「トヨタiQ」に1.3リッターモデル追加 1リッターの2シーターも

2009.08.20 自動車ニュース

「トヨタiQ」に1.3リッターモデル追加 1リッターの2シーターも

トヨタ自動車は2009年8月20日、コンパクトカー「iQ」に1.3リッターの新グレードを追加、従来の1リッターモデルにも小変更を施して発売した。

■ボディそのまま、よりパワフルに

新たに追加されるのは、「130G」と「130G“レザーパッケージ”」。国内向けのiQとしては初めて1.3リッターエンジン(94ps/6000rpm、12.0kgm/4400rpm)を搭載するこちらは、「低中速域での豊かなトルクと高速域での軽快な加速を実現したモデル」だという。組み合わされるトランスミッションは、どちらも従来の1リッターモデルと同じCVTで、駆動方式はFFのみ。
燃費値のほうは10・15モードで(1リッターモデルと変わらぬ)23.0km/リッター。環境対応車普及促進税制による減税措置に適合するため、自動車取得税と自動車重量税が75%減税されるというのもセリングポイントだ。

同時に、1リッターモデルでも、ドアアームレストにポケットを追加し、100G“レザーパッケージ”の運転席の座面に高さ調節機構を与えるなど、利便性を向上。新色グレーメタリックを含む全12色のボディカラーとするなど、小変更を実施した。

価格は、1リッターモデルが140.0万円から160.0万円まで。1.3リッターモデルが160.0万円と170.0万円。

■バリエーションがさらに豊かに

さらに今回、ユーザーの個性をより反映できる「デコクレ」(=デコラトゥール・クレアトゥール)シリーズとして、スイッチパネルやクラスター類ほかをオリジナルカラーとした「100G“+”(プラス)」「100G“レザーパッケージ・+”」「130G“+”」「130G“レザーパッケージ・+”」の4モデルも、ベースモデルの3.0万円増しでリリースされた。

あわせて、1リッターモデルをベースに、リアシートを廃し荷室に割り当てた2シーターモデル「100X“2 Seater”」もラインナップに加わった。こちらの価格は、最廉価の129.0万円となっている。

(webCG 関)

「トヨタiQ 130G“レザーパッケージ”」
「トヨタiQ 130G“レザーパッケージ”」
「130G」のリアビュー。
「130G」のリアビュー。
スコーピオンレッドをアクセントとする「デコクレ」シリーズのインテリア。ほかにキャメルゴールドも選べる。
スコーピオンレッドをアクセントとする「デコクレ」シリーズのインテリア。ほかにキャメルゴールドも選べる。
乗車定員を2名と割り切った「100X“2 Seater”」の荷室部分。
乗車定員を2名と割り切った「100X“2 Seater”」の荷室部分。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • スズキ・エスクード1.4ターボ 2017.7.26 画像・写真 スズキのコンパクトSUV「エスクード」に新グレード「1.4ターボ」が登場。日本初導入の1.4リッター直4直噴ターボエンジンに加え、専用のメッキグリルなどで飾られたスポーティーなルックスも特徴とされている。同車の姿を、写真で紹介する。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU/ヴィッツ ハイブリッド ジュエラ【試乗記】 2017.2.16 試乗記 マイナーチェンジを機にハイブリッドモデルの国内販売がスタートした、トヨタのコンパクトカー「ヴィッツ」。既存の小型ハイブリッド車「アクア」とは、どんな違いがあるのだろうか。かつてアクアを所有した清水草一が、その走りや乗り心地をチェックした。
ホームへ戻る