トヨタ「ヴィッツ」の燃費を向上&特別仕様車を設定

2009.08.19 自動車ニュース

トヨタ「ヴィッツ」の燃費を向上&特別仕様車を設定

トヨタ自動車は、「ヴィッツ」の燃費を向上させるとともに、特別仕様車「FリミテッドII」を設定し、2009年8月19日に発売した。

■燃費が最高22.5km/リッターに

今回の改良では、1リッターモデル(インテリジェントパッケージを除く)と1.3リッターモデル(4WDを除く)のエンジン、トランスミッション、オルタネーターなどの制御が見直され、燃費は1リッターモデルが従来より0.5km/リッター向上し、22.5km/リッターに、1.3リッターモデルは0.4km/リッター向上し、20.0km/リッターとなった。

その結果、2009年4月から施行された環境対応車普及促進税制により、取得税と重量税が75%減税される(従来は50%減税)。

特別仕様車の「FリミテッドII」は、Fをベースに、装備を充実させたモデル。専用シート表皮、ディスチャージヘッドライト、スマートエントリー&スタートシステム、盗難防止装置などを特別装備したほか、インサイドドアハンドルやサイドレジスターのメッキ加飾により上質感を高めた。

ボディカラーは、特別色のローズメタリックオパール、ダークレッドマイカを含む全9色が設定される。

価格は、107万6000円から147万5000円。FリミテッドIIは、124万4000円から147万円。

(webCG 曽宮)

関連記事 ホームへ戻る