マツダ、「CX-7」に新開発ディーゼルエンジンを搭載【フランクフルトショー09】

2009.08.20 自動車ニュース

【フランクフルトショー09】マツダ、「CX-7」に新開発ディーゼルエンジンを搭載

2009年9月15日からドイツで開かれる第63回フランクフルトモーターショー(IAA)で、マツダは、クロスオーバー「CX-7」のマイナーチェンジモデルを出展する。新しいラインナップには、新開発のディーゼルエンジン搭載モデルが追加される。

最大のトピックは、「CX-7」マイナーチェンジモデルに搭載される2.2リッター直4「MZR-CD」エンジンに、尿素水を用いた排出ガス浄化システム「SCRシステム」が採用されること。
このシステムは尿素水を触媒手前の排気管内に噴射することで、排出ガス中の窒素酸化物を無害な窒素に変えるというもの。欧州の排ガス規制である「ユーロ5」をもクリアーする性能を発揮する。

「SCRシステム」は、トラックなどの大型車に用いられることがあるものの、その大きさから乗用車への搭載例は少ない。マツダでは尿素水「AdBlue」貯蔵タンクをはじめ、システム全体の小型軽量化を実現。荷室下部に貯蔵タンクを設けるも、ガソリンモデル同じ荷室容量を確保したという。

なお、乗用車では「メルセデス・ベンツML320ブルーテック」のV6ディーゼルエンジンに採用実績があるが、日本メーカーとしては、この「CX-7」が初の採用となる。

(webCG 本諏訪)

関連キーワード:
CX-7マツダフランクフルトモーターショー2009イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • マツダCX-8 XD Lパッケージ 2017.9.14 画像・写真 ナッパレザーのシートや本杢(ほんもく)の装飾パネル、2列目シートのセンターコンソールボックスなどで上質感を表現。「マツダCX-8」の上級グレード「XD Lパッケージ」のディテールを、写真でリポートする。
  • マツダCX-8【開発者インタビュー】 2017.9.14 試乗記 日本におけるマツダの新しいフラッグシップSUV「CX-8」がいよいよデビューした。ミニバン市場から撤退し、未知のジャンルである3列シートSUVの開発に賭けるという決断に至った背景とは? 開発責任者の松岡英樹さんに話を伺った。
  • マツダCX-8 XDプロアクティブ 2017.9.14 画像・写真 マツダが3列シートを持つ新型SUV「CX-8」を発表した。日本におけるマツダのフラッグシップSUVであり、ミニバン市場からの撤退を発表したマツダにとって、多人数乗車のニーズを一身に担うモデルとなる。マツダ初の3列シートSUVの姿を写真で紹介する。
  • マツダが3列シートの新型SUV「CX-8」を発表 2017.9.14 自動車ニュース マツダが3列シートの新型SUV「CX-8」を発表した。国内におけるSUVラインナップの最上級モデルにあたり、パワープラントには190psまで出力を高めた2.2リッターディーゼルエンジンを採用。最上級モデルにふさわしい充実した装備も特徴となっている。
  • マツダ、「CX-8」を「東京ミッドタウン デザインタッチ2017」で展示 2017.10.13 自動車ニュース マツダは新型SUVの「CX-8」を、東京・赤坂の東京ミッドタウンで開催中の「東京ミッドタウン デザインタッチ2017」(開催期間:2016年10月13日~11月5日)で展示している。
ホームへ戻る