「トヨタiQ」に1.3リッターモデル追加 1リッターの2シーターも

2009.08.20 自動車ニュース

「トヨタiQ」に1.3リッターモデル追加 1リッターの2シーターも

トヨタ自動車は2009年8月20日、コンパクトカー「iQ」に1.3リッターの新グレードを追加、従来の1リッターモデルにも小変更を施して発売した。

■ボディそのまま、よりパワフルに

新たに追加されるのは、「130G」と「130G“レザーパッケージ”」。国内向けのiQとしては初めて1.3リッターエンジン(94ps/6000rpm、12.0kgm/4400rpm)を搭載するこちらは、「低中速域での豊かなトルクと高速域での軽快な加速を実現したモデル」だという。組み合わされるトランスミッションは、どちらも従来の1リッターモデルと同じCVTで、駆動方式はFFのみ。
燃費値のほうは10・15モードで(1リッターモデルと変わらぬ)23.0km/リッター。環境対応車普及促進税制による減税措置に適合するため、自動車取得税と自動車重量税が75%減税されるというのもセリングポイントだ。

同時に、1リッターモデルでも、ドアアームレストにポケットを追加し、100G“レザーパッケージ”の運転席の座面に高さ調節機構を与えるなど、利便性を向上。新色グレーメタリックを含む全12色のボディカラーとするなど、小変更を実施した。

価格は、1リッターモデルが140.0万円から160.0万円まで。1.3リッターモデルが160.0万円と170.0万円。

■バリエーションがさらに豊かに

さらに今回、ユーザーの個性をより反映できる「デコクレ」(=デコラトゥール・クレアトゥール)シリーズとして、スイッチパネルやクラスター類ほかをオリジナルカラーとした「100G“+”(プラス)」「100G“レザーパッケージ・+”」「130G“+”」「130G“レザーパッケージ・+”」の4モデルも、ベースモデルの3.0万円増しでリリースされた。

あわせて、1リッターモデルをベースに、リアシートを廃し荷室に割り当てた2シーターモデル「100X“2 Seater”」もラインナップに加わった。こちらの価格は、最廉価の129.0万円となっている。

(webCG 関)

「トヨタiQ 130G“レザーパッケージ”」
「トヨタiQ 130G“レザーパッケージ”」
「130G」のリアビュー。
「130G」のリアビュー。
スコーピオンレッドをアクセントとする「デコクレ」シリーズのインテリア。ほかにキャメルゴールドも選べる。
スコーピオンレッドをアクセントとする「デコクレ」シリーズのインテリア。ほかにキャメルゴールドも選べる。
乗車定員を2名と割り切った「100X“2 Seater”」の荷室部分。
乗車定員を2名と割り切った「100X“2 Seater”」の荷室部分。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

iQの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
ホームへ戻る