ジャガー、新型「XJ」の受注開始

2009.08.18 自動車ニュース

ジャガー、新型「XJ」の受注開始

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2009年8月17日、本国で発表されたばかりのフラッグシップサルーン「ジャガーXJ」の、日本での予約注文受付を開始した。

6年ぶりとなるフルモデルチェンジを果たし、英国で2009年7月にお披露目された新型「ジャガーXJ」の予約注文受付が早くも始まった。

日本仕様は、「ラグジュアリー」「プレミアム・ラグジュアリー」「ポートフォリオ」「スーパースポーツ」の4グレードで展開。エンジンは最上級となる「スーパースポーツ」に、ハイチューン版のスーパーチャージャー付き5リッターV8エンジン(510ps)が与えられ、他のグレードは5リッターV8のNAユニットを搭載する。

さらに、ホイールベースを125mmストレッチしたロングホイールベース版には、「ポートフォリオ」「スーパースポーツ」の2グレードをラインナップ。こちらの「ポートフォリオ」には、470psの5リッタースーパーチャージドエンジンが用意される。

販売予定価格はスタンダードホイールベース版が1000.0万円から1655.0万円。ロングホイールベース版が1600.0万円と1755.0万円。全グレードで左右ハンドル位置が選べる。なお、正式な販売開始は2010年3月を予定しており、正式な販売価格は変更になる場合があるとのこと。

(webCG 本諏訪)


ジャガー、新型「XJ」の受注開始の画像

ジャガー、新型「XJ」の受注開始の画像
1200Wの大出力を誇るBowers&Wilkins社のプレミアムサウンドシステムは、「ポートフォリオ」「スーパースポーツ」で標準採用される。
1200Wの大出力を誇るBowers&Wilkins社のプレミアムサウンドシステムは、「ポートフォリオ」「スーパースポーツ」で標準採用される。
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジャガーXJR(FR/8AT)【試乗記】 2014.5.26 試乗記 ジャガーのラグジュアリーサルーン「XJ」に、550psを発生する“最強モデル”が登場。そのドライブフィールは、どのようなものなのか? 燃費も含めて、試乗の結果を報告する。
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツHSEダイナミック(ディーゼル)【試乗記】 2017.7.13 試乗記 高級SUV「レンジローバー」シリーズの中でスポーティーなモデルと位置づけられている「レンジローバー スポーツ」に、ディーゼル車が登場。3リッターのディーゼルターボを得て、その走りはどう変わったのか? 燃費もあわせて報告する。
  • アウディSQ5(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.7.1 試乗記 2017年はじめにデビューしたばかりの新型「アウディQ5」に、早くも高性能版の「SQ5」が登場。高効率化とハイパワー化という“二律背反”をアウディはどのようにして克服したのか? 同社の取り組みを紹介するワークショップの内容とともに報告する。
  • ランドローバー・レンジローバー オートバイオグラフィー(4WD/8AT)【試乗記】 2017.6.23 試乗記 英国のプレミアムSUV「レンジローバー」にディーゼルモデルが登場。本格オフローダーでありながら快適性も要求される“レンジ”とディーゼルの親和性は? そして試乗を通して見えてきたジャガー・ランドローバー喫緊の課題とは?
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
ホームへ戻る