.19 画像・写真 マツダが米国ロサンゼルスオートショーで新型「CX-9」を発表した。同車は全長5065mmという大きさの3列シートのクロスオーバーモデルであり、新開発の2.5リッター直噴ターボ「SKYACTIV-G 2.5T」が搭載される。2016年春にデビューするニューモデルの姿を、写真で紹介する。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】  2017.3.13 試乗記 「マツダCX-5」がフルモデルチェンジ。新型は内外装を一新、G-ベクタリングコントロールなどの最新技術も新たに装備される。2.2リッターディーゼルエンジン搭載の「XD」で、春二番吹き荒れる如月(きさらぎ)の房総を走った。
  • マツダ、運転支援システムの設定を大幅に拡大 2017.3.13 自動車ニュース マツダが「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」と呼ばれる運転支援システムの設定を大幅に拡大。2017年度中に、「デミオ」「アクセラ」「アテンザ」「CX-3」「CX-5」の5モデルにおいて、標準装備化すると発表した。
  • ポルシェ・パナメーラ スポーツツーリスモ 2017.3.3 画像・写真 独ポルシェは第87回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2017年3月7日~19日)で「パナメーラ」のワゴンバリエーションである「パナメーラ スポーツツーリスモ」を発表する。その姿を画像で紹介する。
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
ホームへ戻る