【スペック】E550:全長×全幅×全高=4715×1785×1395mm/ホイールベース=2760mm/車重=1730kg/駆動方式=FR/5.5リッターV8DOHC32バルブ(387ps/6000rpm、54.0kgm/2800-4800rpm)/価格=1095.0万円(テスト車=同じ)

メルセデス・ベンツE350クーペ(FR/7AT)/E550クーペ(FR/7AT)【試乗速報】

カッコが大事 2009.08.18 試乗記 E350クーペ(FR/7AT)/E550クーペ(FR/7AT)
……890.0万円/1095.0万円
メルセデスのラインナップに新しく加わった、2ドア4シーター「Eクラスクーペ」に下野康史が試乗。スタイリッシュなボディに秘めた、その実力は?

CLKの後継車

普通の勤め人が買ういちばん大きなメルセデスが、「Eクラス」だろう。普通のクルマ好きが買ういちばん大きなメルセデス、といってもいいかもしれない。「Sクラス」を買う人たちは、クルマ以外のもっと別の何かを買っているような気がする。

Eクラスにクーペが登場した。ミディアム・メルセデスがEクラスを名乗るようになって、今度の新型が3代目だが、Eクラスのクーペは事実上これが初めてである。
名車の誉れ高いW124(1985〜95年)にはあっさりした2ドアモデルがあったが、その後、コンパクト/ミディアム級メルセデスのクーペは、1996年から始まる「Cクラス」ベースの「CLK」が務めていた。今回の初代「Eクラスクーペ」は、2代続いたCLKの後継モデルでもある。

Bピラーのないサイドウィンドウが特徴。
Bピラーのないサイドウィンドウが特徴。
【スペック】E350:全長×全幅×全高=4705×1785×1395mm/ホイールベース=2760mm/車重=1670kg/駆動方式=FR/3.5リッターV6DOHC24バルブ(272ps/6000rpm、35.7kgm/2400-5000rpm)/価格=860.0万円(テスト車=890.0万円/ラグジュアリーパッケージ=30.0万円)
【スペック】E350:全長×全幅×全高=4705×1785×1395mm/ホイールベース=2760mm/車重=1670kg/駆動方式=FR/3.5リッターV6DOHC24バルブ(272ps/6000rpm、35.7kgm/2400-5000rpm)/価格=860.0万円(テスト車=890.0万円/ラグジュアリーパッケージ=30.0万円)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Eクラス クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツC180クーペ スポーツ+(FR/7AT)【試乗記】 2016.4.27 試乗記 セダン、ステーションワゴンの2モデルに続いて、現行型「メルセデス・ベンツCクラス」の2ドアクーペが日本に上陸。その上級グレードにあたる「C180クーペ スポーツ+」に試乗し、出来栄えを確かめた。
  • メルセデスAMG GT R(FR/7AT)【海外試乗記】 2017.1.23 試乗記 「メルセデスAMG GT」シリーズの頂点に君臨するハイパフォーマンスモデル「AMG GT R」に試乗。エンジン、シャシー、空力性能が磨かれたフラッグシップスポーツは、まさに公道に降り立ったレーシングカーだった。
  • メルセデス・ベンツSLC180スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.11 試乗記 メルセデス・ベンツがラインナップするオープンモデルの“末っ子”が「SLC」。新設定の1.6リッターターボエンジンを積んだ「SLC180スポーツ」に試乗し、マイナーチェンジとともに新しい名前を冠することとなった、同車の実力を確かめた。
  • 「メルセデス・ベンツCクラス」に直4+4WDの新グレードが登場 2017.2.2 自動車ニュース メルセデス・ベンツが「Cクラス」シリーズの仕様やラインナップを変更。セダンとステーションワゴンに直4+4WDの、クーペに500万円を切る新グレードを設定したほか、直4ガソリン車のトランスミッションに9段ATを採用した。
  • 「谷口信輝の新車試乗」――アストンマーティン・ヴァンキッシュ(後編) 2017.2.2 mobileCG レーシングドライバーの谷口信輝が、本音でクルマを語り尽くす当企画。今回も引き続き「アストンマーティン・ヴァンキッシュ」がテーマ。高い走行性能だけでなく、優雅なスタイリングを併せ持つヴァンキッシュの魅力を、同車と恋に落ちた谷口が力説する!
ホームへ戻る