【スペック】全長×全幅×全高=4405×1870×1315mm/ホイールベース=2550mm/車重=1520kg/駆動方式=FR/3.7リッターV6DOHC24バルブ(355ps/7400rpm、38.1kgm/5200rpm)/価格=493万5000円(テスト車=527万8350円/カーウイングスナビゲーションシステム+ETCユニット=34万3350円)

日産フェアレディZ バージョン NISMO(FR/6MT)【試乗記】

意外なほどにオトナ向け 2009.08.20 試乗記 日産フェアレディZ バージョン NISMO(FR/6MT)
……527万8350円

新型「フェアレディZ」に、ド派手なエアロで武装したスペシャルバージョンが登場。日産のモータースポーツ部門「NISMO」の名を冠するニューモデルの走りや、いかに?

見かけ倒しじゃない

日産のスポーツカー「フェアレディZ」に、ハイレベルな空力性能を与えたのが、「バージョン NISMO」というスペシャルモデルである。単に空気抵抗を低減させただけでなく、“マイナスリフト”という特性をも得ている。マイナスリフトとは文字どおり、車体が浮き上がらないように地面に押さえつける力のこと。ボディ表面の空気抵抗を可能な限り減らしたうえで、床下の空気をそれより速く流すことで、ボディを地面に吸い付かせてしまうのである。

これを実現したのは、ノーマルとは明らかに異なるロー&ワイドな“エアロボディ”だ。
ノーマルではショートオーバーハングが特徴だったフロントバンパーはロングノーズ化。さらに、バンパー両端のカナード(先尾翼)処理のおかげで、ノーズは地面に押さえつけられる。床面はGT-Rのようなフラットボトム的処理こそなされないものの、パーツの配置を細かく最適化することで空気流が速められ、ディフューザー式にえぐられたリアバンパーから空気が後方へ排出される。ちなみに排気のサイレンサーは、このリアバンパー形状に沿うように成形され、空力パーツのひとつとしても機能している。

その結果得られたマイナスリフトは、120km/h走行時の接地圧荷重でフロント8kg、リア17kg。先代のZ33型ではそれぞれ5kgと15kgだったから、数字のうえでは確かな進歩があったといえる。


日産フェアレディZ バージョン NISMO(FR/6MT)【短評】
専用の前後バンパーやサイドシルプロテクター、リアウィングなどのおかげで、ノーマルのZとの違いは一目瞭然。
日産フェアレディZ バージョン NISMO(FR/6MT)【短評】

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フェアレディZの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産フェアレディZ バージョンST/フェアレディZロードスター バージョンST【試乗記】 2012.9.5 試乗記 日産フェアレディZ バージョンST(FR/6MT)/フェアレディZロードスター バージョンST(FR/7AT)
    ……490万1400円/568万8900円

    日産のFRスポーツ「フェアレディZ」がマイナーチェンジを受け、よりスポーティーな装いになった。クーペのMTとロードスターのATを駆ってその走りを試した。
  • マツダが「ロードスターRF」の予約受け付けを開始 2016.11.10 自動車ニュース マツダがリトラクタブルハードトップのスポーツモデル「ロードスターRF」の予約受け付けを開始した。ルーフの開閉は、ロックの解除も含めボタンひとつで操作可能。ロードスターとしては日本初導入の2リッターエンジンも特徴となっている。
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • トヨタC-HR【開発者インタビュー】 2016.11.15 試乗記 東京モーターショー2015で国内初披露されてから1年。間もなくトヨタの新型クロスオーバーモデル「C-HR」が発売される。その開発のポイントはどこにあるのか、同車の開発に関わったキーマン3人に話を聞いた。
ホームへ戻る