第102回:浜松からふたたび乗り物改革を! 〜日本のEVベンチャーを訪ねる

2009.08.13 エッセイ

第102回:浜松からふたたび乗り物改革を! 〜日本のEVベンチャーを訪ねる

ハイブリッドや電気自動車など、いわゆる「エコカー」で盛り上がる自動車業界。そんななか、とある地方のベンチャー企業が電気自動車を作っているとの情報が。そこでは実用化に向けて、地域や自治体を巻き込む努力までしているという。自動車ジャーナリストの森口将之が、現地に飛んだ。

日本にもEVベンチャーはある

三菱、スバルに続いて日産も電気自動車(EV)を発表し、この3社と東京電力が協力して急速充電器のインフラ推進協議会が設立されるなど、EV時代到来を実感させるニュースが次々に舞い込んでいる。

でもEVは、既存のメーカーだけのものじゃない。内燃機関自動車よりも、はるかに簡単に作れるからだ。ラジコンの電動カーとエンジンカーの違いみたいなものである。だから今後はベンチャー企業が続々登場するはず。すでに海外ではEVスポーツカーとして名を上げたテスラを筆頭に、いくつものメーカーが進出を始めている。

こうしたニュースを見ながら「それに比べて日本は……」と思っている人がいたら、それは大きな誤解である。この国にもEVベンチャーは存在するからだ。そのひとつが「ホンダ・スーパーカブ」や「スズキ・ワゴンR」を生んだ日本のモータウン、浜松のNPO法人HSVP(浜松スモーレストビークルシステムプロジェクト)である。

理事長の羽田隆志氏は、市内にある静岡文化芸術大学の准教授で、某メーカーのデザイナー出身という経歴を持つ。その経験を生かし、以前から街乗り用ミニカー(原付規格の3・4輪車の法規上の名称)の試作を続けてきた。当初はエンジンを用いていたが、近年の環境問題を考え、まもなくEVにシフト。2007年にHSVPを立ち上げると、数台のプロトタイプを製作してきた。

そのなかから今回は、スポーツカーの「T3」とクラシックタイプの「ミルイラ」を取材し、ミルイラには試乗もさせてもらった。

羽田氏が教鞭をとる、静岡県浜松市の静岡文化芸術大学。
羽田氏が教鞭をとる、静岡県浜松市の静岡文化芸術大学。
小さいながらも流麗なフォルムの「T3」。
小さいながらも流麗なフォルムの「T3」。
「T3」のコクピット。ゼブラ模様はステアリングロッド。
「T3」のコクピット。ゼブラ模様はステアリングロッド。
駆動輪は1輪。インホイールモーターで駆動する。
駆動輪は1輪。インホイールモーターで駆動する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「エディターから一言」の過去記事リストへ