「トヨタiQ」に1.3リッターモデル追加 1リッターの2シーターも

2009.08.20 自動車ニュース

「トヨタiQ」に1.3リッターモデル追加 1リッターの2シーターも

トヨタ自動車は2009年8月20日、コンパクトカー「iQ」に1.3リッターの新グレードを追加、従来の1リッターモデルにも小変更を施して発売した。

■ボディそのまま、よりパワフルに

新たに追加されるのは、「130G」と「130G“レザーパッケージ”」。国内向けのiQとしては初めて1.3リッターエンジン(94ps/6000rpm、12.0kgm/4400rpm)を搭載するこちらは、「低中速域での豊かなトルクと高速域での軽快な加速を実現したモデル」だという。組み合わされるトランスミッションは、どちらも従来の1リッターモデルと同じCVTで、駆動方式はFFのみ。
燃費値のほうは10・15モードで(1リッターモデルと変わらぬ)23.0km/リッター。環境対応車普及促進税制による減税措置に適合するため、自動車取得税と自動車重量税が75%減税されるというのもセリングポイントだ。

同時に、1リッターモデルでも、ドアアームレストにポケットを追加し、100G“レザーパッケージ”の運転席の座面に高さ調節機構を与えるなど、利便性を向上。新色グレーメタリックを含む全12色のボディカラーとするなど、小変更を実施した。

価格は、1リッターモデルが140.0万円から160.0万円まで。1.3リッターモデルが160.0万円と170.0万円。

■バリエーションがさらに豊かに

さらに今回、ユーザーの個性をより反映できる「デコクレ」(=デコラトゥール・クレアトゥール)シリーズとして、スイッチパネルやクラスター類ほかをオリジナルカラーとした「100G“+”(プラス)」「100G“レザーパッケージ・+”」「130G“+”」「130G“レザーパッケージ・+”」の4モデルも、ベースモデルの3.0万円増しでリリースされた。

あわせて、1リッターモデルをベースに、リアシートを廃し荷室に割り当てた2シーターモデル「100X“2 Seater”」もラインナップに加わった。こちらの価格は、最廉価の129.0万円となっている。

(webCG 関)

「トヨタiQ 130G“レザーパッケージ”」
「トヨタiQ 130G“レザーパッケージ”」
「130G」のリアビュー。
「130G」のリアビュー。
スコーピオンレッドをアクセントとする「デコクレ」シリーズのインテリア。ほかにキャメルゴールドも選べる。
スコーピオンレッドをアクセントとする「デコクレ」シリーズのインテリア。ほかにキャメルゴールドも選べる。
乗車定員を2名と割り切った「100X“2 Seater”」の荷室部分。
乗車定員を2名と割り切った「100X“2 Seater”」の荷室部分。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

iQの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「トヨタ・ヴィッツ」にハイブリッドモデルが登場
    2017.1.12 自動車ニュース トヨタ自動車は2017年1月12日、コンパクトカー「ヴィッツ」にマイナーチェンジを施し、販売を開始した。今回はハイブリッドモデルの追加設定が最大のトピック。さらに、エクステリア、シャシー、安全装備などにも改良が施された。
  • トヨタ・オーリスRS“Sパッケージ”(FF/6MT)【試乗記】 2012.10.18 試乗記 トヨタ・オーリスRS“Sパッケージ”(FF/6MT)
    ……255万3083円

    大胆なテレビCMが話題となった「トヨタ・オーリス」。その走りをMTモデルで確かめた。
  • 第24回 300万円は出せません!! 2017.1.10 エッセイ 清水草一の話題の連載。第24回は「300万円は出せません!!」。新春から新テーマに突入。ヨーロッパでディーゼル車の魅力にハマった筆者が、日本で買えるお手ごろ価格のモデルを次々と斬る! 果たして、カーマニアの眼鏡にかなうのは? 
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
ホームへ戻る