第104回:【Movie】イタリア版オート3輪の運転教えます!

2009.08.15 エッセイ

第104回:【Movie】イタリア版オート3輪の運転教えます!

シエナのロレンツェッティ食料品店は1969年創業。
シエナのロレンツェッティ食料品店は1969年創業。
アルマンド・ロレンツェッティさん。
アルマンド・ロレンツェッティさん。

筋金入りのアペ男

イタリア製オート3輪「ピアッジョ・アペ」については、本欄でときおり記してきた。道が狭い中世都市において抜群の小回り性能を発揮する排気量49.8ccの「アペ50」は、イタリアの法規上原付扱いである。
そのため、バイクの駐輪場に停めてもOK。駐車場バトルの激しいイタリアでは、最高のセールスポイントだ。さらに税金・保険の額も原付に準ずるというおまけ付きである。

今回紹介するのは、シエナで40年食料品店を営むアルマンド・ロレンツェッティさん(67歳)の「アペ」である。
「最初のアペは、ほんとに『ベスパ』に荷台をくっつけたもんだったよ」と証言する彼は、下積み時代を含めると50年間アペに乗っている。
人生で10台のアペを乗り継いだ筋金入りのアペ男・アルマンドさんに、その操作方法を伝授してもらったのが今回の動画である。

現在のアペはアルマンドさんが5年前に手に入れたものだ。その名を「アペ50ヨーロッパ」という。「ロータスじゃあるまいし、何がヨーロッパだヨ?」「アメリカン仕様があったら、出してみろ」と突っ込みを入れたくなる。
本当の理由をいうと、新車当時に欧州排出ガス基準「ユーロ2」に適合させるべくキャタライザーを装備したのが「売り」だったからである。

アルマンドさんが最初に乗っていたのと、ほぼ同型の「アペ」(ピアッジョ博物館蔵)。
アルマンドさんが最初に乗っていたのと、ほぼ同型の「アペ」(ピアッジョ博物館蔵)。
配達に、市場の仕入れに「アペ」は貴重なモビリティ。
配達に、市場の仕入れに「アペ」は貴重なモビリティ。

世界一幸せなクルマ

アペはその遅さから渋滞を誘発し、身の程知らずのドライバーが頑張りすぎて転倒などのアクシデントを起こすことも事実である。しかし、イタリアの旧市街という限られたエリアにおいては、他のどんな乗り物よりも便利でコストパフォーマンスに優れているのである。
今日もアルマンドさんは、もはや買い物に出られないお年寄りのもとに食料を届けるため、アペで走り回る。

イタリアには、アルマンドさんのようなアペ・ユーザーが星の数ほどいる。多くの人が、とっかえひっかえ半世紀も乗り続けてくれるクルマというのは、世界に自動車多しといえど珍しい存在である。同時に、毎日自分をフルに使ってくれるユーザーと一緒に暮らしている、何とも幸せなクルマではないか!

(文と写真=大矢アキオ、Akio Lorenzo OYA)

アペ50のコクピット。メーターは60km/hまで切られている。
第104回:イタリア版オート3輪の運転教えます!

【Movie】アペの運転(その1)準備編

ペットボトルを切って被せる。そのワケは動画で。
第104回:イタリア版オート3輪の運転教えます!

アルマンドさんの愛車は「ヨーロッパ」仕様!
第104回:イタリア版オート3輪の運転教えます!

【Movie】アペの運転(その3)ドライブ編

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。