日産、「ティアナ」の機能装備を充実

2009.08.19 自動車ニュース

日産、「ティアナ」の機能装備を向上

日産、「ティアナ」の機能装備を充実

日産自動車は、ミディアムセダン「ティアナ」の仕様・装備を充実させ、2009年8月18日に発売した。


日産、「ティアナ」の機能装備を向上

■ケータイで地図更新が可能に

2008年6月にフルモデルチェンジし、現行モデルとなった「ティアナ」。今回の仕様変更では、カーナビが最新タイプにバージョンアップされ、同時に「おもてなしシート」なるユニークな装備を特徴とする特別仕様車が設定された。

新しいカーナビは、携帯電話による通信などで最新版の地図に更新できる新機能の「リアルタイム地図更新」をはじめ、12セグ/ワンセグ自動切り替え機能付き地デジチューナー、iPod接続やMP3、WMA、AAC再生が可能なUSBメモリファイル再生機能を装備し、利便性が向上した。「350XV」「250XV」には標準で、その他のグレードにはメーカーオプションで用意される。

価格は、255万1500円から406万8750円。


日産、「ティアナ」の機能装備を向上

■ドアを開けると外向くシート

特別仕様車の「プレミアムセレクション」は、「250XL」と「250XL FOUR」をベースに、新機構の「おもてなしシート」を運転席と助手席に装備したモデル。このシートは、2009年1月の「東京オートサロン」「大阪オートメッセ」に出品されたカスタムカー「ティアナ アクシス」に装備されていたシートを商品化したものである。

おもてなしシートは、ドアを開けると、座面の着座点が30mm持ち上がり、同時にいす全体が9度外側に向くことで、乗り降りが楽になるのが特徴。これにより、かがんだり身体をひねる等の負担が軽減されるという。ON/OFF切り替え機能が付いており、場面にあわせた使い分けも可能だ。

プレミアムセレクションにはこのほか、インテリジェントキー連動運転席オートドライビングポジションシート、リバース連動下向ドアミラーが特別装備される。さらに、本革シートパッケージ車には、本革シート、大型後席ヘッドレスト、キッキングプレート、フットウェルランプなどが付く。

価格は、310万2750円から351万7500円。

(webCG 曽宮)

関連キーワード:
ティアナ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産ティアナXV(FF/CVT)【試乗記】 2014.3.5 試乗記 日産の世界戦略車のひとつである「ティアナ」が3代目にバトンタッチ。初代から続く、上質感や快適性はどのように継承されたのかをチェックした。
  • 日産シルフィ G(FF/CVT)【試乗記】 2013.3.6 試乗記 日産シルフィ G(FF/CVT)
    ……238万9800円

    日本におけるコアターゲットは「60代の、妻とふたり暮らしの男性」。長年セダンを乗り継いできた熱心なオーナーへ向け、日産がささげる「アガリの一台」は、どのようなクルマに仕上がっているのか。
  • プジョー3008GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.9.19 試乗記 「プジョー3008」のラインナップに遅れて加わった2リッター直4ディーゼルエンジン搭載モデル「GT BlueHDi」のデリバリーが始まった。より力強く、余裕ある走行性能を持つ“本命グレード”は、ブレークの予感に満ちていた。
  • 日産フェアレディZ NISMO(FR/6MT)【試乗記】 2017.9.1 試乗記 1969年の誕生以来、6代にわたり歴史を積み重ねてきた日産伝統のスポーツカー「フェアレディZ」。デビューから間もなく9年を迎える現行モデルの実力を、高性能バージョンである「NISMO」の試乗を通して確かめた。
  • 日産エクストレイル モード・プレミア ハイブリッド(4WD/CVT)【試乗記】 2017.8.21 試乗記 日本はもちろん、欧米でも支持を得ている日産のSUV「エクストレイル」。そのラインナップにおいて、唯一の“都会派モデル”となっているオーテックの「モード・プレミア」に試乗。グローバルカーならではの魅力に触れた。
ホームへ戻る