第103回:試さないのはもったいない!? スポーツカートのススメ

2009.08.14 エッセイ

第103回:試さないのはもったいない!? スポーツカートのススメ

汎用エンジンで走るフォーミュラ

2009年8月1〜2日にかけて、ツインリンクもてぎでカートの耐久レース「エンデュランス・カーニバル2009 もてぎKART耐久フェスティバル」(通称K-TAI)が開催された。2001年の初回以来、9度目の開催となるこのイベントは、ツインリンクもてぎの本コースで7時間耐久レースを行うというもの。2007年には大幅なリニューアルが実施され、4ストローク・スポーツカートが大会のメインイベントとなった。

4ストのスポーツカートは、耕うん機やポンプなどに使われる汎用エンジンを搭載する。K-TAIのレギュレーションではエンジン排気量は270cc以下と定められている。多く使われているのは、ホンダのGX200(200cc)、GX270(270cc)、スバルのEX21(210cc)など。それまでメインだった100〜120ccクラスの2ストローク・カートは、高回転までギュンギュン回り、刺激的な走りが楽しめた反面、車速が高いためビギナーにはリスクが高く、レース参戦のハードルを引き上げていた感もあった。

その点、4スト・カートは、速く走ることを目的に造られたエンジンではないため、排気量は大きいものの車速は2ストほど伸びない。そしてそのぶん耐久性も高い。したがって、これからモータースポーツを始めようとする人やビギナーがより安全にレースを楽しむことができ、メンテナンスコストも抑えられることから、モータースポーツの裾野を広げるのに向いていると思う。実際、その楽しさが広まりつつあるのか、参加者は2007年に約50台だったのが、翌08年には約90台、そして09年は116台と増加の一途をたどっているのだ。

出走台数は116台。台数が多いため3グループにわかれてスタートした。
出走台数は116台。台数が多いため3グループにわかれてスタートした。
レース前のドラミ(ドライバーズミーティング)の様子。
レース前のドラミ(ドライバーズミーティング)の様子。
なぜかハイテンションなクラブレーシング97号車の仲間たち。
なぜかハイテンションなクラブレーシング97号車の仲間たち。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ