第17戦インドGP決勝結果【F1 2012 速報】

2012.10.28 自動車ニュース

【F1 2012 速報】第17戦インドGP、ベッテル4連勝、宿敵アロンソは2位

F1世界選手権第17戦インドGP決勝が、2012年10月28日、インドはニューデリー近郊のブッダ・インターナショナル・サーキット(5.125km)を60周して行われた。

前戦韓国GPでチャンピオンシップ首位に浮上したレッドブル・ルノーのセバスチャン・ベッテルが、同GP2年連続となるポール・トゥ・ウィンを達成。第14戦シンガポールGPから続く連勝を「4」まで伸ばした。

2位は、ベッテルとタイトルを争うフェラーリのフェルナンド・アロンソ。予選5位から早々に3位までポジションを上げ、レース終盤にはKERSをなくしたマーク・ウェバーをも抜き2位へ。ダメージを最小限にとどめたが、ポイントリーダーのベッテルとランキング2位アロンソの点差は、6点から13点に拡大した。

3位に入ったのはウェバー。KERSトラブルでレッドブル1-2はならなかったが、後方からルイス・ハミルトンの猛チャージを受けつつも何とかポディウム最後の一角を守り切った。

マクラーレン・メルセデスはレースペースでレッドブル、フェラーリに劣った。ハミルトンは予選3位から4位、ジェンソン・バトンは4番グリッドから5位でフィニッシュした。フェラーリのフェリッペ・マッサが6位、ロータス・ルノーのキミ・ライコネンはマッサの真後ろでイライラを募らせながらの7位完走となった。
地元インドで注目を集めたフォースインディア・メルセデスは、ニコ・ヒュルケンベルグが8位入賞。ロータスのロメ・グロジャンは予選11位から9位、ウィリアムズ・ルノーのブルーノ・セナは同13位から10位でゴールしポイントを獲得した。

以下、11位ニコ・ロズベルグ(メルセデス)、12位ポール・ディ・レスタ(フォースインディア)、13位ダニエル・リチャルド(トロロッソ・フェラーリ)、14位小林可夢偉(ザウバー・フェラーリ)、15位ジャン=エリック・ベルニュ(トロロッソ)、16位パストール・マルドナド(ウィリアムズ)、17位ビタリー・ペトロフ(ケイターハム・ルノー)、18位ヘイキ・コバライネン(ケイターハム)、19位シャルル・ピック(マルシャ・コスワース)、20位ティモ・グロック(マルシャ)、21位ナレイン・カーティケヤン(HRTコスワース)、22位ミハエル・シューマッハー(メルセデス)が完走した。

3戦=75点を残した2012年。数字上はチャンピオン候補者が5人になるが、タイトル争いは事実上2人による真っ向勝負の様相を呈している。ランキング1位のベッテルは240点、2位アロンソは227点、13点を挟んでの決戦3レースに突入する。3位ライコネンは173点、4位ウェバー167点、5位ハミルトンは165点をそれぞれ集める。

コンストラクターズチャンピオンシップは、1位レッドブルが407点を獲得。316点で2位につけるフェラーリとは91点も開きがある。3位マクラーレンは306点、4位ロータス263点、5位メルセデスは3戦連続ノーポイントで136点のままだ。

(文=bg)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。